MENU SEARCH
近鉄名古屋駅から足湯列車で湯の山温泉へ行こう!

近鉄名古屋駅から足湯列車で湯の山温泉へ行こう!

2019年11月30日(土)から2020年3月22日(日)
愛知県・三重県

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

近鉄と菰野町および菰野町観光協会では、昨年に引き続き、観光列車「つどい」の車内で足湯が体験でき る「足湯列車」が2019年11月30日(土)から2020年3月22日(日)までの土日祝を中心に、 近鉄名古屋駅〜湯の山温泉駅間で運行されます。

「足湯列車」とは?

観光列車「つどい」車内の足湯(イメージ)

観光列車「つどい」の2号車に設置した足湯キット(4人用2台)に入り、順番に足湯 を楽しんでいただくものです。足湯のお湯は、運行当日に菰野町職員が菰野温泉の源泉からくんできた温泉を 使用。また、足湯の他にも菰野町観光協会による菰野町の地酒や菰野町観光協会公式キャラクター 「こもしか」のグッズなどの車内販売も楽しめます。

「足湯列車」に乗って、癒しの時間を過ごしながら温泉・自然・食など魅力あふ れる湯の山温泉へ行ってみませんか?

運行日

 運行時間

観光列車「つどい」外観

第1列車 近鉄名古屋駅10時06分発(湯の山温泉駅11時50分着)
第2列車 湯の山温泉駅15時38分発(近鉄名古屋駅17時23分着)

※12月24日(火)、25日(水)のみ運行時間が変わります。

第1列車 近鉄名古屋駅10時04分発(湯の山温泉駅11時50分着)
第2列車 湯の山温泉駅15時17分発(近鉄名古屋駅16時59分着)

運行区間

近鉄名古屋駅〜湯の山温泉駅間(直通運転)

料金

大人 510円
子ども(小学生) 260円
※別途、乗車区間に応じた乗車券が必要です。
※足湯の利用には、「足湯利用券(別途100円〈大人、子どもとも〉、タオル付き)」の購入が必要です。
※足湯利用券は乗車当日車内にて販売します。

定員:56名

発売場所

近鉄主要駅(特急券発売駅の窓口)および近畿日本ツーリストグループの主要支店・営業所
※ご乗車日の1ヶ月前から発売
※座席指定はできません

足湯利用券

観光列車「つどい」バーカウンター(イメージ)

・料金 / 大人・子どもとも100円(タオル付き)
・販売 / 「足湯列車」2号バーカウンター
※乗車当日分(乗車列車分)のみ販売

変わり湯日程

・12月 21日(土)、22日(日) ゆず湯
・1月 11日(土)、12日(日)、13日(月・祝) まこもの葉湯
・3月 20日(金・祝)、21日(土)、22日(日) よもぎ湯

乗車記念にコースター形記念乗車証をプレゼント

対象施設で提示すると、特典が受けられます。なお、ご利用期間は2020年3 月31日(火)までの期間で、各特典1回限り有効です。

【御在所ロープウエイ】
大人(中学生以上) 2,450円 → 1500円 子ども(4歳以上小学生以下)1220円 → 750円
※12月10日(火)から19日(木)までは設備工事のため運休。

【湯の山温泉街】
湯の山温泉日帰り入浴料300円に割引(大人・子どもとも)
[以下の12指定施設のうち一箇所]
●三慶園 ●三峯園 ●渓流の宿 蔵之助 ●旅館 寿亭 ●鹿の湯ホテル ●ホテル湯の本 ●彩向陽 ●国民宿舎 湯の山ロッジ ●グリーンホテル ●アクアイグニス 片岡温泉 ●ホテルウェルネス鈴鹿路 ●希望荘

【パラミタミュージアム】
入館料割引
一般・・・1,000円 → 900円
大学生・・・800円 → 700円
高校生・・・500円 → 400円

[交]大羽根園駅下車徒歩約5分
[問]☎059-391-1088
※12/28〜1/1は休館
※1/28〜31は1階のみ開館(入館無料)

【フォレストアドベンチャー・湯の山】
入場料割引
3,600円 → 3,300円

[交]湯の山温泉駅から徒歩約10分
[問]☎059-340-7739
※不定休(詳しくはお問合せください)

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.kintetsu.co.jp/senden/tsudoi/

NEXT
ライデン国立古代博物館から約250点が来日「古代エジプト展」全国8会場で開催!
ライデン国立古代博物館から約250点が来日「古代エジプト展」全国8会場で開催!
名古屋市・栄
PREVIOUS
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」が 名古屋市科学館(愛知県)にて開催。
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」が 名古屋市科学館(愛知県)にて開催。
名古屋市・中区

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

クラブナージ