MENU SEARCH
岐阜県現代陶芸美術館にて、『大地のこどもたち 2020』展が開催中。

岐阜県現代陶芸美術館にて、『大地のこどもたち 2020』展が開催中。

2020年10月3日(土)~11月3日(火・祝)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2020年10月3日(土)〜11月3日(火・祝)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡにて、『大地のこどもたち 2020』展が開催中です。

展覧会概要

「大地のこどもたち 2017」展 展示会場風景

「大地のこどもたち 2017」展 展示会場風景

「大地のこどもたち」は、「子どもの作品を美術館に展示したい!」というドリームプランを掲げて2005年から3年ごとに開催してきた展覧会です。今回で6回目を迎えます。

子どもは、無限の可能性を秘めています。子どもの作品は、一つとして同じものはなく魅力的です。異なる表現からは、子どもたちの個性を感じ取ることが出来ます。子どもたちが土と格闘する中で生み出した形には、生きる力がみなぎっています。

展覧会の見どころ

見どころ①

「大地のこどもたち 2017」展 受賞作品

岐阜県内の小学校・中学校・特別支援学校の児童生徒が、学校の教育活動の中で制作したやきもの作品を展示します。今回は51校(岐阜県内50校・特別参加校1校)より、個人作品と共同作品を合わせて821点(参加児童生徒数859名)の作品が集まりました。

見どころ②

「大地のこどもたち 2017」展 受賞作品

「大地のこどもたち 2017」展 受賞作品

展覧会のテーマは「わたしたちのエネルギー」。

子どもたちの感動から生み出された、純粋で真っ直ぐな表現は、強いメッセージとなって、私たちの心に響いてきます。作品からあふれる、子どもたちのエネルギーを十分に味わってください。

見どころ③

「大地のこどもたち 2017」展 受賞作品

出品作品の内、約40点の作品に賞が与えられます。子どものエネルギーを感じ、じっくり味わっていただきたい作品をピックアップします。

子どもたちのエネルギッシュな作品を、ぜひご覧ください。

NEXT
食の未来をテーマにした「働く」と「食べる」の複合施設バウムハウス イート アンド ワークが2021年3月4日 栄にてオープン
食の未来をテーマにした「働く」と「食べる」の複合施設バウムハウス イート アンド ワークが2021年3月4日 栄にてオープン
名古屋市・栄
PREVIOUS
待ってました!”日本最大の遊びの祭典”「フィールドスタイル ジャンボリー」が今年も開催決定!
待ってました!”日本最大の遊びの祭典”「フィールドスタイル ジャンボリー」が今年も開催決定!
愛知県・常滑市

■会 場 : 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
■会 期 : 2020年10月3日(土)~11月3日(火・祝)
■休館日 : 月曜日
■開館時間 : 午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
■観覧料 : 無料
■主 催 : 岐阜県現代陶芸美術館
          大地のこどもたち2020展開催委員会
■後 援 : 岐阜県教育委員会  多治見市教育委員会  土岐市教育委員会
          瑞浪市教育委員会  恵那市教育委員会    中津川市教育委員会
■協 賛 : 国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会  
■助 成 : 公益財団法人田口福寿会
■問い合わせ : 岐阜県現代陶芸美術館 (担当 佐々木)
〒507-0801 多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
TEL : 0572-28-3100  FAX : 0572-28-3101 

 

http://www.cpm-gifu.jp/museum

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
チャリチャリ

特集一覧へ

アレックスコンフォート金山