MENU SEARCH
岐阜県現代陶芸美術館にて、冬・春のコレクション展示が開催されます。

岐阜県現代陶芸美術館にて、冬・春のコレクション展示が開催されます。

2019 年 12 月 21 日(土)~2020年5月 10 日(日)
岐阜県・多治見市

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2019年12月21日(土)〜 2020年5月10日(日)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡにて、冬・春のコレクション展示が開催されます。

作品の「題名」を想像することを通じて表現を味わうことを提案するテーマ展「題名のない展覧会―Give Me a Name!」。平成30年度に収集した新収蔵作品を初公開する「新収蔵作品展」に加え、「コレクション・ハイライト」の展示室を設け、岐阜県現代陶芸美術館のコレクションを多角的に展覧します。

令和改元記念事業-Give Me a Name!

令和改元記念事業-Give Me a Name!

坪井明日香《女のおしゃべり》2003 年 岐阜県現代陶芸美術館蔵

美術館は、作品と直に向き合うことができる場所です。目の前にある作品の表現を十分に味わい、その表現を通じて作品や作家と語り合ってもらいたい。このような思いから、本展覧会ではひとつの試みとして、展示作品から作品名や解説を付したキャプションを離して展示します。

作品の題名を想像しながら、それぞれの感じ方で、様々に思いを巡らし、作品そして作家との対話をお楽しみください。「作家はこの作品にどんな思いを込めたのだろう…」「どうしてこの表現に至ったのだろう…」など、じっくりと心ゆくまで表現を味わってみてください。

出品予定(一部)
アーサー・ゴンザレス、アドリアーン・リース、荒木高子、小塩薫、神田樹里、ハリー・バスケス、ボブス・ハーネン、周邦玲、坪井明日香、結城美栄子、ヨハネス・ゲプハルト

コレクション・ハイライト

富本憲吉《色絵金銀彩四弁花模様飾壺》1960 年 岐阜県現代陶芸美術館蔵

富本憲吉《色絵金銀彩四弁花模様飾壺》1960 年 岐阜県現代陶芸美術館蔵

岐阜県現代陶芸美術館は、美濃焼の産地として長い歴史をもつ地域に2002年10月開館しました。以来、「陶芸の現代」をテーマとして、国内外の19 世紀末以降を対象に近現代の作品を収集しています。

コレクションは、①「個人作家の陶芸作品」、②実生活のなかで用いるためのものとして、作家が手作りで廉価に少量生産する器(「実用陶磁器」)、③アールヌーヴォーやバウハ
ウスなどのモダンデザインの系譜のものや世界の名窯など、量産を想定しながらデザイン性や芸術性を追求する陶磁器としての「産業陶磁器」の3本の柱にそって収集を続けています。この展示室では、このような当館のコレクションの特徴を示す代表的な作品をご紹介します。

出品予定(一部)
荒川豊蔵、加藤卓男、河井寬次郎、川喜田半泥子、小松誠、富本憲吉、門工房、八木一夫、
ハンス・コパー、リチャード・ノトキン ※前期・後期で展示替えを行います。

新収蔵作品展

加藤智也《Topological Formation》2016 年 岐阜県現代陶芸美術館蔵

加藤智也《Topological Formation》2016 年 岐阜県現代陶芸美術館蔵

平成30(2018)年度に当館が収集した作品(購入13 点、寄贈18 点、寄託2 点)より初公開の作品を紹介します。

出品予定(一部)
青山禮三、大倉陶園、小野寺玄、加藤智也、KPM ベルリン、シータ・ウォン、セーヴル、ミントン、リチャードジノリ、ローゼンブルフ  ※会期中、一部展示替えあり。

NEXT
本丸御殿×プロジェクションマッピング 名古屋城の夜を彩る光と食のイベント
本丸御殿×プロジェクションマッピング 名古屋城の夜を彩る光と食のイベント
名古屋市・中区
PREVIOUS
岐阜県現代陶芸美術館にて、『小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ』が開催されます。
岐阜県現代陶芸美術館にて、『小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ』が開催されます。
岐阜県・多治見市

【冬・春のコレクション展示】

 

主 催 :岐阜県現代陶芸美術館
会 場 :岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
会 期 :2019 年 12 月 21 日(土)~2020年5月 10 日(日)
※会期中、一部展示替えがございます
[前期]12 月21 日(土)~3 月8 日(日) [後期]3 月10 日(火)~5 月10 日(日)
休館日 :月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日。4 月 27 日は開館)、12 月 29 日(日)~1 月 3 日(金)
開館時間:午 前 10 時~午後 6 時(入館は午後5 時30 分まで)
観覧料 :一 般 340 円(280 円)、大学生 220 円(160 円)、高校生以下無料
*( )内は20 名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

 

http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン

特集一覧へ

クラブナージ