MENU SEARCH
岐阜県現代陶芸美術館にて、『神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼』展が開催中。

岐阜県現代陶芸美術館にて、『神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼』展が開催中。

2020年9月5日(土)~11月3日(火・祝)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2020年9月5日(土)〜11月3日(火・祝)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠにて、『神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼』展が開催されます。

横浜焼・東京焼とは、明治時代に横浜・東京で主に絵付けのみが施され、主として海外への輸出向けに製作された陶磁器のこと。素地や顔料は、肥前・京都・瀬戸など、さまざまな産地から仕入れていました。

本展では、国内随一のコレクター・田邊哲人氏が里帰りさせたコレクションから精選した作品と、日本に現存する優品を一堂におよそ150点紹介し、幻といわれるその全貌に迫ります。

展覧会概要

宮川香山《高浮彫牡丹ニ眠猫覚醒大香炉》田邊哲人コレクション(横浜美術館寄託)

井上良斎《高浮彫雲龍花瓶》田邊哲人コレクション

明治時代が幕を開けると、諸外国から多くの人々が日本を訪れました。彼らは日本の美術工芸品に魅せられ、購入した作品を持ち帰りました。さらに日本の美術工芸品は、欧米で開催された万国博覧会で高く評価されるとともに、海外へ大量に輸出されました。

その中で、華やかで精緻を極めたモティーフによって装飾された輸出陶磁器「横浜焼・東京焼」は「神業」ともいうべき超絶技巧を凝らした品々で、外国の人々の好みを反映して製作されました。しかし、国内に現存する作品が希少で、製作過程や実態に謎が多く、「幻の陶磁器」とよばれています。

本展では、国内随一のコレクター・田邊哲人氏が里帰りさせたコレクションから精選した作品と、日本に現存する優品を一堂におよそ150点紹介し、幻といわれるその全貌に迫ります。

展覧会の見どころ

宮川香山《高取釉高浮彫蟹花瓶》田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館寄託)

井村彦次郎 絵付:瓢池園《色絵木菟文足付花瓶》田邊哲人コレクション

石黒香香《相撲人形》田邊哲人コレクション

・ 世界中が酔いしれた、明治の陶磁器
日本が世界に誇った、明治の陶工の表現水準の高さを示す逸品の数々を一挙公開。

・神業とよぶべき超絶技巧
職人技を駆使した装飾が光る「横浜焼・東京焼」。華やかで精細な金彩や色絵技法、真に迫る複雑な高浮彫などは必見。

・出会う機会が希少な数々の名品
生まれ故郷の日本に残っている「横浜焼・東京焼」は極めて少数。今回の展覧会は、最高峰を誇る田邊哲人氏のコレクションから選び抜かれた作品と、日本に現存する数少ない作品に出会える、またとない機会。

・幻といわれるその全貌に迫る
研究が活性化している昨今、およそ150点の作品から横浜焼・東京焼の全貌にアプローチ。

日光商店《色絵花鳥文碗・皿》田邊哲人コレクション

会期中は、講演会や学芸員によるギャラリートークなども開催。こちらもぜひチェックしてくださいね。

NEXT
Lipton TEA STANDから130周年記念限定メニューが登場!
Lipton TEA STANDから130周年記念限定メニューが登場!

展覧会情報
名  称 神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼
会  場 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
会  期 2020年9月5日(土)~11月3日(火・祝)
休 館 日 月曜日(ただし、9月21日(月・祝)は開館)、9月23日(水)
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観 覧 料 一般900円(800円)、大学生700円(600円)、高校生以下無料
      ※( )内は20名以上の団体料金
      ※障がい者、難病患者の方および付き添いの方1名まで無料
主  催 岐阜県現代陶芸美術館
共  催 岐阜新聞社 岐阜放送
協  力 神奈川新聞社

http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

アレックスコンフォート金山