MENU SEARCH
豊田市美術館にて開催!企画展「ホー・ツーニェン 百鬼夜行」

豊田市美術館にて開催!企画展「ホー・ツーニェン 百鬼夜行」

2021年10月23日(土)から2022年1月23日(日)
愛知県・豊田市

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

企画展「ホー・ツーニェン 百鬼夜行(ひゃっきやこう)」が、豊田市美術館にて、2021年10月23日(土)から2022年1月23日(日)まで開催されます。

ホー・ツーニェンは、映像、インスタレーション、サウンド、演劇といった多領域を横断しつつ、時に妖艶に、時にダイナミックに観る者を魅了しながら、出身地のシンガポールを軸にアジアを舞台にした作品を展開します。

ホー・ツーニェン《山彦(百鬼夜行)》2021年 ©Ho Tzu Nyen

ホー・ツーニェン《狐(百鬼夜行)》2021年 ©Ho Tzu Nyen

本展では、奇怪かつ滑稽な100の妖怪たちが闇を練り歩きます。そこには、第二次世界大戦中にマレー(シンガポールは1963年にマレー連邦から独立)で活動した日本人も、妖怪たちの姿を借りて登場。ともに「マレーの虎」の異名で呼ばれた山下奉文(ともゆき)大将と60年代のヒーロー番組「怪傑ハリマオ」のモデルになった谷豊(たにゆたか)を中心に、その周囲で暗躍した軍人やスパイ、そして当時の思想家たち。日常の裂け目から現れる妖怪は、魔に魅入られた時代を映し出すでしょう。

恐怖と好奇心で大衆の心を惹きつけてきた妖怪は、伝承と科学、自然と超自然、忘却と郷愁の間で、時代とともに揺れ動いてきました。20世紀以降に見えなくなった妖怪たちは、今やアニメや漫画の世界で跳梁跋扈しています。近代以降に消えた妖怪とそれ以降に世界を席巻した戦争、そして現代の日本文化―この過去と現代が交わる地点に、複雑な日本の歴史や精神史が浮かび上がります。

ホー・ツーニェン《ろくろ首(百鬼夜行)》2021年 ©Ho Tzu Nyen

作家紹介

ホー・ツーニェン近影 Photographed by Matthew Theo 2017

ホー・ツーニェン(Ho Tzu Nyen, 1976年シンガポール生まれ)
ホーの出身地であるシンガポールは、19世紀には英国領となり、太平洋戦争中には日本
の軍政下に置かれていました。ホーは歴史や伝承を丹念にリサーチし、出身地であるシンガポールを軸にして、アジア全域にまたがる複雑な物語を描き出します。その作品からは、単線的な歴史を超え た、多層的なアジアの歴史が見えてきます。映像、インスタレーション、サウンドといった従来のジャンルを自由に横断しつつ繰り広げられるホーの物語は、正史から抜け落ちたものを亡霊のように蘇らせ、虚構と史実の間で揺れ動きながら、現代に繋がる近代以降のアジアの問題に光を当てています。

展覧会概要

企画展「ホー・ツーニェン 百鬼夜行(ひゃっきやこう)」
会期:2021年10月23日(土)〜2022年1月23日(日)
会場:豊田市美術館
住所:愛知県豊田市小坂本町8-5-1
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、年末年始(12月27日(月)〜1月4日(火))
開館時間:10:00〜17:30(入場は17:00まで)
観覧料:一般 1,000円(800円)、高校・大学生 800円(600円)、中学生以下 無料
※( )内は前売券および20名以上の団体料金
※障がい者手帳の所持者および介添者1名、豊田市内在住または在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
※前売券は、豊田市美術館(9月20日(月)まで)、T-FACE B館2階インフォメーションカウンター(10月22日(金)まで)にて販売
※そのほかの観覧料の減免対象者・割引などについては、美術館ウェブサイトを確認、あるいは美術館へ問い合わせのこと
※会期、関連事業の内容、来館者の受入態勢などは変更となる場合あり(最新情報は美術館ウェブサイトにて確認のこと)

同時開催企画 ホー・ツーニェン《旅館アポリア》

ホー・ツーニェン《旅館アポリア》2019年 Photographed by Tololo Studio ©Ho Tzu Nyen This work was supported by Aichi Triennale 2019

とよたまちなか芸術祭の特別展示として、豊田市の旧旅館・喜楽亭を会場に、その場の歴史を読み込んで展開したあいちトリエンナーレ2019の話題作《旅館アポリア》を再現します。

期間 :2021.12.4|土|-2022.1.23|日|
開館時間:10:00-16:30
休館日 :月曜日[2022年1月10日は開館]、年末年始(2021年12月27日‐2022年1月4日)
主催 :公益財団法人豊田市文化振興財団、豊田市
会場 :喜楽亭(豊田産業文化センター内)〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町1丁目25番地 *美術館と喜楽亭の間は徒歩15分

NEXT
伊藤里佳「ある日のこと」 itolicca solo exhibition
伊藤里佳「ある日のこと」 itolicca solo exhibition
愛知県・豊橋市
PREVIOUS
妙香園が手がける、名古屋発の最高級ほうじ茶「鸞」が9月16日より新発売!
妙香園が手がける、名古屋発の最高級ほうじ茶「鸞」が9月16日より新発売!
名古屋市

【豊田市美術館】
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

ナサホーム