INAXライブミュージアム企画展「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」

日時:2018 年11月3日(土・祝)~2019年4月9日(火) | 
場所:INAXライブミュージアム

株式会社 LIXIL が運営する、土とやきものの魅力を伝える文化施設「INAX ライブミュージアム」にて、2018 年 11 月 3 日から 2019 年 4 月 9 日まで、企画展「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」が開催中です。

 

撮影:梶原敏英

 

めまぐるしく変化する現代の生活のなかで、風情ある古い建築に残された少し懐かしく可愛げのある「和製マジョリカタイル」が注目を集めています。

 

「和製マジョリカタイル」は、大正初めから昭和10年代頃に日本で生産された多彩色レリーフタイルで、近代イギリス製の「ヴィクトリアンタイル」を模倣してつくられたものです。1800年代半ばにイギリスで売り出された、ヴィクトリアンタイルの中でも華やかな発色と艶が美しいタイルは、イタリアなどのマヨルカ焼の流れをくむ多彩色表現という意味で「マジョリカタイル」と名付けられ、日本でもその呼び名で広まりました。

 

明治期の日本では、洋風建築に使われたヴィクトリアンタイルの意匠の美しさや耐火性・耐水性が注目され、日本での生産が望まれるようになります。国内のタイルメーカーたちは、その声に応えるべく研究を重ね、明治40年頃には乾式プレス成形法による「和製マジョリカタイル」をつくりだしました。安価で高品質なそのタイは、昭和初期の輸出最盛期には、東南アジア、インド、中南米、オーストラリア、アフリカなどにまで輸出され、最新の研究では輸出先のニーズに合わせたタイルが作られていたことも明らかになっています。また台湾では「和製マジョリカタイル」に歴史的価値を見出し保存する動きも見られます。

 

 

 

 

本展では、イギリス製のタイルへの憧れから生まれた「和製マジョリカタイル」が、やがて世界のさまざまな地域で建築を彩り、根づく様子をご紹介するとともに、「和製マジョリカタイル」の復元品による「懐かしくも新しい」タイル空間を会場内で提案します。独特の美しさと軽やかさの中に歴史がこめられた「和製マジョリカタイル」の世界をご覧ください。

 

 

展覧会のみどころ

 

 

 

展覧会場内に「マジョリカタイルの回廊」が出現します。和製マジョリカタイルが製造されていた時代は大正から昭和初期頃までですが、その時代のタイルのデザインをモチーフとして「懐かしくも新しい」タイルの空間を再現いたします。当時のカタログ等の資料を交えながら、日本のメーカーのマジョリカタイルをめぐる工業史も解説します。中でも「海外へ渡った日本のマジョリカタイル」についての紹介は必見です。

 

 

開催概要

 

企画展 「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」
Japan-made Majolica Tiles―Trail of Inspiration

 

【 会 期 】2018 年 11 月 3 日(土・祝)~2019 年 4 月 9 日(火)
【 会 場 】INAX ライブミュージアム「土・どろんこ館」 企画展示室
〒479-8586 愛知県常滑市奥栄町 1-130
TEL:0569‐34‐8282 FAX:0569‐34‐8283
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、2018 年 12 月 26 日(水)~2019 年 1 月 4 日(金)
【観覧料】共通入館料にて観覧可(一般:600 円、高・大学生:400 円、小・中学生:200 円)
【主 催】INAX ライブミュージアム企画委員会
【協 力】株式会社 Danto Tile、台湾花磚博物館、コンフォルト(建築資料研究社)
【展示デザイン】GENETO

 

http://www.livingculture.lixil/topics/ilm/clayworks/exhibition/japan-made-majolicatiles/