INAXライブミュージアム企画展「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」

日時:2018 年11月3日(土・祝)~2019年4月9日(火) | 
場所:INAXライブミュージアム

株式会社 LIXIL が運営する、土とやきものの魅力を伝える文化施設「INAX ライブミュージアム」にて、2018 年 11 月 3 日から 2019 年 4 月 9 日まで、企画展「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」が開催中です。

 

撮影:梶原敏英

 

めまぐるしく変化する現代の生活のなかで、風情ある古い建築に残された少し懐かしく可愛げのある「和製マジョリカタイル」が注目を集めています。

 

「和製マジョリカタイル」は、大正初めから昭和10年代頃に日本で生産された多彩色レリーフタイルで、近代イギリス製の「ヴィクトリアンタイル」を模倣してつくられたものです。1800年代半ばにイギリスで売り出された、ヴィクトリアンタイルの中でも華やかな発色と艶が美しいタイルは、イタリアなどのマヨルカ焼の流れをくむ多彩色表現という意味で「マジョリカタイル」と名付けられ、日本でもその呼び名で広まりました。

 

明治期の日本では、洋風建築に使われたヴィクトリアンタイルの意匠の美しさや耐火性・耐水性が注目され、日本での生産が望まれるようになります。国内のタイルメーカーたちは、その声に応えるべく研究を重ね、明治40年頃には乾式プレス成形法による「和製マジョリカタイル」をつくりだしました。安価で高品質なそのタイは、昭和初期の輸出最盛期には、東南アジア、インド、中南米、オーストラリア、アフリカなどにまで輸出され、最新の研究では輸出先のニーズに合わせたタイルが作られていたことも明らかになっています。また台湾では「和製マジョリカタイル」に歴史的価値を見出し保存する動きも見られます。

 

 

 

 

本展では、イギリス製のタイルへの憧れから生まれた「和製マジョリカタイル」が、やがて世界のさまざまな地域で建築を彩り、根づく様子をご紹介するとともに、「和製マジョリカタイル」の復元品による「懐かしくも新しい」タイル空間を会場内で提案します。独特の美しさと軽やかさの中に歴史がこめられた「和製マジョリカタイル」の世界をご覧ください。

 

 

展覧会のみどころ

 

 

 

展覧会場内に「マジョリカタイルの回廊」が出現します。和製マジョリカタイルが製造されていた時代は大正から昭和初期頃までですが、その時代のタイルのデザインをモチーフとして「懐かしくも新しい」タイルの空間を再現いたします。当時のカタログ等の資料を交えながら、日本のメーカーのマジョリカタイルをめぐる工業史も解説します。中でも「海外へ渡った日本のマジョリカタイル」についての紹介は必見です。

 

 

 

 

開催概要

 

企画展 「和製マジョリカタイル―憧れの連鎖」
Japan-made Majolica Tiles―Trail of Inspiration

 

【 会 期 】2018 年 11 月 3 日(土・祝)~2019 年 4 月 9 日(火)
【 会 場 】INAX ライブミュージアム「土・どろんこ館」 企画展示室
〒479-8586 愛知県常滑市奥栄町 1-130
TEL:0569‐34‐8282 FAX:0569‐34‐8283
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、2018 年 12 月 26 日(水)~2019 年 1 月 4 日(金)
【観覧料】共通入館料にて観覧可(一般:600 円、高・大学生:400 円、小・中学生:200 円)
【主 催】INAX ライブミュージアム企画委員会
【協 力】株式会社 Danto Tile、台湾花磚博物館、コンフォルト(建築資料研究社)
【展示デザイン】GENETO

 

http://www.livingculture.lixil/topics/ilm/clayworks/exhibition/japan-made-majolicatiles/

 

 

 

講演会「世界へ羽ばたいたマジョリカタイルと装飾タイル最新事情」

 

講師:加藤郁美(月兎社)
   平田雅利(株式会社平田タイル 取締役会長) 

 

和製マジョリカタイルは、近代イギリスのヴィクトリアンタイルを手本に作られたとされています。しかし、そのデザインの源泉は多岐に渡り、世界各地の需要にあわせたタイルが作られていたことが残されたタイルからうかがえます。「憧れの連鎖」は現代の装飾タイルにも受け継がれ、現在も世界各地で個性豊かなタイルを見ることができます。

 

本講演会では、海外と日本の交流を示す和洋マジョリカタイルをコレクションしている加藤郁美氏に、大正期の和製マジョリカタイルとそのデザインソースとなった欧州各国のマジョリカタイル、また各社の輸出用カタログを、現物と投影資料によって解説いただきます。また、100年の歴史を持つ老舗タイル店 平田タイルの取締役会長平田雅利氏には、ご自身が立ち上げたハンドメイドタイルのブランド“BISCUIT”のご紹介と共に、世界の装飾タイルの最新情報をお話しいただきます。講演の後は、お二人に対談形式で近代から現代へつづくタイルの「憧れの連鎖」についてお話しいただきます。

 

【講演タイトル】


1.加藤郁美氏講演「世界へ羽ばたいたマジョリカタイル」(13:30-14:00) 2.平田雅利氏 講演「装飾タイル最新事情」(14:00-14:30)
3.対談「現代へ、未来へ。装飾タイルの憧れの連鎖」(14:30-15:00)

 

 

【講師プロフィール】

 

加藤 郁美(かとういくみ)
編集者。月兎社として出版・イベントの企画を行う。著書に『にっぽんのかわいいタイル:昭和レトロ・モザイク編』『増補新版 切手帖とピンセット:1960年代グラフィック切手蒐集の愉しみ』(ともに国書刊行会)ほかがある。タイル生産者からの聞き取り調査、国内外のアンティーク・タイルの図像から、日本タイル史にアプローチしている。

 

平田 雅利(ひらたまさとし)
株式会社平田タイル 取締役会長 1997年 同社 代表取締役社長に就任の後、代表取締役会長を歴任。2018年から現職。長年にわたり世界各地から魅力的な内装、床タイルを買い付け、“Hi-Ceramics”ブランドとして取り扱いを開始。1999年にこだわりの深いハンドメイドタイルを世界から集めた“BISCUIT”ブランドを創設。個性豊かなタイルを求めて世界各地を飛びまわっている。

 

【開催日時】2019年2月23日(土)13:30~15:00(受付開始13:00) 【会場】INAXライブミュージアム「世界のタイル博物館」講義室
【定員】40名
【参加費】共通入館料(一般600円、高・大学生400円)
【申込方法】E-mailにてお申し込みください。
【E-mail】clayworks_event.ilm@lixil.com(予約専用)
     メール件名に「講演会」と明記の上、
     参加者の氏名、参加人数、当日連絡のつく電話番号をご記入ください。
【お問合せ】TEL:0569-34-8282(担当/内沢)

 

 

 

ワークショップ「つながるタイル―みんなタイルでつながろう―」

 

タイルの絵付けとマジョリカタイルの魅力の一つである「柄の連鎖」の面白さを体験いただくワークショップを開催します。 5cm四方のタイル4枚にやきもの用の絵の具で草花を描き、オリジナルのタイルを制作します。完成したタイルの裏にマグネットを付け、4枚の柄の連鎖や組み合わせを楽しみます。さらに、参加者全員のタイルを並べてつなげ1つの作品をつくります。

 

【開催日時】2019年3月24日(日)13:30~15:00(受付開始13:00) 【会場】INAXライブミュージアム「世界のタイル博物館」講義室
【講師】磯村 司(INAXライブミュージアム ワークショップ担当)
【対象】小学生以上
【定員】15名
【参加費】1200円 (タイル絵付け5㎝角×4枚 マグネットシート付、共通入館料込み) ※制作したマグネットタイルは、焼成後、約1か月後にお渡しします。(送料別)
【持ち物】タオル(汚れても良い服装でご参加ください。)
【申込方法】E-mailにてお申し込みください。
【E-mail】clayworks_event.ilm@lixil.com(予約専用)
     メール件名に「ワークショップ」と明記の上、参加者の氏名、年齢、当日連絡のつく電話番号をご記入ください。
【お問合せ】TEL:0569-34-8282(担当/磯村)