MENU SEARCH
特別展「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」が名古屋市美術館にて開催。

特別展「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」が名古屋市美術館にて開催。

2020年4月25日(土)~6月28日(日)
名古屋市・中区

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

アルフォンス・ミュシャ 《ツタ》
1901年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

アルフォンス・ミュシャ 《ヒヤシンス姫》
1911年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

アルフォンス・ミュシャ 《舞踏―連作〈四芸術〉より》
1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

特別展「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」が、名古屋市美術館にて2020年4月25日(土)~6月28日(日)までの期間開催します。

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の作品は、「線の魔術」ともいえる曲線美を特徴とし、多くの人に親しまれています。この展覧会ではミュシャの作品群 はもちろんのこと、彼から影響を受けた1960-70年代のイギリス、アメリカのア ーティストや日本のマンガなども展示し、およそ250点の作品でミュシャの世界を紹介します。時代を超えて愛され続けるミュシャという画家の秘密に迫る、これまでにないミュシャ展です。

ミュシャってどんな人?

パリ、グランド・ショミエール通りのアトリエにて (セルフポートレート)
1892 年  ©Mucha Trust 2020

アルフォンス・ミュシャ 《風刺雑誌のためのページレイアウト》
1880 年代 インク・紙 ミュシャ財団蔵  ©Mucha Trust 2020

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。ミュシャは1860年オーストリア帝国のモラヴィア(現在のチェコ)生まれ。87年に留学生としてパリのアカデミー・ジュリアンに入学。当時のヨーロッパでは、日本美術が注目される「ジャポニズム」が流行しており、ミュシャはパリで挿絵画家としての仕事が軌道に乗ったあと、様々な国や時代の骨董品などを収集しはじめました。本展では、幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。

 

見どころ!

アルフォンス・ミュシャ 《黄道十二宮》
1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

① ベル・エポックのパリから現代まで―

“みんな”に愛されるミュシャ ミュシャが紡ぎだした、「線の魔術」ともいえる華やかなポスターは、没後 80 年 経った今なお、世界中の人たちを魅了し続けています。作品を通じて、時代を超え て愛され続けるミュシャという画家の秘密に迫る、これまでにないミュシャ展です。

②ミュシャも日本が好きだった!?

本展には、ミュシャ本人がコレクションしていた日本趣味(ジャポニスム)の 工芸品なども展示。様々な形で日本美術の影響も受けながら、ポスター画家とし て一世を風靡するまでの足跡をたどることができます。

アルフォンス・ミュシャ 《椿姫》
1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

③こんなところにもミュシャの影響が?

本展で異彩を放つ作品群の一つが、1960-70 年代にアメリカやイギリスで発売さ れたレコード・ジャケットやロック・ポスター。この時代のアーティストたちにミュシャが及ぼした影響を、ぜひご覧ください。

④文芸誌のデザインからマンガまで―

日本で生き続ける“ミュシャ” 本展でミュシャ作品と並び「目玉」といえるのが、ミュシャに影響を受けた日本の文芸誌やマンガ、イラストの数々です。ミュシャ作品との共通点を探しながら、ぜひ新しい発見を!

開催概要

アルフォンス・ミュシャ 《モナコ・モンテカルロ》
1897 年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

【展覧会名】特別展「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」
【会期】2020年4月25日(土) 〜6月28日(日)
【会場】名古屋市美術館 〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-25〔芸術と科学の杜・白川公園内〕
【TEL】052-212-0001【FAX】052-212-0005
【開館時間】9:30〜17:00(金曜日は20:00まで)
※いずれも入場は閉館の30分前まで
【休館日】毎週月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)
【主催】名古屋市美術館、ミュシャ財団、中京テレビ放送、読売新聞社
【後援】チェコ共和国大使館、チェコセンター、チェコ政府観光局、名古屋市立小中学校PTA協議会
【協賛】大成建設、光村印刷、損保ジャパン日本興亜
【協力】日本航空、日本通運
【企画協力】NTVヨーロッパ

アルフォンス・ミュシャ 《ジョブ》
1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

アルフォンス・ミュシャ 《ジスモンダ》
1894年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2020

NEXT
日本一売れている学習まんが『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全24巻を無料公開
日本一売れている学習まんが『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全24巻を無料公開
PREVIOUS
【大ヒット!】ドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』が名古屋でも公開!
【大ヒット!】ドキュメンタリー映画『栄光のマイヨジョーヌ』が名古屋でも公開!
名古屋市

【名古屋市美術館】
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

アルボ