MENU SEARCH
岐阜県現代陶芸美術館にて、『記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ』が開催されます。

岐阜県現代陶芸美術館にて、『記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ』が開催されます。

2020年2月27日(木)〜4月12日(日)新型コロナウィルスの影響によるイベント開催可否につきましては、HP等で情報をご確認ください。
岐阜県・多治見市

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2020年2月27日(木)〜4月12日(日)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠにて、『記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ』が開催されます。

新型コロナウィルスの影響によるイベント開催可否につきましては、HP等で情報をご確認ください。

イタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソ(1928-2017)は、神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとしています。初期は、自身のルーツであるシチリアの記憶と結びつけた装飾的な器物を制作していましたが、次第に古代ローマやギリシャ、エトルリアの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かいます。こうしたカルーソの表現は、日本を含め世界中で高い評価を得ています。

またカルーソは、美濃焼で知られる当地の世界的なコンペティション、国際陶磁展美濃の第1回展(1986年)から第6回展(2002年)まで審査員を5度歴任するなど、美濃にもゆかりが深く、この国際陶磁器展美濃は、2020年秋に第12回の開催を迎えようとしています。
 
本展は、ニーノ・カルーソの偉業を、92点の代表作と数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介する、日本で初めての本格的な回顧展です。

本展の見どころ

没後世界初、そして日本初の回顧展

ニーノ・カルーソ《抱擁》1957年

ニーノ・カルーソ《抱擁》1957年

イタリアを拠点に世界で活躍し、その知性と造形性が高く評価されたイタリア現代陶芸の巨匠ニーノ・カルーソの没後初めての回顧展です。

本展開催は、京都会場(京都国立近代美術館 会期2020.1.4─2.16)と岐阜会場(当館)のみ。活動を始めた1950年代頃の造形的な器物から鉄の彫刻、そして鋳込みの技法で制作した陶パーツ(モジュラー・ユニット)を組み合わせる作品まで、代表作92点と作品の
構想過程がうかがわれる資料を展示します。初期から晩年に至るカルーソの造形世界を知る決定版となります。

古代と現代を結ぶ空間を展示室で体感

ニーノ・カルーソ 《 シチリアの記憶》 1999-2004年

ニーノ・カルーソ 《 シチリアの記憶》 1999-2004年

カルーソは、神話性、象徴性を制作のテーマの一つにしていました。初期は古代ギリシャのアンフォラやエトルリア文明の文物、シチリアのアッダウラの岩石のざらついた質感にイメージを得るなど、古代の記憶と結びつけた装飾的な器物を手がけました。

そして次第に古代ローマの遺跡を思わせる壁面や柱、門などの形態の作品によって、古代と現代を結ぶ空間の構築へ向かいます。展示される作品は、現代の空間と融合しながら人々に古代地中海文明への憧憬を誘うことでしょう。

ニーノ・カルーソ《アーキスカルプチャー(セジェスタ)》1988-91年

ニーノ・カルーソ《アーキスカルプチャー(セジェスタ)》1988-91年

ニーノ・カルーソ《エトルリア人》1985年

ニーノ・カルーソ《エトルリア人》1985年

ニーノ・カルーソ《陶彫》1968年頃 京都国立近代美術館蔵

ニーノ・カルーソ《陶彫》1968年頃 京都国立近代美術館蔵

ニーノ・カルーソ《把手付壺》1983-84年

ニーノ・カルーソ《把手付壺》1983-84年

会期中は、講演会やギャラリートークをはじめ、スペシャルジャズコンサート なども開催されます。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

NEXT
【4月26日(日)開催】東海地区の選りすぐりの50SHOP+音楽が大高緑地に集結!「憩の森 marché」
【4月26日(日)開催】東海地区の選りすぐりの50SHOP+音楽が大高緑地に集結!「憩の森 marché」
名古屋市・緑区
PREVIOUS
久門剛史―らせんの練習 豊田市美術館にて国内初の大規模な個展を開催!
久門剛史―らせんの練習 豊田市美術館にて国内初の大規模な個展を開催!
愛知県・豊田市

『記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ』

■会 期 : 2020年2月27日(木)~4月12日(日)
■休館日 : 月曜日
■開館時間 : 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
※ただし、2月27日(木)は午前11時から午後6時まで
■観覧料 : 一般900円(800円)、大学生700円(600円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
■主 催 : 岐阜県現代陶芸美術館、京都国立近代美術館
■共 催 : 岐阜新聞社 岐阜放送
■協 賛 : 国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会

新型コロナウィルスの影響によるイベント開催可否につきましては、HP等で情報をご確認ください。
■同時開催 : 岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
コレクション展 令和改元記念事業 題名のない展覧会―Give Me a Name! /
コレクション・ハイライト / 新収蔵作品展
2019年12月21日(土)~2020年5月10日(日)

 

http://www.cpm-gifu.jp/museum/

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
下呂温泉 大人の温泉旅行

特集一覧へ

憩いの森マルシェ