暮らしで使える野焼き土器をつくるワークショップ

日時:11月18日(日) | 
場所:旧曽木小学校|岐阜県土岐市曽木町460-1

11月18日(日)生活の中で使える土器づくりワークショップを開催します。土器は焼き物の中でも最も原始的で、古代は縄文時代から日常を支えるためにつくられてきた知恵のつまった焼き物です。

 

野焼きは身近な自然のもので焼くことができます。山や地面から粘土を掘り出して、川から砂をとって土に混ぜ、森で木と枝を拾って焼くことができるシンプルな方法です。皆さんの日常の中に入っていく土器をつくりましょう!

 

 

開催概要

 

時間:10時〜15時 
場所:旧曽木小学校敷地内
定員:15組程度
費用:4500円

▼大人参加 同伴の子ども小学2年生以下無料、小学3年生以上大人の半額

※11月18日に作陶したものは、こちらでお預かりし11月23日(祝)「曽木くらしのしるべ」会場内で野焼きいたします。

 

 

講師

 

 

【鴻 義成(おおとり よしなり)】

 

土を掘り、作陶で使えるように粘土の状態にして、器をつくり、焼くということを自分でしているパワフルなひと。


お隣の多治見市で活動しているのですが、ソギクラの実行委員と出会ったのは、中津川市蛭川のいのちもりでの野焼きのワークショップでした。
土を掘りに同行させてもらったとき、山ほどある原料を前に、タダほど高いものはないと話していたけど、大地のめぐみをいただくのは途方もない労力が必要です。9年ほど前からこのようなスタイルで作陶しているそうです。

 

曽木くらしのしるべでは、ここ東濃地域で活動している陶磁器の作家が多く出展します。土や石を原料としている点は共通していますが、考え方、表現方法は多様です。そんなところも見ていただきたいと思っています。

 

 

参加方法

 

お申し込みはメールにてお願いいたします。

代表者さまのお名前、連絡先電話番号、参加人数を明記の上
sogikura@gmail.com までお申し込みください。
ご参加お待ちしています◎