国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」開催

日時:2019年8月1日〜10/14(月・祝)[75日間] | 
場所:愛知芸術文化センター ・名古屋市美術館 ・名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺地区など) ・豊田市(豊田市美術館及びまちなか)

3年ごとに開催される国内最大規模の国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』が2019年8月1日(木)〜10月14日(月・祝)の75日間、愛知県内の4つの会場を中心に開催。4回目となる今回は、「情の時代 Taming Y/Our Passion」をテーマに、現代美術をはじめとした、さまざまなアート作品に触れることができます。

 

毎回変わる芸術監督に選ばれたのは、ジャーナリストの津田大介氏。企画アドバイザーは作家・批評家で株式会社ゲンロン代表の東浩紀氏が務めます。トリエンナーレの中心となる国際現代美術展では、国内外60組程度のアーティスト・団体の作品を展示予定。愛知県美術館を含む愛知芸術文化センターを中心に、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺地区など)、豊田市内(豊田市美術館及びまちなか)での作品展示など、広域に展開されるそう。

 

展覧会以外のプログラムとしては、国内外の10組程度のアーティスト・団体の映像作品の上映や、演劇などパフォーミングアーツの上演が愛知芸術文化センターを中心に行われるほか、今回初となる音楽プログラムが、愛知芸術文化センターやオアシス21、四間道・円頓寺地区で開催されます。そのほかにも、子どもから大人まで来場者同士が相互に学び合い、創造性を楽しむための「アート・プレイグラウンド」という環境を展開するなど、老若男女がアートを身近に感じられるイベントになっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=sJbtNMl1ruA

津田大介氏によるテーマ・コンセプト解説

 

開催目的


・新たな芸術の創造・発信により、世界の文化芸術の発展に貢献します。
・現代芸術等の普及・教育により、文化芸術の日常生活への浸透を図ります。
・文化芸術活動の活発化により、地域の魅力の向上を図ります。

 

テーマ


情の時代
Taming Y/Our Passion

 

会期

 

2019年8月1日〜10/14(月・祝)[75日間]

 

主な会場

 

・愛知芸術文化センター
・名古屋市美術館
・名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺地区など)
・豊田市(豊田市美術館及びまちなか)

 

主催

 

あいちトリエンナーレ実行委員会

 

参加アーティスト第一弾発表

 

■アーティスト名[出身/拠点] 2018年10月18日時点(アルファベット順)

モニラ・アルカディリ [セネガル/ドイツ] 
キャンディス・ブレイツ [南アフリカ/ドイツ] 
ジェームズ・ブライドル [英国/ギリシャ]
ミリアム・カーン [スイス/スイス] 
CIR (調査報道センター) [米国/米国] 
dividual inc. [東京都/東京都] 
アイシェ・エルクメン [トルコ/ドイツ] 
藤井 光 [東京都/東京都] 
レジーナ・ホセ・ガリンド [グアテマラ/グアテマラ] 
ドラ・ガルシア [スペイン/スペイン・ノルウェー] 
市原 佐都子 (Q) [福岡県/東京都] 
今村 洋平 [福岡県/神奈川県] 
加藤 翼 [埼玉県/東京都] 
小泉 明郎 [群馬県/神奈川県] 
キュンチョメ [東京都/東京都]
イム・ミヌク [韓国/韓国] 
モニカ・メイヤー [メキシコ/メキシコ]
村山 悟郎 [東京都/東京都]
永田 康祐 [愛知県/神奈川県] 
レニエール・レイバ・ノボ [キューバ/キューバ] 
パンクロック・スゥラップ [マレーシア/マレーシア] 
パク・チャンキョン [韓国/韓国] 
パスカレハンドロ(アレハンドロ・ホドロフスキー& パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー) [(拠点)フランス]
スチュアート・リングホルト [オーストラリア/オーストラリア] 
サエボーグ [富山県/東京都] 
高嶺 格 [鹿児島県/秋田県] 
高山 明 (Port B) [埼玉県/東京都] 
田中 功起 [栃木県/京都府] 
ハビエル・テジェス [ベネズエラ/米国]
碓井 ゆい [東京都/埼玉県]
袁廣鳴(ユェン・グァンミン) [台湾/台湾] 
弓指 寛治 [三重県/東京都]

 

モニラ・アルカディリ『吹き替え感』
2017、クンステン・フェスティバル・デザール、ブリュッセル(ベルギー)

Photo: Catherine Antoine Courtesy of the artist

 

ジェームズ・ブライドル《ドローン・シャドー002》
2012、イスタンブール(トルコ)

 

キャンディス・ブレイツ《Love Story》
2016、Featuring Alec Baldwin and Julianne Moore、第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ、南アフリカ館展示風景、ヴェネツィア(イタリア) Commissioned by the National Gallery of Victoria, Outset Germany + Medienboard Berlin-Brandenburg Photo: Andrea Rossetti Courtesy of Goodman Gallery, Kaufmann Repetto + KOW

 

アイシェ・エルクメン《On Water》
2017 Photo: Roman Mensing/Münster

 

イム・ミヌク《The Possibility of the Half》
2012、Korea Artist Prize、国立現代美術館、果川市(韓国) Photo: Kim Yong-gwan Courtesy of the artist

 

パスカレハンドロ(アレハンドロ・ホドロフスキー&パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー) pascALEjandro (Alejandro JODOROWSKY and Pascale MONTANDON-JODOROWSKY)

 

※画像はすべて参考図版