時をめぐり、文化を旅する、まちの祭典「やっとかめ文化祭2018」

日時:2018 年10月27日(土)~ 11月18 日(日) | 
場所:名古屋市内一円

10月27日(土)から11月18日(日) の期間、名古屋文化の魅力を一堂に集めた都市文化の祭典「やっとかめ文化祭」が開催されています。

 

 「やっとかめ文化祭」は、長い歴史の中で育まれてきた名古屋の魅力を一堂に集めた、都市文化の祭典。 2013 年よりスタートし、今年で6 年目を迎えます。名古屋のまちじゅうを会場に、狂言のストリートライブ 「辻狂言」、有名料亭での「お座敷ライブ」、まちを教科書に学ぶ「寺子屋」や「まち歩きなごや」など、90を超え る多彩なプログラムを開催。

 

名古屋は、尾張徳川家のもとで優れた文化を育んできた、「歴史」と「文化」が息づく都市。「魅力がない街」 などと言われることもありますが、それはきっと、この街の本当の姿が伝わっていないから。やっとかめ文化祭 を通じて、この街の物語を紡ぎ、語り継いでいきます。

 

 

やっとかめ文化祭2018

 

期間:2018 年10月27日(土)~ 11月18 日(日)
会場:名古屋市内一円

https://yattokame.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やっとかめ文化祭2018」の見どころ

 

 

やっとかめ文化祭オープニング

 

今年のやっとかめ文化祭は名古屋城で開幕。今年も着物姿の女性たちが伝統のお座敷芸を披露する「しゃちほこチャレンジ」で華々しくオープニング を飾ります。その他にも講談やストリート歌舞伎、辻狂言、と充実のステージとなっています。また、名古屋城周辺エリアでは、まち歩きなごや「名古 屋城天守閣の石垣細見めぐり」、まちなか寺子屋「ウィーン万国博覧会と名古屋城ー海を渡った金シャチ」の二つのプログラムも開催されます。

 

10月27日(土)13:00~ 名古屋城イベントステージ

 

 

 

芸どころまちなか披露「辻狂言 ~名古屋は、狂言のまち~。」

 

名古屋は、尾張徳川家のもとで優れた文化、芸能を育んできた都市。 「芸どころ名古屋」とも呼ばれています。なかでも狂言は、尾張徳川家 の庇護を受け、和泉流の発祥地となりました。狂言のストリートライブ 「辻狂言」。ほっこり幸せな笑いを届けます。

 

●辻狂言 10 月27日(土)~ 11月18 日(日) 全5 公演

 

 

 

芸どころまちなか披露「ストリート歌舞伎『大当名古屋心中』」

 

江戸時代、名古屋で起きた心中事件はその後豊後節(ぶんごぶし)として 語られ、尾張でも江戸でも大ヒット。現在、歌舞伎などでも演奏される常 磐津の基となっています。そのエピソードがストリート歌舞伎となって新 たに登場。徳川宗春も登場する、名古屋のラブストーリーの行く末を見 守ってください。

 

●ストリート歌舞伎 10月27日(土)~ 11月18日(日) 全4公演

 

 

 

まち歩きなごや

 

地域の魅力を見つめ直す「まち歩き」は、観光の分野で注目されています。ガイドさんの話を聞きながら、見慣れたまちに新たな発見と名古屋愛にあふ れた40コースを開催します。

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、、やっとかめ文化祭でしか味わえな い特別企画「お座敷ライブ」、まちを教科書に、ゆかりの場所を学校に、一期一会の物語に出会う「ナゴヤ学」、やっとかめ文化祭のプログラムに参加いただくたびにおされる判子を集める「旅する判子コレクションなど、やっとかめ文化祭でしか味わえない体験が盛りだくさん!

 

「やっとかめ文化祭2018」で、名古屋の魅力を体感してみませんか?

 

 

▼プログラムの詳細、チケットお申し込みはこちらから

https://yattokame.jp/