MENU SEARCH

読書しながらのモーニングも!名古屋みなと 蔦屋書店の中にあるベーカリーカフェ「adedge(アデッジ)」

カフェ

名古屋市・港区
2018.12.26

読書しながらのモーニングも!名古屋みなと 蔦屋書店の中にあるベーカリーカフェ「adedge(アデッジ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、2018年9月にオープンした「名古屋みなと 蔦屋書店」にあるベーカリーカフェ「adedge(アデッジ)」をご紹介します。自家製の食パンを使用したサンドイッチとマフィン、トーストがいただけるモーニングから、本格的な洋食のランチなどが味わえます。中区の「MITTS COFFEE STAND​」東区の「​To Go Kurumamichi​」の姉妹店です。

蔦屋書店
2018年9月にオープンした「名古屋みなと 蔦屋書店」。地下鉄名港線「港区役所駅」から徒歩2分。
蔦屋書店
建物中央にある吹き抜け1階の一角にadedgeはあります。

adedge

店名のコンセプトは「生活に新たな刺激を」。addin(追加する)+ edge (刺激)= 「adedge アデッジ」という造語だそう。

家族や友人と、もちろん1人でもくつろげる空間

adedge

adedge店内のチェアは、デザイナーの「藤澤直人」氏と広島の老舗家具メーカー「マルニ木工」の名作チェア。

店内は大きな窓から光が差し込み開放的!一人用のカウンター席から、2〜4人がけのテーブル席まで、約40席ほどあります。

ソファ席
店内奥にあるのびのびとしたソファ席。
デトックスウォーターお水のほかにデトックスウォーターも。こうした気配りはうれしいポイント。

キッズスペース

キッズスペース

店内の一番奥には、小上がりになっているキッズスペース。おもちゃで遊んだり、絵本を読むことができます。近くにはテーブル席もあるので、遊んでいるお子さんを見守りながら、食事やティータイムを楽しめますよ。

adedgeが入っている蔦屋書店は「WITH FAMILY」がテーマなので、こうしたファミリーにうれしいポイントがたくさん。キッズプレートをはじめ、クリームソーダやソフトクリームまで、お子さんがよろこぶメニューが豊富です。

NEXT
「ららぽーと名古屋みなとアルクス」の子連れファミリーが楽しめる3つのポイントとは
「ららぽーと名古屋みなとアルクス」の子連れファミリーが楽しめる3つのポイントとは

おでかけ

名古屋市・港区
PREVIOUS
名古屋市美術館開館30周年記念「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」展に行ってきました。
名古屋市美術館開館30周年記念「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」展に行ってきました。

アート

名古屋市・栄

【adedge (アデッジ)】
住所   :名古屋市港区港明2-3-2 別棟 1F 蔦屋書店内
電話番号 :052-387-6030
営業時間 :8:00〜10:00
定休日  :年中無休

https://www.instagram.com/adedge_minato/
http://adedge-ngy.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

ワンダーホーム