ここは美術館?ホテル?アート好き必見!京都のリノベーションホテル「ホテル アンテルーム 京都」

ホテル
京都府
2018.08.09

建物全体がアート空間
「365日アートフェア」

アンテルーム京都のアート作品

「365日アートフェア」というコンセプトのもと、京都ゆかりのアーティストを中心に、約80組の作家による200点以上の作品が館内のいたるところに展示されています。なんと作品の一部は購入することも可能。

2016年7月の増床リニューアルでは、伝統文化が色濃く受け継がれる京都ということもあり、「和」の要素を加え、”京都の今”を体感できる空間に仕上げられました。「和」といっても一般的な和風、京風ではなく、現代アートと融合した新しい世界が体感できます。

廊下のアート

それぞれの客室とラウンジなど共有部分をつなぐ廊下には、アート作品が展示されています。館内を歩いているだけで、美術館の中にいるような楽しさがあります。

アンテルーム京都のアート

蛍光灯を素材に使った鬼頭健吾氏のアートワーク
蛍光灯を素材に使った鬼頭健吾氏のアートワーク
ホテルの顔である名和晃平による鹿の剥製を使ったオブジェホテルの顔である名和晃平による鹿の剥製を使ったオブジェ
トイレのアート作品
トイレの壁にもアート作品が

お酒の種類が豊富な大人の空間
「ANTEROOM BAR」

ANTEROOM BAR

ANTEROOM BAR

1階には、バーラウンジ「ANTEROOM BAR」があります。150種類以上のウイスキー、クラフトビールや季節のカクテルなど、いろんな種類のお酒が楽しめる大人の空間です。

KYOTO BREWING CO.
KYOTO BREWING CO. ¥600

「ウェルカムドリンクとしてドリンク一杯無料!」とのことだったので、京都醸造のクラフトビールをいただきました。この日は、「Session IPA 夏の気まぐれ」。アルコール度数が低く、スッキリ爽やか。ホテルで京都のビールを楽しめるのは、うれしいポイントです。

ドリンク類は客室への持ち帰りもOKとのことだったので、部屋に戻りゆっくりといただきました。

ANTEROOM BAR

ANTEROOM BAR

ANTEROOM BARBARスペースにも、もちろんアートが展示されています。

フードは「ソーセージの盛り合わせ(¥500)」や、チップス・ポップコーン・チョコレートなどをお代わり自由で楽しめる「おつまみブッフェ(¥300)」など、リーズナブルに楽しめます。

20:00〜25:00(24:30 L.O.)と遅い時間まで営業しているので、観光帰りや、夕食の後の一杯としてくつろげるのもうれしいですよね。

スポット詳細

【ホテルアンテルーム京都】
住所     :〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
電話番号   :075-681-5656
チェックイン :15:00〜
チェックアウト:10:00
料金     :シングル¥6,000〜 庭付きツインルーム¥15,000〜

https://hotel-anteroom.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ジャンル
エリア

おすすめスポット