インテリアが素敵すぎる!リビングデザインビューロの世界観が体感できるカフェ&ベーカリー

2018.5.16
ビューロ

三重県菰野町(こものちょう)に本社を構えるリビングデザインビューロ(以下:LDB)。個性豊かな新築物件やリノベーションを手がけ、多くの支持を集めています。そんなLDBの世界観を体感できるカフェが菰野町と四日市にあります。今回私たちは実際に2つのカフェに行ってきましたので、ご紹介していきます。

 

お子様連れでも行きやすいカフェ&ベーカリー「OTTER HAJEK( オッターハーイェク)」

 

オッターハイク

 

まず最初にご紹介するのがベイカリー&カフェの「OTTER HAJEK( オッターハーイェク)」。LDBの本社からほど近い場所にあります。LDBがプロデュースしているだけに、建物、内装、メニュー、細部にまで徹底したこだわりを感じることができます。

 

パン屋種類が多くてどれにしようか迷ってしまいます。

 

入り口を入ると大きなショーケースが目に入ります。ショーケース内にはぎっしりパンや焼き菓子が並べられています。毎朝、近くの工房で焼いたものが20種類以上店頭に並ぶそうです。

 

 


Igel(ハリネズミ)のパン。とてもかわいいです。

 

クッキースタッフ全員テンションが上がってしまいお土産にも購入しました(笑)。

 

LDBがプロデュースしているからこその空間デザイン。

 

デザインセンス抜群のLDBがプロデュースしているだけに内装は非常に凝っています。

 

ヴィンテージ小物
さりげなく上部に置かれたインテリアも心をくすぐられるものばかり。

 

キャサリンホルム
 
キャサリンホルム天井にはぎっしりとノルウェーのホーロー製品メーカー<キャサリンホルム>の人気アイテム「ロータス シリーズ」が見たことないほど並んでいます。

 

買い付け店内のインテリアはすべてLDBが世界中で買い付けたこだわりの一品ばかりです。

 

エリックホグラン
どの照明もとっても魅力的。(デザイナー:エリックホグラン(照明)

 

照明一般的な店舗だと同じ照明で統一しがちですが、デザインの異なる照明も空間にバッチリマッチしています。ここにいるだけで、自分自身のセンスを磨くことができそうです。
 

セルフサーバーセルフサーバーの紙コップさえもデザインが施されています、細部まで抜かりがありません。

 

思わず長居してしまいたくなるイートインコーナー

 

イートインコーナー
窓からは自然豊かな景色が広がります。デザイナー:アルネ・ヤコブセン/セブンチェア(右手前)アントチェア(奥)

 

イートインコーナーは1階の中と外、2階に設けられています。開放的な店内は、くつろげるソファー席や、1脚ずつ異なるデザイナーズチェアが置かれています。どの椅子に座ろうかな〜なんて決めるもの楽しいですよ。

 

ビューロ

 

木の温かみを感じる店内は居心地のいい空間が広がっています。正直こんなにすてきなお店は、名古屋市内を探してもあまりないのではないでしょうか。

 

 

カフェ

 

イートインスペース

 

中庭にはお子様づれの方が利用しやすいイートインコーナーが設けられています。入り口がフラットになっており、ベビーカー連れのお客さまのこと考えて設計されているのがわかります。

 

オッター

 

お天気がいいときは、テラス席もおすすめです。広々としたお庭でお子様が遊んでいる様子を見守りながらママ友たちと楽しくおしゃべり。なんていうのもいいですよね。

 

素材にこだわったランチメニュー

 

ガーリックハーブチキンプレート

 

ガーリックハーブチキンプレート
ランチプレートは11:00−14:00のメニューです。 /ガーリックハーブチキンプレート+ドリンク¥1300(税抜き) 

 

今回はお昼どきにお伺いしたので、ランチをいただきました。ランチメニューは自家菜園のハーブやフルーツを使っているそうです。どれもおいそうでメニューを選ぶのに悩んでしまいました。

 

タンドリーチキン
タンドリーチキンプレート+ドリンク¥1300(税抜き)

サンドイッチプレートサンドイッチ+サラダ+スープ+ドリンク¥1200(税抜き)

 

栄養バランスもしっかりと考えられたランチメニューはボリューム満点。とってもおしかったです。

 

オッターハイェク


LDBのモデルハウスを訪れたあとや菰野町に行く機会がある方は、ぜひOTTER HAJEKまで足を伸ばしてみてください。自分自身の感性を高めながら、美味しい食事、自然豊かな景色を楽しむことができますよ。

 

 

【OTTER HAJEK】
住所:〒 510-1253三重県三重郡菰野町潤田1117-3
TEL : 059-337-8195
営業時間:9:00 - 18:00(EAT IN L.O17:00)
定休日:毎週 月曜日(月曜日が祝日の場合は営業)
駐車場:30台完備
http://www.otterhajek.com/

 

隠れ家のようなカフェ「ar(アル)」

 

ar

 

ar

 

続いて私たちが訪れたのは、四日市にあるカフェ「ar(アル)」。住宅街の中にあるので、隠れ家のような雰囲気があります。こちらも「OTTER HAJEK」と同様LDBがプロデュースしています。

 

ほっと落ち着く店内

 

ar店内

 

内装は、かわいさと大人っぽさを合わせもった独特な雰囲気の良さがあります。お友だちを連れて思わず自慢したくなるお店です。

 

ar魅力的なインテリアが店内を彩っています。

 

カフェar

 

照明
照明、椅子、インテリア、空間のどこを切り取ってもおしゃれです。

 

ar店内

デザイン性抜群の店内ポップだけどシンプルなインテリアでレイアウトされています。

 

私たちが訪れた日は、女性のお客さんが大半を閉めていました。店内は女性1人で来ても安心して過ごせる心地よさがあります。こじんまりとした店内がより一層落ち着く空間を演出しています。

 

店長さんお手製のランチとコーヒー、ケーキが楽しめる

 


エスプレッソマシンは世界中のバリスタに愛されているLa Marzocco

 

ケディバシュカン
こだわりのコーヒー豆は常滑の自家焙煎コーヒー「ケディバシュカン」のものを使用。

 

ランチメニューランチは週替わりのオムライス(¥900)と週替わりのパスタランチ(¥1000)

 

焼き菓子焼き菓子(各¥150(税込)

 

こちらのお店は、もともと名古屋のカフェで店長をされていた女性の方がお一人で切り盛りされています。こだわりのコーヒーをはじめ、ランチや週替わりのデザートが楽しめますよ。

 


くるみのガトーショコラ ¥450(税込み)

 

人気のドリンクメニュー エルダーフラワーソーダ ¥450(税込)

 

キャラメルチーズケーキ
キャラメルチーズケーキ ¥450(税込み)

 

arではスイーツ焼き菓子をいただきましたが、どれも丁寧で、とてもおいしかったです。休日にまったりと訪れたくなるカフェでした。

 

【ar】
住所:〒512-1306三重県四日市市まきの木台 2-141
TEL : 059-324-8169
営業時間:11:00 - 17:00 (16:00 L.O.)
定休日:土・日・第1、第3月曜日
http://cafe-buro-ar.jp/

 

LDB

 

「OTTER HAJEK」と「ar」2つのカフェはどちらもそれぞれに違う魅力があります。LDBのモデルハウスに行った方、菰野町・四日市に行かれる方、そうでない方もぜひ行ってみてくださいね。カフェで過ごすことで、より一層LDBの魅力を再発見することができますよ。


過去の記事はこちら

 

リビングデザインビューロの独自センスが光る、空間をスマートに見せつつ収納を持たせる工夫


リビングデザインビューロが提案するセンス溢れる家とインテリアに囲まれて暮らすライフスタイル