MENU SEARCH

おうちカフェを楽しもう!焼き菓子専門店「Buttery」から、カヌレ5種類を贅沢に楽しむ「バタリーカヌレボックス」が新登場

グルメ

名古屋市・名駅
2020.09.07

おうちカフェを楽しもう!焼き菓子専門店「Buttery」から、カヌレ5種類を贅沢に楽しむ「バタリーカヌレボックス」が新登場

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名駅エリアに、2019年11月27日オープンした「Buttery(バタリー)」。その名の通り、フランス産発酵バター、北海道バターなど。厳選したバターを使用した、香り高いスイーツを取り揃える、焼き菓子専門です。

そんなButteryから、カヌレ5種類を贅沢に楽しむ「バタリーカヌレボックス」が新登場しました!

店内にある工房で丁寧に手づくりしている、バターの香りと独特の食感が特徴のカヌレ。日本に数台しかないButteryのスチームラックオーブンは、密閉性が高く、スチーム効果で素材全体を、しっとりと包み込むように焼き上げます。

さらに、自動のラック回転で均等に熱が入ることで、外はカリっと、中はもっちりとした食感と、焼きむらのない美しいカヌレに仕上がります。

「バタリー カヌレボックス」には、発酵バターとラムの香りが引き立つ「カヌレ」とともに、シーズンごとに変わる季節のカヌレ4種類を詰め合わせました。今月のカヌレボックスには、ほのかな苦みがクセになる「カヌレオカフェ」、北海道バターと酸味の相性が抜群の「オレンジカヌレ」、宝石のような見た目がキュートな「フランボワーズカヌレ」、生地にもココナッツを練りこんだ「ココナッツカヌレ」が入っています。

さらに、オリジナルデザインのボックスも魅力の1つ。大人シックで洗練された、鳥をモチーフにしたデザインに合わせた、Butteryのロゴチャームも女性心をくすぐります。

おうち時間でのカフェタイムはもちろん、誕生日のギフトや、手土産にも喜ばれること間違いなし。Buttery自慢のカヌレを贅沢に詰め合わせた「バタリー カヌレボックス」、ぜひ一度お試しください。

【バタリー カヌレボックス(5個入り)】
販売開始:2020年8月26日(水)新発売
価格:1,800円(税抜き)

※店頭・オンラインで販売
※数量限定販売となりますのでご了承ください。

焼き菓子専門店「Buttery(バタリー)」

店内に入ると、バターの芳ばしい香りが広がり、幸せな気持ちにさせてくれます。

厳選したこだわりのバターを使用した焼き菓子、彩りゆたかな生菓子、手土産に最適なギフトボックスを揃えているテイクアウト専門のお店です。

ケーキ屋さんで、焼き菓子といえばサブ的な存在ですが、バタリーは焼き菓子がメイン店内のオープンキッチンで焼きあげた、フィナンシェやカヌレを「焼きたて」の状態で味わうことができます。

フィナンシェ ¥280(税抜)

リーフパイ ¥240(税抜)

看板商品のフィナンシェは、フランス産発酵バターが持つコクと豊かな風味を活かし、リッチな味わいです。口に入れた瞬間、バターの芳ばしい香りが広がり、食べた後もコクの余韻が残ります。

バタリーでは、焼き菓子の最高の瞬間である「焼きたて」を楽しめるよう、紙袋で提供してくれますよ!「バタリーカヌレボックス」と合わせて、チェックしてみてくださいね。

NEXT
名古屋駅や栄だけじゃない。あらためて名古屋が好きになる!まちぶらにおすすめなエリア【10選】
名古屋駅や栄だけじゃない。あらためて名古屋が好きになる!まちぶらにおすすめなエリア【10選】

おでかけ

名古屋市
PREVIOUS
フランス仕込みの本格バゲットに出会える。天然酵母を使ったパンと焼き菓子の専門店「ブランジェリーぱぴ・ぱん」
フランス仕込みの本格バゲットに出会える。天然酵母を使ったパンと焼き菓子の専門店「ブランジェリーぱぴ・ぱん」

グルメ

名古屋市・天白区

【Buttery(バタリー)】
住所  :愛知県名古屋市西区名駅2-23-14
     VIA141 1階
電話番号:052-564-3553
営業時間:10:30~18:30(平日・土日祝)
定休日 :火曜日・第3水曜日

https://www.buttery.jp/

創業明治35年。前身の木材商を経て、4000棟にも上る家づくりを脈々と受け継いできたラ・カーサ。大手住宅メーカーが大量生産する画一的な家づくりではなく、建築家の世界観が色濃く反映される家づくりでもなく、家を建てる人による、家を建てる人のための、理想のオーダーメイドの家づくりを、愛知県を中心に行っています。

ラ・カーサの「JOYある豊かな暮らし」を体感できる場所として、安城市の「la CASA HILLS」、江南市の「la CASA TERRACE」も展開。2018年には「未来の生き方や風景とは何か」をオープンラボやセミナー・コンペ等を通じて、学生や多方面の専門家と模索・創造する場所「未来デザインラボ」もオープン。

【la CASA(ラ・カーサ)】
https://www.lacasa.co.jp/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

Nuqu