MENU SEARCH

“今日もゆるやかに”。ホッと心和む居心地良いカフェ。「Cafe gradual(カフェ グラデュアル)」

カフェ

愛知県・豊川市
2019.02.22
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

クオリティーの高いカフェメニューが魅力

ランチメニューの「今日のお昼ごはん」

「Cafe gradual」は、ドリンクから食事メニューまでとことんこだわっているのも人気の一つ。こちらの写真はランチメニューの「今日のお昼ごはん」(1,200円)。週替わりのメイン(取材時は豚肉のソテー)に、サラダ、おかずなどがワンプレートで登場。ヘルシーな雑穀ご飯も◎。ソースも全て手づくりで、自宅で育てているハーブを使ったペンネも自慢です。

アップルパイ

フレンチのシェフ、パティシエの料理人を務めていたご主人が丹精込めてつくった「アップルパイ」(450円)は、ここへ来たら必ず食べて欲しいメニューです。

アップルパイ

バターの不純物を全て取り除いたこだわりのパイ生地。焼き上がった生地の層の高さで、生地全体の軽やかさが決まると言われているほど、手間ひまかけてつくり上げています。

アップルパイ

一口食べると、軽やかでサクッとした食感の生地と、りんごの甘さ、クリーミーなバニラが相性抜群!焼きたてを提供してくれるので、アツアツのアップルパイを楽しむことができます。(30分ほど提供時間がかかるので、事前の連絡がおすすめ)

ショートケーキ

カフェタイムに登場する、さまざまなスイーツも大人気。こちらはショートケーキ(450円)。盛り付けも素敵で、つい写真をとってしまいたくなるほどかわいい演出に心踊ります。タルトやシフォンケーキ(各450円)も好評です。

コーヒー

店主が一杯ずつ丁寧に淹れたコーヒー(450円)。酸味のあるもの、コクを感じられるものなど、コーヒー豆は5種類を展開しています。

店名の「Cafe gradual」は、“ゆるやかな”を意味しています。毎日忙しい日々を過ごす私たちですが、少しの時間でも、ゆるりと丁寧に、カフェ時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

NEXT
いつも、どこでも、心を込めて。名古屋を代表する銘菓をつくる「青柳総本家」の工場見学へ行ってきました。
いつも、どこでも、心を込めて。名古屋を代表する銘菓をつくる「青柳総本家」の工場見学へ行ってきました。

グルメ

名古屋市・守山区
PREVIOUS
何度でも通いたくなる。スパイスをふんだんに使用した絶品カレー「カリーみよし」
何度でも通いたくなる。スパイスをふんだんに使用した絶品カレー「カリーみよし」

グルメ

名古屋市・鶴舞
1 2

【Cafe gradual(カフェ グラデュアル)】
住所   :愛知県豊川市蔵子2丁目2ー1
電話   :090-2688-6940
営業時間 :9:00〜17:00
定休日  :日曜、第1.3月曜
駐車場  :あり

https://www.facebook.com/toyokawacafegradual/

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

PANZA