MENU SEARCH

約15万枚のタイルを使用。多治見市モザイクタイルミュージアムに隣接するカフェ「カフェドソレイユ」

カフェ

岐阜県・多治見市
2017.09.15

約15万枚のタイルを使用。多治見市モザイクタイルミュージアムに隣接するカフェ「カフェドソレイユ」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、「多治見市モザイクタイルミュージアム」に行った際にはぜひ立ち寄って欲しい、おすすめカフェのご紹介です。約15万枚のタイルが使われたカフェ『カフェドソレイユ』。ミュージアムの隣にある笠原中央公民館の中に併設されています。

「多治見市モザイクタイルミュージアム」は、岐阜県多治見市にあるタイルの歴史や作品などの展示をみることができる博物館です。

多治見市モザイクタイルミュージアムの記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/mosaic_tile_museum/

「多治見市モザイクタイルミュージアム」を出て歩いていると、カフェドソレイユの看板が見えてきました。聞くところによれば、ここでもタイルを楽しむことができるとか……。実際に家づくりのヒントが見つかるかもしれないと思い入ってみることにしました。

総タイル貼りの店内

カフェドソレイユの店内

カフェドソレイユ

中へ入ると驚きの総タイル貼り。陶器会社が運営しているそうで、六角形をテーマに天井・床や側面・厨房・テーブルなどに、モザイクタイル約15万枚が敷き詰められています。そして「いらっしゃいませ〜」と女性スタッフさんの明るい声が店内に響き渡ります。ポップな店内は、インスタ映えしそうでワクワクしてきました。タイルの使い方がお家づくりにも活かせそうだなと思ったので、少しだけご紹介します。

花の形にあしらわれたタイル

タイルの床

花柄のタイル

床やテーブルは六角形と丸のタイルで花柄がつくられています。シンプルなタイルも少しの工夫でこんなにも可愛らしく変化します。同じカタチのタイルと絵柄でも、色が違うだけで印象が大きく異なりますね。玄関や水回りなど、ポイントで取り入れてみても◎。

タイルが埋め込まれたテーブル

テーブルに埋め込まれたタイル

こちらのテーブルには、六花形と花の形のタイルが埋め込まれていました。木と陶器は相性が抜群。実際のお家の場合は、タイルにすることで、熱い鍋をそのまま載せられたり、水滴が付いた冷たいコップをそのまま置けるなどのメリットもあります。

三角形のタイル

タイルの壁

こちらは三角形のタイルを組み合わせた事例です。三角形で六角形をつくって組み合わせています。少し光沢があるタイルなので、お部屋のアクセントになりますよ。アクセントウォールとして、取り入れてみても面白いですよね。

シンプルなモザイクタイルも、組み合わせ次第で色んな表情が楽しめます。実際にタイルを使われている空間を体感することで、よりリアルなイメージを膨らませることはできるので、おすすめです。

さて、カフェと言えば気になるはグルメですよね。ここからは、グルメ情報をご紹介します。

NEXT
かわいいだけじゃない!お客様のこだわりを叶えるブルーハウスの家づくりの秘密。
かわいいだけじゃない!お客様のこだわりを叶えるブルーハウスの家づくりの秘密。

住まい

愛知県・岐阜県・三重県
PREVIOUS
戦後の日本住宅を学べる『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』展 @ 東京国立近代美術館
戦後の日本住宅を学べる『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』展 @ 東京国立近代美術館

住まい

東京都

【カフェドソレイユ】
住所  :岐阜県多治見市笠原町2081-1 笠原町中央公民館 1F
営業時間:9:00~17:00
定休日 :月曜日・第2火曜日・第4火曜日

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

アルボ