MENU SEARCH

「ちそう菰野」アートを五感で感じる場所。重森三玲の石庭を眺めながら季節を感じる料理に舌鼓を。

グルメ

三重県・菰野町
2019.03.28
三輪 尚士

三輪 尚士

ホーチミン&名古屋在住

「ちそう菰野」アートを五感で感じる場所。重森三玲の石庭を眺めながら季節を感じる料理に舌鼓を。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、三重県三重郡菰野町のレストラン&ギャラリー&石庭「ちそう菰野」にランチに行ってきました。魅力満載の「ちそう菰野」をたくさんの写真付きでお伝えしたいと思います。

ちそう菰野へ。石畳から続く先には築200年以上の表門が

看板

菰野町は遠そうなイメージですが交通の便が良いので、名古屋から高速道路を使えば1時間以内で行けます。今回も11時ぐらいに名古屋・伏見を出発して、11時45分くらいには到着していました。小さくてかわいらしい看板に今から既に心が躍ります。

石畳の道

門まで長い石畳の道が続きます。ちそう菰野は、江戸以前から菰野町に居を構える名家「横山家」の邸宅をレストラン、ギャラリーとして2017年9月にオープンしました。ちそう菰野のオーナーの田代夫妻は、旦那様がアーティスト、奥様が料理研究家で、菰野町で自分たちのお店を作りたいと思った時に、知人の紹介でこの横山邸と出会ったそうです。

ここの石畳からでも、邸宅や庭に対する期待感が増しますね。さらに奥に進んで行ってみましょう。

表門

しっかりとした表門が出迎えてくれました。こちらの表門は江戸時代に建てられたということで、200年以上の歴史がある門です。

外観

表門をくぐると手入れされた石庭が。ここでも既に綺麗ですが、さらに魅力のある石庭が中にはあるとのこと。石畳を渡って玄関まで行ってみましょう。

レセプションではアンティークの小物を販売

レセプション

玄関から中に入ると、もともと土間だったところにレセプションがあります。奥にいるのが、オーナーでアーティストでもある田代裕基さんです。左奥が厨房となっていて、そこで奥様が料理をつくっています。

アンティーク小物

アンティーク小物

レセプションの横には西洋から日本までアンティークの小物や季節のお茶、季節の香りが販売されています。

NEXT
【前編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」|愛知・常滑
【前編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」|愛知・常滑

おでかけ

愛知県・常滑市
PREVIOUS
【後編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」
【後編】やきものの魅力にたっぷり触れる体感型ミュージアム「INAXライブミュージアム」

おでかけ

愛知県・常滑市

【ちそう菰野 [料理 / 美術 / 庭】(完全予約制)
住所   :三重県三重郡菰野町大字菰野2657
電話番号 :059-390-1951
営業日時 :土日月 昼11時〜15時 夜19時〜
駐車場  :専用駐車場あり
http://chisoukomono.com/home/

三輪 尚士

三輪 尚士

ホーチミン&名古屋在住

アライブ株式会社 代表取締役。2001年21歳の時に起業。アライブ株式会社は名古屋とベトナムにオフィスがあるので、行き来したライフスタイルを送っている。ほぼ毎日外食なので、世界や日本で美味しいものを食べたり、お酒を飲んだり、のんびり泊まったり、新しい経験を味わうことが人生の楽しみ。昔DJでもあったので、音楽にも造詣が深い。

アライブ株式会社のWebサイト

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

ホームページ制作 アライブ株式会社