MENU SEARCH

「長期優良住宅」の本当のメリットとは。(ヴィンテージハウス)

住まい

岐阜県・岐阜市
2018.07.27

「長期優良住宅」の本当のメリットとは。(ヴィンテージハウス)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

家のづくりの際によく耳にする「長期優良住宅」。税金控除、補助金、住宅ローンの優遇など、なんとなくメリットがあるのかな?というイメージですよね。しかし、実際にはどのようなものか具体的にはわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、全シリーズ認定長期優良住宅として提案している岐阜の設計事務所「ヴィンテージハウス」の小牧さんにお話を伺ってきました。

はじめに。「長期優良住宅」とは?!

リビングダイニング

はじめに、長期優良住宅について少しだけご説明します。

長期優良住宅とは「つくっては壊す住宅」から「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う住宅」への転換を目指し、国が定めた制度です。

長期優良住宅に認定された家は耐久性・耐震性・メンテナンス性・省エネルギー性能等において一定の基準を満たした住宅をいいます。この認定を受けた住宅で、定期補修が計画通りに行われている場合、築25年時点での認定長期優良住宅の転売価格は定期補修が計画通りに行われている場合、新築時の35%程度で評価されます。

住宅の耐用年数は、標準的な住宅で25年~30年。長期優良住宅は75年~100年と、標準的な住宅の3倍は長持ちします。

<長期優良住宅の9つの認定基準>

①劣化対策
通常考えられる維持管理下で、建物を使い続ける期間が100年以上になるような処置がされることが必要。マンションなどの鉄筋コンクリート造や一戸建てなどの木造などの場合ごとに決められています。

②耐震性
大規模地震などが起きた場合でも、建物の変形の度合いを一定以下にする措置をとることが必要。

③維持管理・更新の容易性
建物本体に影響を与えることなく、配管などの維持管理がしやすいこと。給排水管などの点検・補修・更新がしやすい。

④可変性
居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置を取ることが必要。

⑤バリアフリー性
将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

⑥省エネルギー性
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること

⑦居住環境
例えば地域の地区計画に配慮した景観を損なわないようなデザインになっている必要があります。

⑧住戸面積
おおむね一戸建て住宅では75㎡以上、マンションなどの共同住宅においては55㎡の床面積があること、維持保全計画としては定期的な点検を実施する計画があるなどが必要。

⑨維持保全計画 
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

NEXT
大人も子どもも楽しめる!岐阜県岐阜市の新感覚図書館「みんなの森ぎふメディアコスモス」
大人も子どもも楽しめる!岐阜県岐阜市の新感覚図書館「みんなの森ぎふメディアコスモス」

ライフスタイル

岐阜県・岐阜市
PREVIOUS
ベトナム・ホーチミンで現在人気のカフェ5選
ベトナム・ホーチミンで現在人気のカフェ5選

海外

ベトナム・ホーチミン

【ヴィンテージハウス】

ヴィンテージハウスは、「長期優良住宅」をお値打ちにご提案する岐阜の設計事務所です。「一級建築士×長期優良住宅×コンパクトハウス」をコンセプトに、高断熱・高耐震の性能に、一級建築士のセンスとアイディアをプラス。「建売住宅は少し物足りないな…」「コストは抑えたいけど、仕様やデザインにはこだわりたいな…」という方にぴったりのシリーズ”E-FIT”(イーフィット)は、基本ベース建物価格1,650万円(税別)です。

https://www.vintagehouse.co.jp/

 

Vintagehouse本部直営
〒502-0928
岐阜県岐阜市旦島中1丁目5-25
TEL:0120-388-266 / 営業時間:9:00~18:00
定休日 不定休

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

アルボ