お庭と外構のアイディアが満載!東海エリア最大の総合展。「エクステリア&ガーデンフェア名古屋@ポートメッセなごや」

2018.5.15
エクステリア&ガーデンフェア2018

去る2018年4月27〜28日に、第9回目となる「エクステリア&ガーデンフェア名古屋」が、ポートメッセなごやにて開催されました。2010年に始まり、年々規模を拡大しているエクステリアの総合展。今年は、エクステリア関連企業41社、ガーデン出展社15社が集結しました。最新のエクステリア&ガーデニング情報が満載のイベントです。

 

ポートメッセなごや
「エクステリア&ガーデンフェア」が開催されたポートメッセなごや

 

エクステリア関連企業
エクステリア関連企業41社、ガーデン出展社15社が出展。

 

「ウェルカムガーデン」コーナー
植物、園芸用品がそろう「ウェルカムガーデン」コーナー

 

施工フォトコンテスト施工フォトコンテスト。施工会社の情報も記載してあるので、好みの施工会社を探すのにもおすすめですよ。

 

E&G DESIGN 学生デザイン大賞第7回 E&G DESIGN 学生デザイン大賞。公募テーマは、「緑・光・風・水とのつながり-幸せ感あるエクステリア-」

 

エクステリア無料相談会
エクステリア無料相談会。1・2級のエクステリアプランナーの方に、エクステリアやお庭の相談ができるブースです。


当日はガーデニンググッズ販売をはじめ、著名講師を招いてセミナーやトークショーを開催。さらに、フラワーデモンストレーションや、楽しく学べるワークショップ、エクステリア工事に関する相談を受けるエクステリア無料相談会など、多彩な催しが行われました。

 

エクステリアを
トータルバランスでイメージできる

 

東海エクステリアフェア実行委員会 実行委員長の近藤 純一さん東海エクステリアフェア実行委員会 実行委員長の近藤 純一さん


今回は、実行委員長である近藤純一さんにお話を伺ってきました。まずは、イベントの立ち上げ経緯についてお聞きしました。


近藤さん:「今年で9回目の開催となりますが、もともとは各企業がバラバラに展示会を開催していました。このようなエクステリアの総合展はなかったんです。なので、冊子やカタログから商品を選ぶということが一般的でした。しかし、単体だとどういう使い方をすれば良いかわかりにくいんですよね……。そこで、各企業を集め、実際に商品を見て体感してもらえる総合展を始めました。門柱・フェンス・表札・植物までさまざまな商品が一度に集まるので、トータルバランスでエクステリアをイメージしていただきやすくなりました。」

 

実寸大の模型で商品を体感できるブース実寸大の模型で商品を体感できるブースも。家と合わせてイメージができます。

 

エクステリアガーデンフェア
実際の商品に触れ、質感やサイズを確かめられるのもポイントです。

 

近藤さん:「エクステリアや植物は、家を引き立たせてくれるんですよね。3,000万円の家でも、5,000万円に見えることだってあります。家づくりの際には、どうしても家に予算を使ってしまい、エクステリアや外構の予算がないということをよく聞きます。建ててからだとローンの返済金額は決まってしまっているので、外構になかなかお金を使えないんですよね……。そうならないためには、最初にエクステリアなど家の外側のイメージもしっかりと持っておくことが大切だと思います。こうした展示会などにもぜひ足を運んでいただいて、夢を膨らませていただきたいですね。」

 

素材の進化による、エクステリアの変化

 

エクステリア&ガーデンフェア


続いて展示会の見どころを教えていただきました。


近藤さん:「以前のエクステリアの素材としてはアルミが主流でしたが、最近ではさまざまな素材の商品が出てきています。素材が進化してきたことで、いろいろなことができるようになりました。人工芝・表札・ポストなどもデザイン豊かになってきましたね。自分の家を豊かにしたいという方が増えてきたように感じます。

 

そして、エクステリアの範囲がどんどんと広がっていると感じています。近年の住宅においては、アウトドアリビング、サンルームなど、外の暮らしを楽しむための中間的領域が重視される傾向があります。テラスやウッドデッキなども機能面だけでなく、そこに置く家具と合わせてインテリアと同じ感覚で選ばれる方が増えてきたように感じます。」

 

彩木ウッドデッキアルミとウレタン樹脂でできた人工木材「彩木ウッドデッキ」

 

Kターフ
本物そっくりの人工芝「Kターフ」。4色の異なるグリーンと茶色の糸や質感の異なる糸を数種類取り合わせ組み合わせることで、 芝生の1本1本がしっかりと立ち天然芝のようなナチュラルさを再現しています。

 

美濃クラフト
表札専門メーカー「美濃クラフト」。ポストも機能とデザインを兼ね備えたものがたくさんありました。

 

男前表札~伝説の聖剣~
剣をモチーフにした遊び心がいっぱいの表札「男前表札~伝説の聖剣~」

 

「icci (イッチ)」の瓦の表札瓦をクリエイトするブランド「icci (イッチ)」の瓦の表札。1916年から続く一ノ瀬瓦工業代表一ノ瀬 靖博氏と、メディアクリエイターのハイロック氏のコラボレーションから生まれました。


第1回は来場数約4,300人からスタートし、第8回目には来場数約20,000人まで年々規模を拡大している「エクステリア&ガーデンフェア名古屋」。どのような方が来場しているのでしょうか。


近藤さん:「お家づくりされている方、戸建にお住まいの方がほとんどです。家族連れでのご来場が7割以上。年々リピーターの方も増え、約3割の方が再来の方です。皆さん、学生コンテストや施工フォトコンテストまで、しっかりと見ていただけているようです。施工フォトコンテストでは、写真と一緒に会社情報も記載しているので、そこからのお問い合わせも各会社さんで2〜3件ほどあります。展示会から実際のエクステリアやお庭づくりにつながるのはうれしいですね。」

 

では、ここからは50社以上の中から、何店舗かピックアップしてご紹介したいと思います。

 

 

個性的な植物がたくさん「加藤洋らん苑」

 

加藤洋らん苑


植物、園芸用品がそろう「ウェルカムガーデン」コーナーの中でも、ひときわ特徴的な植物を扱っていたのが、豊田市の蘭農家「加藤洋らん苑」。日本全国の蘭展に出展し、蘭を使った寄せ植えでは多数受賞をされています。種苗会社から苗を買って育てるだけではなく、種から時間かけて栽培も行なっています。蘭の季節は1月から3月で、繁忙期以外の季節にこうしたイベントに出店されているそう。今回の出展では、一般住宅でも飾りやすい蘭や、特徴的な植物を販売されていました。

 

板付きの蘭
板付きの蘭。水やりは根の部分から水分を吸わせます。小ぶりでお手入れもしやすいので、蘭初心者の方にもおすすめ。

 

加藤洋らん苑
切り花の販売も。加藤洋らん苑は店舗はなく、こうしたイベント出展等で購入が可能です。

 

食虫植物食虫植物も販売していました。ハエとり草 ¥800

 

【加藤洋らん苑】
住所:愛知県豊田市福受町中之切69
※圃場、ご自宅での小売販売はしていません

▼ネットショップはこちら
http://feel-at.jp/

 

コモレビデザイン舎

 

コモレビデザイン舎

 

コモレビデザイン舎

 

ガーデン、インテリアの空間デザイン施工を中心に、庭づくりから紙ものデザインまで手がけている「コモレビデザイン舎」。「花のある暮らし教室」「オーガニックな暮らしの教室」などのワークショップも各地で開催されています。岐阜県揖斐郡池田町には、フェアトレード商品や雑貨などを販売する「暮らしの店コモレビ」もオープンしました。

 

【コモレビデザイン舎】
住所  :岐阜県揖斐郡池田町池野470
営業時間:11:00 ~ 17:00
営業日 :第2・4木曜、金曜、土曜
TEL  :0585-45-9883
https://www.facebook.com/comorebi.design.sya/

 


コモレビデザイン舎のブースでは、「BROCANTE MOMO」「moily」も一緒に出展されていたので、合わせてご紹介します。

 

ブロカントアイテム、ハンガリー雑貨「BROCANTE MOMO」

 

BROCANTE MOMO

 

BROCANTE MOMO

 

フランス・ハンガリーを中心に、ヨーロッパ各地で買い付けたブロカントアイテム、ハンガリー雑貨を販売する「BROCANTE MOMO(ブロカントモモ)」。ブロカントは植物やガーデンとの相性も良く、今回の展示会ではコモレビデザイン舎の植物と合わせてディスプレイされていました。

 

【BROCANTE MOMO】
住所  :岐阜県大垣市大井4丁目47-1
電話番号:080-3245-0766
営業時間:10:00~17:00
定休日 :土日・祝
http://www.brocantemomo.com/

※常駐はされていませんので、来店ご希望の方は必ずご予約ください

 

カンボジアの天然素材を使用したカゴ雑貨「moily」

 

moily

 

moily

 

カンボジアの美しい天然素材を使用したカゴ雑貨や、トレイ、カゴバッグなどを製造販売している『moily』。カンボジアで採れる「ラペア」という素材を使用し、一つひとつ現地の人による手編みで作られています。カンボジアと、ベトナムの一部でしか採ることのできない素材「ラペア」は藤の一種。無塗装だからこその、1本1本の絶妙な色の違いや、美しい艶、なめらかな手ざわりが特徴です。

 

【moily】
https://www.moily-bk.com/
住所  :岐阜県不破郡垂井町敷原173(カフェ結の敷地内)
営業時間:13:00~17:00
営業日 :土日(カフェ結の営業日に合わせて)

▼オンラインショップはこちら
https://moily.shop-pro.jp/

 

植木鉢専門店「BARGE」

 

BARGE

 

「エクステリア&ガーデンフェア」では、植物だけでなく、ガーデニング用品も多数販売されていました。こちらの「BARGE」は実店舗はなく、ネットショップで植木鉢を専門に販売しています。こうした実店舗のないお店の商品を実際に見ることができるのも、展示会の魅力の一つ。テラコッタをはじめ、ファイバーセメント・木材・陶器などさまざまな素材の植木鉢を取り扱っています。

 

ガラスポットスタンダードなデザインで、アレンジの幅が広がるガラスポット。薄いガラス素材は、蘭などの繊細な植物を引き立たせてくれます。

 

ガラスハンギング
窓辺やテラス、日の当たる場所に吊るしたいガラスハンギング。吊るすので場所を取らず、つなげたり並べたりすれば空間のアレンジが楽しめます。

 

【植木鉢専門店 BARGE】
https://www.rakuten.ne.jp/gold/barge-ec/

 

アウトドア+エクステリア「UNITE」

 

アウトドア+エクステリア「UNITE」

 

アウトドアエクステリア「UNITE」。「エクステリアにもっと自由でアウトドアエッセンスのある、身近に外を楽しめるデザインのものがあるといいな」という発想から生まれたエクステリアブランドです。神山 隆二氏をはじめとしたアーティストとコラボレーションした、デザイン性の高いエクステリアアイテムが特徴です。庭先で楽しめるよう、ベンチやウッドプランターなどもラインナップされています。

 

UNITEシリーズのポスト

 

UNITE イーレベルワン
ペインティングアートがポップなUNITEシリーズのポスト。UNITE イーレベルワン ¥66,000

 

E/LEVEL1ペインティングアートが印象的な表札。E/LEVEL1 ¥28,700

 

【UNITE】
https://www.toshin-grc.co.jp/unite/#products

▼参加アーティスト
神山 隆二 / ゲルチョップ / ワルキルン / ペレグリン・デザイン・ファクトリー

 

住まいのプロ × 土からつくる庭のプロ「la CASA × 花ごころ」

 

la CASA × 花ごころ花ごころの谷さん、la CASAの島田さん

 

注文住宅の「la CASA」、土からつくるガーデンデザイン「花ごころ」。こちらの2社は、住まいのプロと庭のプロが力を合わせて、新しい庭づくりを提案しています。庭や住まいを単体で考えるのではなく、暮らしのシーンの中で一体として考える。デザインだけでなく、環境に合わせた植栽の選定、3年後、5年後、10年後を見据えた庭の設計を提案してくれます。また、お手入れの方法や環境に優しい土壌改良など、ガーデンライフをトータルでサポートしてくれます。

 

花ごころのブース

 

花ごころのブース花ごころは、「土・肥料メーカー」としての長い経験と実績をベースに、 園芸用商品の企画開発・製造販売から“緑のあるライフスタイル” の提案に至るまで幅広く手掛けております。

 

la CASAのページはこちら
http://life-designs.jp/company/la-casa/

 

エクステリア&ガーデンフェア

 

「エクステリア&ガーデンフェア名古屋」では、ここでは書ききれないくらいのたくさんのブースが出展されていました。実行委員長の近藤さんの言葉の通り、エクステリア、ガーデンともにデザイン性の高いものが多く、エクステリア商品がこんなにも種類があるのだと驚きました。庭づくりをインテリアのように楽しまれている方が多い証拠なのではないでしょうか。

 

今では、東海エリアで最大級のエクステリア総合展と言っても過言ではありません。家づくり、庭づくりをはじめる前には、ぜひ一度訪れて欲しい展示会です。来年の10回目は規模も拡大して、5月に開催の予定です。


エクステリア&ガーデンフェア名古屋
http://eg-fair.jp/index.html

 

【出展企業一覧】
・出展メーカー
株式会社稲葉製作所、株式会社エイチユー丸八、株式会社エクスタイル、株式会社F&F、オーセブン株式会社、河村電器産業株式会社、株式会社グリーンフィールド、グローベン株式会社、近藤工業株式会社、三協立山株式会社 三協アルミ社、四国化成工業株式会社、芝楽(朝日工業有限会社)、積水樹脂株式会社、株式会社ダイケン、太陽エコブロックス株式会社、髙儀株式会社、株式会社タカショー、株式会社田窪工業所、株式会社トーシンコーポレーション、東洋工業株式会社、株式会社東洋石創、株式会社ナスタ、日軽情報システム株式会社、PAEグローバル株式会社、株式会社福彫、MINO株式会社、株式会社美濃クラフト、株式会社ヤマト(人工芝)、ユニオンビズ株式会社、株式会社ユニソン、株式会社ユニマットリック、株式会社YUME Design Studio、株式会社淀川製鋼所、株式会社LIXIL、YKKAP株式会社、株式会社脇田石材

・後援、協力出展
株式会社協報、株式会社住宅環境社、(一社)日本オーニング協会

・一般出展企業
ワインハウスゲアハルト株式会社、株式会社メルシー、株式会社アイシム医療器、株式会社フローラ、株式会社ヤマト(健康機器)、ミスタードーナツ、あいち生協、フィリップモリスジャパン

・Welcome Garden出展社
garden house assiette、イマヅ工芸社 西洋鍛冶、有限会社 鵜飼農園、株式会社 おしゃ楽、有限会社加藤洋らん苑、国分農園、コモレビデザイン舎、竹宝堂、千代田農園、株式会社花ごごろ、‵a fleurir & faire sa vie、futamura green、有限会社三浦園芸、Yamatei & FARM、株式会社 la CASA