MENU SEARCH

【2019年12月】東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ

名古屋市
2019.11.30

【2019年12月】東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、12月に東海エリア(愛知・岐阜・三重)で開催されるイベントをまとめました。
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」や「FIELDSTYLE Jamboree 2019」など、注目のイベントや展覧会も目白押し。週末のおでかけの参考にしてみてくださいね!

本丸御殿×プロジェクションマッピング
名古屋城の夜を彩る光と食のイベント

名古屋城

名古屋城

名古屋城光のイベント実行委員会では、2019年12月14日(土)~2020年1月13日(月・祝)までの期間中、名古屋城内特設会場にて「名古屋城夜会 by 1→10(ワントゥーテン)」が開催。

「夜会」は『五感で愉しむ和の集い』をコンセプトとしたプロジェクト。その土地の魅力を最大限に引き出し、ここだけの美食を味わえる「食と文化の地産地消」を目指します。今回「名古屋城夜会」における、光の演出、美食のメニューが決まりました。名古屋城を舞台に冬の期間限定で“NAGOYA MEETS NEW HISTORY”をコンセプトに、光の演出と食で嗜む「伝統の宴」が催されます。

NAGOYA MEETS NEW HISTORY「名古屋城夜会 by 1→10」
【日程】2019年12月14日(土)~2020年1月13日(月・祝) 27 日間
    ※12月29日~1月1日は休み
【時間】8:00~20:30 閉門21:00
    ※雨天決行、荒天中止
【会場】名古屋城特設会場 名古屋市中区本丸1-1
【料料】前売券高校生以上 1,000円(税込)
    前売券名古屋市在住高齢者 680円(税込)
    当日券高校生以上 1,200円(税込)
    当日券名古屋市在住高齢者 880円(税込)
     ※上記金額は名古屋城観覧料含む
     ※中学生以下は無料 ※城内の飲食は別途有料
    名古屋城夜会大名御膳&ドリンクセット券 4,000円(税込)
     ※日付指定券となります。
     ※座席使用可能時は優先利用できます。(雨天時は使用不可)
     ※城内にて名古屋城夜会大名御膳とドリンク1杯と交換
【公式サイト】https://yakai.nagoyatv.com/
【メ~テレ】https://www.nagoyatv.com/

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達

2019年11月30日(土)〜2020年02月16日(日)まで「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と花と共に生きる動物達」が、名古屋市科学館(愛知県)にて開催されます。

チームラボのアート作品「花と共に生きる動物達」と、「共同的な創造性、共創(きょうそう)」をコンセプトにした教育的なプロジェクトであり、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ「学ぶ!未来の遊園地」の作品の中から、「グラフィティネイチャー – 山と谷、レッドリスト」「すべって育てる! フルーツ畑」「小人が住まうテーブル」「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」「お絵かき水族館」「光の森でオーケストラ」を展示。

また、「お絵かき水族館」で描いた絵の、オリジナル缶バッジをその場で作れる「缶バッジファクトリー」も開催します。開館時間中どなたでも参加が可能です。

【 作品 】 花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達
【日程】2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)
【会場】名古屋市科学館( 愛知県名古屋市中区栄2-17−1 )
【開館時間】 9:30〜17:00(最終入場は16:30)
【夜間延長】12月21日(土)~27日(金) 17:00~19:30(最終入場は18:30)
※夜間延長期間の12月23日(月)は休館日です。
※特別展のみ延長になり常設展の観覧はできません。
※前売券
・当日券で入場できますが、時間延長は特別展のみとなり常設展の観覧はできません。
※延長期間中は1Fの臨時券売所で18:30まで入場券を販売します。
※延長時間内の入場は各日1000名までとさせていただきます。
【料金】当日: 一般: 1500円、高大生: 800円、小中生:500円
    前売:一般: 1400円、高大生: 700円、小中生::400円

【休館日】毎週月曜日(1月13日(月祝)は開館)、毎月第3金曜日、12月29日(日)~1月3日(金)、1月 14日(火)
【主催】「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」名古屋実行委員会
【チームラボ】http://teamlab.art/jp/
【チームラボ 学ぶ!未来の遊園地】https://futurepark.teamlab.art/

造形作家・岡﨑乾二郎の個展が豊田市美術館にて開催。

岡﨑乾二郎

豊田市美術館では、2019 年 11 月 23 日(土)~2020 年 2 月 24 日(月・祝)の会期中、 造形作家・岡﨑乾二郎の個展が開催。本展は2002 年のセゾン現代美術館以来 17 年ぶりとなる、美術館での大規模な個展です。

【日程】2019 年 11 月 23 日(土)〜2020 年 2 月 24 日(月・祝)
【会場】豊田市美術館
【開館時間】 10:00-17:30(入場は17:00まで)
【休館日】月曜
12 月28 日(土)〜1 月4 日(土) *ただし1 月13 日(月・祝)、2 月24 日(月・祝)は開館
【料金】 : 一般:1,300 円/高大生900 円/中学生以下無料
*障がい者手帳をお持ちの方(介添者1 名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内
在住の75 歳以上は無料 [要証明] 。その他、観覧料の減免対象者及び割引等についてはホー
ムページをご確認いただくか、豊田市美術館へお問い合わせください。

【主催】豊田市美術館
【協力】株式会社LIXIL、株式会社中川ケミカル
【公式サイト】https://www.museum.toyota.aichi.jp/

芸術界に衝撃を与えた天才画家『カラヴァッジョ展』が
名古屋市美術館にて開催中!

10月26日(土)~12月15日(日)の期間中、名古屋市美術館にて「カラヴァッジョ展」が開催されています。

16世紀末、ローマ中に衝撃を与えた天才画家ミケランジェロ・メリージ(1571-1610)、通称カラヴァッジョ。本展覧会では、カラヴァッジョの作品約10点(帰属作品を含む)と、その追随者ら同時代の画家たちの作品約30点が、一時に名古屋で見られる奇跡的な機会です。日本で3度目、東海地方では18年ぶり、名古屋では初となるこのカラヴァッジョ展で、イタリアの巨匠の真の魅力と影響力の大きさを直に体感してください。

名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
【日程】2019年10月26日(土)~12月15日(日)
【会場】名古屋市美術館
【料金】一般1,600円/高大生1,000円/中学生以下 無料
【開館時間】9:30~17:00、金曜日は20:00まで。(いずれも入場は閉館30分前まで)
【主催】名古屋市美術館、中日新聞社、CBCテレビ
【後援】イタリア大使館、イタリア文化会館、名古屋日伊協会、愛知県・岐阜県各教育委員
     会、名古屋市立小中学校PTA協議会
【協賛】野崎印刷紙業、アイシン・エィ・ダブリュ、東海東京証券
【協力】アリタリア-イタリア航空、日本航空、日本通運、CBCラジオ、名古屋市交通局、JR東海、近畿日本鉄道
【学術協力】メタモルフォジ財団(ローマ)
【公式サイト】http://www.art-museum.city.nagoya.jp/caravaggio

中部地区最大の遊び゙の祭典「FIELDSTYLE JAMBOREE 2019 OUTDOOR & LIFE STYLE FESTA in AICHI SKY EXPO」

フィールドスタイル

FIELDSTYLE JAMBOREE 2019 OUTDOOR & LIFE STYLE FESTA in AICHI SKY EXPO

2018年12月の開催では、36,000名を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた大型イベント「FIELDSTYLE2018」が、「FIELDSTYLE Jamboree 2019」となって帰ってきます!

今回は、中部国際空港直結の国際展示場「AICHI SKY EXPO」に会場を移し、12月7日・8日の二日間での開催が決定!老若男女問わず楽しめるコンテンツがいっぱいに詰まった、中部地区最大の「遊び」と「ライフスタイル」の祭典をお見逃しなく!

FIELDSTYLE JAMBOREE 2019 OUTDOOR & LIFE STYLE FESTA in AICHI SKY EXPO

【日程】2019年12月7日(土)、8日(日)
【会場】AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場
【開催時間】 9:00〜17:00
【料金】1日券 前売 1,000円(税込)/当日 1,500円(税込) 2日通し券 前売 1,800円(税込)/当日     2,500円(税込)
※小学生以下無料 ペット同伴可

【主催】FIELDSTYLE実行委員会/東海テレビ放送株式会社
【公式サイト】http://field-style.jp/

「大『名品』展―タイル・テラコッタ・古便器・土管のコレクション」|INAXライブミュージアム

株式会社LIXILが運営する、土とやきものの魅力を伝える文化施設「INAXライブミュージアム」(所在地:愛知県常滑市)では、2019年10月5日(土)から2020年3月31日(火)まで、企画展「大『名品』展―タイル・テラコッタ・古便器・土管のコレクション」を開催中。

INAXライブミュージアムは、「窯のある広場・資料館」からはじまりました。

高い煙突と、大きな窯を内部に抱く黒壁の土管工場は、常滑のやきものの歴史を物語るシンボルの一つです。「後世に残したい」との思いから、改修し、整備して1986年から一般に公開しています。これが私たちのコレクション第一号となりました。以来、世界の装飾タイルや、建築陶器・テラコッタ、古便器、土管など、人の暮らしを彩り、あるいは日本の近代的な生活を支えてきたやきものが集まり、膨大なコレクションを築いています。

近代窯業の歴史を象徴する文化財である「窯のある広場・資料館」が3年に及ぶ保全工事を経てリニューアルオープンすることを機に、これまで展示する機会が少なかった貴重な「名品」を収蔵庫から出し、常設展示品とともに展覧します。

大『名品』展―タイル・テラコッタ・古便器・土管のコレクション
【日程】2019月10月5日(土)~2020年3月31日(火)
【会場】INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」「世界のタイル博物館」企画展示室を中心に館敷地内
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)、2019年12月25日(水)~2020年1月3日(金)
【観覧料】共通入館料にて観覧可 (一般:700円、高・大学生:500円、小・中学生:250円)
【主催】INAXライブミュージアム企画委員会
【企画アドバイザー】 竹多格(タイル研究家)
【展示デザイン&会場グラフィック】 中原崇志、早川大祐、 永田耕平、丸古実 [DENBAK-FANO-DESIGN]
【公式サイト】https://www.livingculture.lixil/ilm/

NEXT
【スウェーデンの暮らし】日本から最速でヨーロッパへ。ヘルシンキヴァンター空港の「クリスマスの家」
【スウェーデンの暮らし】日本から最速でヨーロッパへ。ヘルシンキヴァンター空港の「クリスマスの家」

海外

フィンランド
PREVIOUS
愛知県・名古屋市内で御朱印巡りをしよう!名古屋市内で御朱印がいただける寺社まとめ
愛知県・名古屋市内で御朱印巡りをしよう!名古屋市内で御朱印がいただける寺社まとめ

おでかけ

愛知県・名古屋市

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

クラブナージ