素足で歩ける?!思いやりの詰まった富田製材の徹底した現場管理

注文住宅
富加町
2017.10.24

お施主さんと職人さんをつなぐ工夫

「大工・職人の私の宣言」コーナー

玄関を入ったすぐ右側にこのようなコーナーがつくられていました。

「大工・職人の私の宣言」コーナー

「大工・職人の私の宣言」コーナー。大工さんだけでなく、クリーニング業者さん、電気工事屋さんなど、このお家の施工に関わる職人さん達の宣言が掲げられています。数日しか工事期間がない業者さんなどは、タイミングが合わないと、実際に顔を合わせられないこともあります。ですので、こうしてどんな職人さん達が自分たちの家をつくってくれているのか知れるのは安心ですよね。

メッセージBox

そして、こんな心温まる仕掛けもありました。職人さんとお施主さんが手紙交換ができるメッセージBOX。この日もちょうどお施主さんからのメッセージが入っていました。気になる点や、気づいたことも、これなら気軽に伝えやすいですよね。

キャンディーボックスと救急箱

その横には、救急箱と「おひとつどうぞ」とメッセージが添えられたキャンディーボックス。この飴はお施主さんや、職人さんの熱中症対策も兼ねて置かれているそうです。

お施主さん用の現場スリッパ

こちらはお施主さん用の現場スリッパ。なんと、この刺繍は酒向社長の奥様が一つ一つ手作業で付けられているそうです。富田製材のお客様への思いやりが感じられます。(お名前のため、お見せできないのが残念です。)

現場ボード

玄関を入った正面にはこのようなボードが設置されています。今週の工事の予定、入退場記録、納品書、施工納まり図集、などがまとめられています。掃除道具同様ナンバリングがされ、綺麗に収納されています。

酒向社長:「ボードには着工式、地鎮祭などの写真を飾っています。直接お施主様とお会いしたことがない職人さん達にも、”この人たちのために家をつくっているんだ”という意識を持ってもらいたいなと思っています。」

こうした細やかな仕掛けが、お施主さんと職人さんをつなぎ、良い家づくり、良い現場づくりに結びついているんですね。また、現場を綺麗に保つ工夫も随所にされていました。

スポット詳細

【富田製材】

富田製材は創業昭和5年、宮大工だった祖父から父子3代続く老舗の工務店です。製材会社から始まったからこそ木へのこだわりは人一倍。資材一つをとっても、納得のいく地元の良質な木材を使い「本物の木の家」にこだわった家づくりをしています。家の土台づくりから設計など、ありとあらゆる工程で、妥協は致しません。家を建てられるすべてのお客様に、本物の家族の幸せを築いていただくためにも私たちは、住む人の目線で考えた丁寧で細やかな仕事を心掛けています。

ショールーム
〒501-3305
岐阜県加茂郡富加町滝田1217-7
TEL:0120-365-322

https://tomida.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット