セントレアの新スポット「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)」徹底レポート!

おでかけ
愛知
2019.03.28

航空について楽しみながら学べる
「フライトパーク」

フライトパーク

フライトパーク

フライトパーク

まずは1階と4階の展示エリア「フライトパーク」へ行ってみましょう。

中央には、ボーイング787初号機(ZA001)がどーんと、展示されています。こんなにも航空機を間近で見られる機会はなかなかありませんよね。ジャッキアップされているので、おなかの下からもじっくり鑑賞できます。

それでは、9つある体験型コンテンツを順番に体験してみましょう。

① フライ ウィズ 787 ドリームライナー

フライトオブドリームズ

フライトパークの目玉と言えるのが、787実機と館内空間をダイナミックに使用した映像と音のショー「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」。1時間に2回ほど行われます。「フライト オブ ドリームズ」の施設全体を使っているショーなので、「シアトルテラス」内からでも鑑賞できますよ!

フライ ウィズ 787 ドリームライナー

フライ ウィズ 787 ドリームライナー

無数のランタンに包まれたり、大きなクジラが泳いでいたりと、幻想的な世界に心奪われます。ショーは2種類あるので、どちらが見られるかは、そのときのお楽しみ!

受付

受付

施設内のどこからでも鑑賞できますが、おすすめの鑑賞スポットは、4階観覧エリアの飛行機正面から。こちらのコンテンツ受付で整理券を受け取ると、入場できます。

② ボーイングファクトリー

ボーイングファクトリー

ボーイングファクトリー

世界最大規模の航空機組立工場であるボーイングのエバレット工場にいるかのような体験ができるコンテンツ「ボーイングファクトリー」。実際のボーイングファクトリーも見学はできますが、撮影NGなので、このような施設はかなり貴重なのだそう!

ボーイングファクトリー

大型貨物輸送機ドリームリフターにより世界各地から輸送される部品がどのように組み立てられるのか、日々進化する製造工程を学ぶことができます。セントレアの施設ということもあり、世界中の人がわかるようにと文字の説明がありません。床に映像が表示されているので小さいお子さんでも見やすいですよね。

③ 奏でる!紙ヒコーキ場

奏でる!紙ヒコーキ場

特にお子さんに人気だという、紙ヒコーキが光に触れると色が変わって音が響く「奏でる!紙ヒコーキ場」。どうすれば紙ヒコーキが飛ぶのか、自ら手を動かし何度も試し考えながら、飛ぶしくみが学べるコンテンツです。

紙ヒコーキ

紙ヒコーキ

飛行機を折って準備完了です。

奏でる!紙ヒコーキ場

奏でる!紙ヒコーキ場

紙ヒコーキが光に触れると空間全体の色が変化し、音が響きます。ヒコーキの速度や角度によって、音や色が変わるという仕組み。床にはベルトコンベアが設置されているので、ヒコーキを回収して何回も飛ばして、どうしたら遠くに飛ぶのか何度もチャレンジしてみてくださいね!

スポット詳細

【中部国際空港セントレア「FLIGHT OF DREAMS」】
愛知県常滑市セントレア1-1-1

 

・FLIGHT PARK(フライトパーク)
営業時間:10:00~17:00(最終入場 16:30)
※土曜日は10:00~19:00(最終入場 18:30)
入場料:大人(中学生以上) 1,200円
    子ども(3歳~小学6年生) 800円
    3歳未満 無料

 

・SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)
営業時間:飲食店 10:00~22:00、物販店 10:00~18:00
※一部店舗で閉店時間が異なります。

https://flightofdreams.jp/
https://www.instagram.com/flightofdreams_official/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット