MENU SEARCH

『堀川フラワーフェスティバル2019&フォトコンテスト』が 今年も開催されます!|納屋橋・名古屋

おでかけ

名古屋市・納屋橋
2019.04.15

『堀川フラワーフェスティバル2019&フォトコンテスト』が 今年も開催されます!|納屋橋・名古屋

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋の都心を流れる堀川では、さまざまなイベントが毎月開催されていますが、この春大注目のイベント『堀川フラワーフェスティバル2019』が、2019年5月10日(金)~25日(土) 【入場無料】まで今年も開催されます。

今回は、堀川フラワーフェスティバルの見どころをご紹介いたします。

堀川フラワーフェスティバルとは?

今年で13回目を迎える堀川フラワーフェスティバル。市民の皆様に作成いただいたハンギングバスケットを納屋橋界隈の堀川沿いに飾り、 かつて桃や桜が咲き誇り「花見の名所」であった「堀川」を甦らせ、華のある憩いの時空間を創るイベントです。

春の堀川クルーズ

名古屋銘菓「納屋橋まんじゅう」を片手に、春の水上散歩をしてみませんか。

船内ガイドが堀川周辺をご案内します。船上からの風景をお楽しみ頂きながら、名古屋の街の発展を支えた「堀川」の歴史と文化、史跡などと共に、今後名古屋の貴重な水辺として期待されている「堀川」の将来についてご案内します。

集 合  :納屋橋船着き場(ピア納屋橋)
行 程  :納屋橋→松重閘門付近(東洋のパナマ運河と呼ばれた文化財)→五条橋付近(清州越しで清洲城下からやってきた橋)→納屋橋
所要時間:45分 定員20名
開催日程:5月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)
 第1便/出航10:00、第2便/出航11:00、第3便/出航12:00、第4便/出航13:00
料 金:大人1名 1,000円、小人1名 500円(小学生以下)
予約特典:乗船前日までにご予約いただいた方にもれなく、「納屋橋まんじゅう」を1個プレゼント!
申込先 :なごやんツアー(株)トラベルコンシェルジュ 
tel   :052-528-4151 営業時間:9:30~18:00 定休日:日・祝日

旅行企画・実施 トラベルコンシェルジュ(愛知県知事登録旅行業第2-1286)

申込フォームはこちら(なごやんツアーHP)

デジタルフォトコンテスト

堀川の写真を撮って応募しよう! テーマ「心地よい水辺」今年はインスタグラムからの応募もできます!堀川&納屋橋を撮った写真に「#堀川フラフェス」をつけてアップするだけでOK!

ヴェネチアン ゴンドラ乗船

花見ゴンドラ! 実際にヴェネツィアで使われていたゴンドラに乗って、花と水辺を楽しみませんか?  人気企画で例年,たくさんのお客様にご乗船いただいておりますので,ご予約をおすすめします。

運航日  :2019月4月27日(土)28日(日)5月11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)25日(土)
運航時間 :11:00~16:00(毎時00分、20分、40分出航)【雨天欠航】

運航区間 :錦橋~納屋橋間(所要時間約15分)
 運航料金:大人1名 500円、小学生以下1名 300円
 集合  :4月の運航日:ピア納屋橋船着場、5月の運航日:錦橋みのりの広場臨時乗船場ご乗船希望の方は、臨時乗船場までお越しください。(予約優先)
 申込先 :ゴンドラと堀川水辺を守る会HPをご覧ください

 <注意事項>
 1.ゴンドラは4人乗りで,定員未満の場合は相席になる可能性があります.乳幼児は無料.
 2.乗り場が通常運航のピア納屋橋ではなく,錦橋みのりの広場 臨時乗船場です.
 3.風等の自然条件により,運行経路等の変更および運休することがあります.
 4.ご予約の場合,乗船予定時刻までに乗り場にお集まりください.集合が遅れた場合,ご乗船いただけない場合があります。

NEXT
浜松ぶらり旅、週末のおでかけに「浜松」へ行こう。
浜松ぶらり旅、週末のおでかけに「浜松」へ行こう。

おでかけ

静岡県・浜松市
PREVIOUS
【今年のGWは10連休!】ゴールデンウィークに行きたい、東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ
【今年のGWは10連休!】ゴールデンウィークに行きたい、東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ

おでかけ

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

クラブナージ