MENU SEARCH

丁寧に暮らすことは一工夫、一手間かけること。「HARVA LEHTO(ハルバレヒト)」が生みだすプロダクトデザイン。

インテリア

名古屋市・大須
2018.03.01

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

おすすめ商品の紹介

店内の様子
家具は基本的に受注生産ですが、雑貨、一部の家具は店頭にてその場で購入可能です。

ここからは、ライフデザインズのスタッフ目線で気になった商品をいくつかご紹介いたします。

鳥と会話が楽しめるバードコール

HARVALEHITOバードコール
LEHTO bird call/¥2,300+tax

バードコール

職人さんが一つひとつ手作りしているバードコール。キュッキュと回すと本物の鳥の鳴き声のような音がします。実際に外で鳴らすと小鳥たちが集まってきますよ。木の種類によって音が異なるもの面白く、お子さまのプレゼントにも最適です。

細部にまでこだわったソファー

HARVALEHITO家具
カラーバリエーションも豊富。TIER sofa/¥245,000+tax〜
余白のあるデザイン
個人的には肘掛の部分にはマグカップや携帯を置いたりなどができるので便利だなと感じました。

HARVA LEHTOを代表するこちらのソファーは、シンプルながらも細部のディテールにこだわった一品。見た目のよさだけでなく、細部にさりげなく日常の動作を考慮した使いやすさを施しています。

オーダー家具
STATIC dining table/¥135,000+tax〜

手頃なサイズのダイニングチェア。1人暮らしや2人暮らしですと、このくらいのサイズ感がとてもうれしいですよね。シンプルなので、どんな空間にも美しく溶け込みます。

可変性抜群のおかもち

おかもち
すべて別売り。FLIP frame/¥8,000+tax,PLANK box/¥8,000+tax,PLANK tray/¥6,000+tax

こちらのおかもちは、デザインの美しさだけでなく可変性も抜群です。通常ですと、このように持つのが一般的ですが、持ち手を逆さにしてトレイだけを置けば……。

プロダクト製品

ちょっとしたデスクに早変わり!

プロダクト製品

その下にボックスを置けば、収納棚のような感覚でもお使いいただけます。ご家族でピクニックに行かれる際も、これさえ一つあれば、おかもちにも机、収納ケースにもなりますよね。

ブックラック
FOLIO magazine hammock¥23,000+tax〜

ブックラック

マガジンラックの上にトレイを置くことも可能。本を読みながら、その上にコーヒーやお菓子を置くことができますよね。このように、店内の商品にはさまざまな役割を持たせています。

「これとこれを合わせたら、これにも使えるかな?」なんて考え、工夫すること。これこそが、余白の楽しみ方なのだと思います。

HARVALEHITO

HARVA LEHTOが提案するインテリアは、不要なものを最大限削り落とした上で余白を残しています。私たちは、いつも必要なものは何だろうかとプラスすることを選択してしまいがちですが、必要なものだけを残していくことで、より一層空間やインテリアを美しく引き立たせることができるのだと感じました。

今後の活躍が益々楽しみなお店です。ぜひ訪れてみてくださいね。

 

NEXT
日本の手仕事ものづくりが大集合!「作り手」「伝え手」「使い手」をつなぐ『ててて見本市 @ 東京・青山』
日本の手仕事ものづくりが大集合!「作り手」「伝え手」「使い手」をつなぐ『ててて見本市 @ 東京・青山』

インテリア

東京都
PREVIOUS
大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート
大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート

ライフスタイル

名古屋市・大須
1 2 3 4

【HARVA LEHTO(ハルバレヒト)】
住所    :愛知県名古屋市中区 大須1丁目2-14 1F
電話番号  :052-212-7242
営業時間  :12:00~19:00
定休日   :日曜、月曜
web             :http://harva-lehto.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/harva_lehto/
facebook  :https://www.facebook.com/HARVALEHTO/?fref=ts

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

ile