MENU SEARCH

1日たっぷり遊べる公園&遊園地スポット!愛知県安城市にある「堀内公園」

おでかけ

愛知県・安城市
2019.05.31
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

安城市内が一望できる絶景「観覧車」に乗ってみた!

観覧車

高さ35mを誇る「観覧車」は、堀内公園の中でも一番人気の有料遊具です。てっぺんからは安城市内の風景が一望することができます。観覧車に実際に乗ってみました!(何十年かぶりに……!)

発券機

チケット

まずはチケットを購入。観覧車は1人1回100円。レトロな販売機はつい写真を撮ってしまいたくなる可愛さです。

いざ観覧車へ。筆者は子供の頃から観覧車が大好きでしたが、大人になってからあまり乗る機会がなかったのでかなりお久しぶりな観覧車です。ドキドキしながら、階段を上ります。

階段を上っていくと手すりに不思議なキャラクターが。赤色や緑色などのキャラクターがいました。

乗り場がこちら。安城市内が一望できる景色と久々の観覧車の感覚に、もう、心臓がばくばく。

スタッフさんに安城市内はどの方面から見えるのかと聞いたら、写真奥に安城市内が広がっているそう。ちなみに新幹線も見えるそうで、筆者はさらに興奮!

観覧車

スタート!!

観覧車

観覧車

だんだんと観覧車が上まで上っていきます。

観覧車

てっぺんに到着!ちょうど新幹線が止まっていました。

観覧車からの景色

これが観覧車てっぺんから見える安城市内。ビルがたくさん!!!興奮しっぱなしです。

こんな景色も体感できます。堀内公園の観覧車、100円でこんなに素晴らしい景色が楽しめるなんて、最高です!!

2017年オープン!注目の遊具をご紹介

フラワーシップ

こちらは2017年誕生した、堀内公園のシンボル船「フラワーシップ」。大きな船の形をした無料遊具です。

フラワーシップ

いろんなすべり台が組み合わせているので、子どもにも大人気です!(対象年齢:6歳以上12歳以下)

すくすくランド

こちらは無料遊具の「すくすくランド」。年齢ごとにステップを設けており、遊びながら心を育てることができる「遊育」空間です!

すくすくランド

すくすくランド

砂場もあるので親子連れで楽しむことができますよ。(3歳まで)

園内にはバードハウスも!

バードハウス

なんと堀内公園内には、公園内に生息している鳥を見ることができる「バードハウス
」もあります。クジャク、マガモなど、いろんな種類の鳥を無料で見ることができます。

自然豊かな芝生広場でのんびり過ごそう

広々とした芝生広場があるのも堀内公園の魅力。芝生広場では、お弁当を楽しむのもよし、子どもとボール投げを楽しむのもよし!開放感あふれる芝生で、ゆったりと過ごすことができます。

公園内にはたくさんの自然があります。遊んだり、散歩をしたり、ウォーキング(距離もわかるように園内にはウォーキングルートもあります!)を楽しんだりするのも◎。1日中ゆったり過ごすことができます。

いかがでしたか?堀内公園は、無料で遊べるスポットから、50円〜100円というリーズナブルに楽しめる有料遊具があったりと充実した遊び場がたくさんあります。「今週家族でどこに行こう?」と悩んだ方は、ぜひ堀内公園へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

NEXT
【後編】酵素玄米を毎日の暮らしの中に。「酵素玄米Labo」
【後編】酵素玄米を毎日の暮らしの中に。「酵素玄米Labo」

グルメ

愛知県・西尾市
PREVIOUS
今あらためて知りたい北欧食器ブランド「ARABIA」
今あらためて知りたい北欧食器ブランド「ARABIA」

インテリア

1 2

【堀内公園】
住所:安城市堀内町安下1-1
電話:0566-99-5947 
営業時間 :9:00~16:30(※夏休みの金土日は18時まで営業)
定休日:火曜
駐車場:400台(無料)
http://www.katch.ne.jp/~aichswim-hp/index.html

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

エネファント