MENU SEARCH

1,400㎡の倉庫をリノベーションで活用。クリエイターズ集団がつくるシェアオフィス『ジユウノハコ』

住まい

名古屋市・中村区
2017.12.26

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

開放的なガラス張りの会議スペース

ガラス張りの会議スペース
エントランス同様、黒と白でシンプルに。

ガラス張りの会議スペース

キッチンの向かい側には、ガラス貼りの開放的な会議スペース。エントランスと同じく、アルミサッシが使われているので、統一感が生まれます。65インチのモニターは、WEB会議などで活用されています。

より自由に、より仕事ができる空間に

OSBボードで制作した収納付きベンチ

より自由に仕事ができる空間をテーマに、各所に遊び心を忘れず、かつ、仕事が捗る工夫が散りばめられています。例えば、壁一面にはOSBボードで制作した収納付きベンチを設置。OSBボードとは、木片を圧縮した木質ボードのことで、構造用面材や屋根材としても使用されます。下には人口芝を敷き、アウトドアブランドsnowpeakの折りたたみチェアを置き、アウトドアな空間を演出。オフィスの一角にはハンモックも置かれていました。スタッフさんの休憩場所になっているそう。

65インチのモニター
右側にある電話ボックスは社長さんがオークションで買ったそう。大事な電話の際などにとっても便利。シェアオフィスならではの工夫が嬉しいです。

オフィスの一角には、65インチのモニターを4台壁掛けにして設置。連動した映像を流せます。その他にも、打ち合わせやWEB会議などにも活用されています。

開放的な大空間

シェアオフィス『ジユウノハコ』広すぎて間延びしてしまわないようデザインした照明計画もポイント。暖色系の蛍光灯を繋げるように取り付けています。
ライティングレールで箇所箇所にスポットライトライティングレールで箇所箇所にスポットライトを配置。

天井は全て取り壊し高さを演出。壁は、経年劣化による傷みを補修して、白塗装で仕上げてあります。デスクスペースの床は、OAフロアになっています。OAフロアとは、配線をスッキリさせるため、床の上に一定の高さの空間をとり、その上に別の床を設けたものです。素材には、コンパネと呼ばれる型枠用の合板を使用し、コストダウンを図りました。少し赤みのある塗装で、よりナチュラルな雰囲気に仕上げられています。

NEXT
「調和する暮らし」とは。岡崎の小さなインテリアショップFILT.

インテリア

愛知県・岡崎市
PREVIOUS
TRIMSO(トリムソウ)オーナー家久さんにインテリアの魅力について伺ってきました

インテリア

愛知県・春日井市

【ネクストカラーズ株式会社(NextColors株式会社)】
住所  :愛知県名古屋市中村区太閤3丁目7番76号 2F
営業時間:10:00〜18:00
定休日 :水曜日
http://nextcolors.com/
webサイトでは、ネクストカラーズの施工事例をチェックできますよ。

 

【ジユウノハコ】
住所:愛知県名古屋市中村区太閤3丁目7番76号
電話番号:052-433-1828
(電話でのお問い合わせ:月・火・木・金 10:00〜19:00)
https://jiyunohako.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

特集一覧へ

エネファント