MENU SEARCH

高蔵寺ニュータウンの空き家をリノベーション。若い世代が住みやすいまちづくりを目指して(TRIMSO(トリムソウ))

住まい

名古屋市・高蔵寺
2018.06.11

高蔵寺ニュータウンの空き家をリノベーション。若い世代が住みやすいまちづくりを目指して(TRIMSO(トリムソウ))

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

以前も記事でご紹介した春日井市勝川町のインテリアショップ「TRIMSO(トリムソウ)」。TRIMSOでは家具だけに止まらず、多くのリノベーション物件も手がけています。

今回は、そんなTRIMSOが「高蔵寺まちづくり会社」とタッグを組んだ物件が高蔵寺ニュータウンにあるとの情報を聞きつけ、早速取材に行って来ました!まずは、物件紹介の前に高蔵寺ニュータウンについて説明します。

▼TRIMSOの以前の記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/shop_trimso/

高蔵寺ニュータウンとは?

高蔵寺

高蔵寺ニュータウンは、愛知県春日井市東部の丘陵地帯に建設されたニュータウンです。CMでも同じみの、UR都市機構が手がけた最初のニュータウン開発事業であり、東京の多摩・大阪の千里ンと並ぶ日本3大ニュータウンの一つ。

高蔵寺ニュータウンの建設がスタートしたのは、1960年代。東西約4km・南北約4kmの丘陵地帯を切り拓いて築き、団地と戸建て住宅が半々ぐらいの割合で立ち並んでいます。周辺環境はとても恵まれており、緑が多く静かで、道路も非常にきれいに整備されているため、お子さんを育てやすい住環境が整っています。高蔵寺駅からは名鉄バスが循環しており、利便性も非常に優れています。

人生フルーツ

画像引用元:http://life-is-fruity.com/sp/

最近では、高蔵寺ニュータウンに暮らす老夫婦の暮らしを追ったドキュメンタリー映画『人生フルーツ』でも話題になり、再び注目を集めているので、ご存知の方も多いかもしれません。

近年は人口減少や高齢化、空き家問題を指摘されていますが、そこで暮らす人々は住環境に満足していると言われています。現在、高蔵寺ニュータウンでは空き家をリノベーションしていくことで、町に活気を取り戻し、これからの若い世代も住みやすい環境づくりを目指しています。

築36年の日本家屋をリノベーション

高蔵寺ニュータウン

そして今回、公団住宅含めた周辺の空き家問題を、春日井市民の手で解決しよう!とスタートしたのが、TRIMSOが施工に携わったプロジェクトです。

今回お話を伺った左:TRIMSOの家久さん  右:高蔵寺まちづくり会社の石川さん今回お話を伺った左:TRIMSOの家久さん  右:高蔵寺まちづくり会社の石川さん

この企画は春日井市や春日井商工会議所等が出資し、昨年10月2日に設立した「高蔵寺まちづくり株式会社」が一般市民からDIYをしてみたい方を募り、自分たちの手で一緒につくり上げることで、空き物件を生かして町を活性化していくことを目的としています。

それでは、ここからは改修前と比較しながら物件を見ていきましょう。

NEXT
「しげんカフェ」を中心に、地域の”あったらいいな”を集めた複合施設。パンとみんなとしげんカフェ「ソーネŌZONE(おおぞね)」
「しげんカフェ」を中心に、地域の”あったらいいな”を集めた複合施設。パンとみんなとしげんカフェ「ソーネŌZONE(おおぞね)」

カフェ

名古屋市・北区
PREVIOUS
素材の持つ質感と形の調和を追求した国産材の家具。稲熊家具製作所
素材の持つ質感と形の調和を追求した国産材の家具。稲熊家具製作所

インテリア

名古屋市・南区

【グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)(指定管理者:高蔵寺まちづくり株式会社)】
住所   :愛知県春日井市藤山台1-1
電話番号 :0568-37-4919
営業時間 :9:00-20:00
定休日  :月曜日
http://kozoji-nt.com/gruppo/

 

【TRIMSO(トリムソウ)】
住所   :愛知県春日井市市勝川町2-6-9
電話番号 :0568-36-9730
営業時間 :日曜・祝日 11:00〜18:00 平日:11:00~17:00
営業日  :毎週日曜日、月曜日、火曜日、水曜日
web :http://trimso.net/
Instagram:https://www.instagram.com/trimso/
facebook :https://www.facebook.com/trimso

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

アルボ