MENU SEARCH

高蔵寺ニュータウンの空き家をリノベーション。若い世代が住みやすいまちづくりを目指して(TRIMSO(トリムソウ))

住まい

名古屋市・高蔵寺
2018.06.11

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

廃校になった小学校を市民が集える場へ
『グルッポふじとう』

グルッポふじとう

高蔵寺ニュータウン内では新たな取り組みとして、閉校となった校舎を改装した「学びと交流センターグルッポふじとう」が誕生しました。こちらの施設は「まなび」「交流」「居場所」をコンセプトにした多世代交流拠点施設となっています。「高蔵寺まちづくり会社」の事務所も校舎の3階に入っています。

グルッポ「グルッポふじとう」館内の様子

施設には図書館、児童館、カフェ、地域包括支援センターが併設。旧小学校の教室床や机をそのまま使用するなど、小学校の記憶を残しつつも、リノベーションによって新しい姿へと生まれ変わっています。

グルッポ会議室の机と椅子は、旧小学校の教室で実際に高学年の生徒が使用していた物を活用。
グルッポ東部市民センター図書室から拡充整備された図書館。1階から3階までさまざな書籍を楽しむことができます。
グルッポ日替わり定食800円

カフェスペースは朝から夕方まで営業しています。カフェの営業はモーニングが10時まで、ランチは11時〜14時まで。土曜日のみお酒も楽しめるバルとして夜の営業もしています。

メニューは和食から洋食まで幅広く取り揃えているため、老若男女が楽しめるように工夫されています。本格的なピザ釜もあるので、みんなでシェアしながら楽しまれてる方もいました。

実際に、私たちが訪れた人も年齢問わず多くの方が施設を利用されていましたよ。このように地域の方が気軽に集える場があるのはとてもうれしいですよね。

高蔵寺ニュータウン

今回の取材を通して、高蔵寺ニュータウンは、とても住みやすい街であることがわかりました。電車で乗り換えなしの30分弱で名古屋駅に行けるのにも関わらず、自然が豊かで、住環境施設もしっかりと整っています。

お子様が生まれたとき、今自分たちが住んでる場所は本当に子育てがしやすいのか。家づくりはデザインや性能だけでなく、住む場所もとても大切な要因です。ご家族でどんな暮らしがしたくて、どんな家に暮らしたいのか(戸建?マンション?)ご家族で考えてみてはいかがでしょうか。

NEXT
「しげんカフェ」を中心に、地域の”あったらいいな”を集めた複合施設。パンとみんなとしげんカフェ「ソーネŌZONE(おおぞね)」
「しげんカフェ」を中心に、地域の”あったらいいな”を集めた複合施設。パンとみんなとしげんカフェ「ソーネŌZONE(おおぞね)」

カフェ

名古屋市・北区
PREVIOUS
素材の持つ質感と形の調和を追求した国産材の家具。稲熊家具製作所
素材の持つ質感と形の調和を追求した国産材の家具。稲熊家具製作所

インテリア

名古屋市・南区
1 2 3 4 5 6

【グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)(指定管理者:高蔵寺まちづくり株式会社)】
住所   :愛知県春日井市藤山台1-1
電話番号 :0568-37-4919
営業時間 :9:00-20:00
定休日  :月曜日
http://kozoji-nt.com/gruppo/

 

【TRIMSO(トリムソウ)】
住所   :愛知県春日井市市勝川町2-6-9
電話番号 :0568-36-9730
営業時間 :日曜・祝日 11:00〜18:00 平日:11:00~17:00
営業日  :毎週日曜日、月曜日、火曜日、水曜日
web :http://trimso.net/
Instagram:https://www.instagram.com/trimso/
facebook :https://www.facebook.com/trimso

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

ALESCO