MENU SEARCH

蔵前おすすめショップ6選|東京のブルックリン「蔵前」はクリエイティブな人たちが集まる街でした。

おでかけ

東京都
2018.05.29

蔵前おすすめショップ6選|東京のブルックリン「蔵前」はクリエイティブな人たちが集まる街でした。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

東京といえばどこを思い浮かべますか?「原宿」「浅草」「お台場」たくさんの観光スポットがありますよね。そんな、数ある東京の名所の中でも、おしゃれな人たちから注目を集めているスポットが「蔵前」です。

蔵前は浅草の南、隅田川の右岸に位置しています。古くは、江戸時代に徳川幕府の米を収蔵する御米蔵があったことで御蔵前(おくらまえ)と呼ばれるようになったことが地名の由来となっています。

昔から製造業が盛んで、工場や問屋が多く「ものづくり」の街とされてきたエリアですが、近年では、若手クリエイターやオシャレな店舗、ゲストハウスなどが増え「東京のブルックリン(※ブルックリンもつくり手が集まる街「メイカーズ」として有名なことから。)」と呼ばれるほどです。今回は、そんな蔵前で注目の場所をライフデザインズ目線でお伝えしていきます。

スカイツリーを見ながら食事が楽しめる
リバーサイドカフェ「シエロイリオ」

シエロイリオ

ピンクのガラスファサードが印象的な建物シエロイリオ。築40年のビルをリノベーションして誕生した、食とアートの複合商業施設「MIRROR」の中にあります。

7階建てのビル内には、1〜3階にかけて「シエロイリオ」とギャラリー、4階には卓球が楽しめるバーの「リバヨン」、5階にはパーティールームの「ゴカイ」、6階にMIRRORのオフィス、7階はルーフトップバーの「プリバード」と、バラエティ豊かな店舗が入居しています。

浅草橋隅田川沿いにあるので、川とスカイツリーを眺めながら食事を楽しむことができます。
シエロイリオ店内はコンクリート打ちっぱなしに。デザイナーズ&アンティーク調の家具が置かれたおしゃれな空間が広がっています。
シエロイリオシエロイリオの入口にあるピンク色のファサードは、東京の東と西側を「新・旧」に例えて東京の世界観を表しているそう。

この建物はもともと楽器店の倉庫として使われていたそうです。リノベーションをする前は川沿いにあるにも関わらず窓がなく、窮屈な空間だったとのこと。せっかくの好ロケーションを活かさない手はないと考え、川側は一面ガラス窓に。その結果一年を通して隅田川を一望できるうえ、夏には隅田川花火大会を観ることができる絶好のスポットとなっています。

シエロイリオシエロイリオ 日替りランチ900円(税込み)
シエロイリオオープンブレッドランチ20食限定 980円(税込み)
シエロイリオ日替りパスタランチ900円(税込)

1階と3階合わせて180席を超える客数があり、 新鮮なお野菜と季節の食材にこだわる自慢の料理を楽しむことができます。

人気の日替わりランチは常時8種類取り揃えられています。天気の良い日には、テラス席でスカイツリーを眺めながら、ゆっくりとランチもおすすめです。

【Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロイリオ)】
営業時間:月~金 ランチ 11:30~15:00(L.o.)、ディナー 17:30~22:00(L.o.)、カフェ 11:30~22:30(L.o.)/土・日・祝 ランチ 11:00~15:00(L.o.)、ディナー 17:30~22:00(L.o.)、カフェ 11:00~22:30(L.o.)

定休日:なし
公式サイト:http://www.cieloyrio.com/

倉庫をリノベーションしたゲストハウスNui.

nui

nui
Nui.は蔵前駅から徒歩5分、隅田川の一本手前の道沿いにあります。

Nui.は台東区のゲストハウス「toco.」京都の「Len」東日本橋の「CITAN」を経営するバックパッカーズジャパンが手がけるゲストハウスです。2012年にオープンしたNui.はゲストハウスブームの先駆け的存在でもあります。

この場所を選んだのは、宿泊施設としてアクセスが良く、自分たちの作りたい空間が実現できる場所を探していたら、たどり着いたのが蔵前だったそう。

nui 店内バーカウンターは北海道のニセコから運んできたイシナラ、キハダ、タモの木が奥のキッチンカウンターまで連なる。あえて枝の一部を残し、もたれかけられるようにしたのもポイント。

中に入ると、真っ先にシンボルツリーが目に入ります。1階はエントランスとバー、2〜5階が宿泊施設となっています。各フロアにツイン、ダブル、8名ドミトリータイプの客室があり、計100名を収容することが可能。正面のガラス扉を開けると多国籍感溢れるおしゃれな空間が広がります。

nuiコーヒーBARで提供するコーヒーは、「オニバスコーヒー(onibus coffee)」の豆を使用。

店名は機械的になるのではなく人の手で丁寧な仕事をしていく、「手縫い」という意味を込めて「Nui.」と名付けたそうです。

1階のラウンジは日中は美味しいコーヒーが飲めるカフェとして。夜はさまざまな人がふらっと立ち寄れるバーとして営業。店内では焼き立てのパンとグラノーラ、パウンドケーキなども取り揃えています。夜のディナータイムでは、特定の国の料理と言うよりは、単純においしいと思った物を中心に提供されています。

nui

nui

こちらのビルはもともとは江戸時代から続く、老舗おもちゃ屋の倉庫でした。築50年の建物と現代風にリノベーションされた空間が上手く調和しています。新しさの中に、どこか懐かしさも感じる落ち着く空間です。

タイルレトロなタイルが空間のアクセントになっています。
天井開放感のある高い天井。倉庫時代の面影も残っています。
立ち飲み

立ち飲みする動きのある場所。テーブル席のある少しゆっくり話せる場所。ソファ席のある長時間ゆっくり話せる場所。エレベーター前の人が行き交う交差点のような場所。といったように空間を4つに分けることで、幅広いジャンルの人たちがNui.を楽しむことができるようにと工夫されています。

NUI

国籍問わずさまざまな人が集まるNui.は店内に入ると非日常を味わうことができます。昼夜問わず、ふらっと立ち寄りたくなる場所です。

【Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE】
住所:東京都台東区蔵前2-14-13
電話番号:03-6240-9854
営業時間:カフェ 8:00~18:00、バー 18:00~25:00(L.O.24:30)
/チェックイン 16:00~23:00、チェックアウト ~11:00
定休日:無し
公式ホームページ:https://backpackersjapan.co.jp/nuihostel/

NEXT
「かご屋moily(モイリー)」カンボジアの村人がつくり出す天然素材のかご。
「かご屋moily(モイリー)」カンボジアの村人がつくり出す天然素材のかご。

インテリア

岐阜県・不破郡
PREVIOUS
店主がカフェと工房をセルフビルド。のどかな田園風景の中で、つくる楽しさを体験できる「木工房&カフェ 結(むすび)」
店主がカフェと工房をセルフビルド。のどかな田園風景の中で、つくる楽しさを体験できる「木工房&カフェ 結(むすび)」

インテリア

岐阜県・不破郡

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

アルボ