ベトナム・ホーチミンに来た時に必ず訪れたい人気カフェ&ショップ「L’Usine(ルージーン)」

2018.7.13
L'Usine(ルージーン)

「わざわざ行きたい!世界の建物&インテリア探訪」シリーズ。

 

今回は、ベトナム・ホーチミンに観光で行った際は、必ず訪れたい人気カフェがあります。名前は「L'Usine(ルージーン)」。インテリアも参考になるこのカフェを今回はじっくりご紹介したいと思います。

 

ベトナム・ホーチミンの目ぬき通りである「ドンコイ通り」白い建物はオペラハウスです。

 

ベトナム・ホーチミンの目ぬき通りである「ドンコイ通り」。ドンコイ通りはフランス統治時代からある通りで、この通りには高級ホテル、高級ブランドショップやおしゃれな雑貨やお土産ショップが立ち並んでいる通りです。

 

ドンコイ通り

 

このドンコイ通りからちょっと入ったところに「L'Usine(ルージーン)」はあります。どこから入るかと言うと…。

 

ルージーンの入り口

 

なんとここから入ります。初めてベトナムに来た人だとちょっと入るのをためらってしまうような入り口です。しかし、ドキドキする心を抑えて、中に入って行ってみましょう。

 

ルージーンの入り口

 

入ってから右に曲がるとこんな感じです。さらに不安になってくる光景ですが、どんどん突き進んでいきましょう。

 

「L'Usine(ルージーン)」までの矢印

 

突き当たると壁には「L'Usine(ルージーン)」までの矢印が!あとちょっとです!

 

ルージーン

 

2階に登ると急におしゃれになってきました。まっすぐ行って左側が「L'Usine(ルージーン)」になります。

 

「L'Usine(ルージーン)」の扉

 

「L'Usine(ルージーン)」の扉です。とても背が高い扉で3メートル以上はあります。早速中に入っていきましょう。

 

L'Usine(ルージーン)

 

中に入ると一気にスタイリッシュな空間が広がっています。今までの道のりの雰囲気との落差がさらにこの内装を引き立ててくれているような気がします。

 

フランス統治時代を彷彿とさせるコロニアル様式の内装に、古材の大きなテーブルとアイアンのチェアが、レトロながらもモダンな雰囲気を作り出しています。扉も背が高かったのと同様に天井が非常に高く、開放感のある空間となっています。内装の参考になるところとして、天井が高いと空間に余裕ができるので、スタイリッシュな空間にしていきたいときは、天井高をとったほうがいいですね。フランス統治時代の建物は、天井高が高く作られています。理由はエアコンがない当時は天井高を高くして、暑さ対策をする必要があったからです。

 

カフェスペース

 

こちらはカフェの別のスペースです。トイレのドアがレトロで可愛いですね。

 

イングリッシュブレックファースト

 

今回は、ここで人気のイングリッシュブレックファースト(200,000ドン / 約 1000円)とマンゴースムージー(85,000ドン / 約420円)を注文しました。イングリッシュブレックファーストには、ベーコン、ソーセージ、マッシュルーム、豆、ブレッドと卵料理がついてきます。卵料理は、自分の好きなスタイル(目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ)にしてくれます。マンゴースムージーは、マンゴーを丸ごとすり潰すのでとても濃厚で美味しいです。

 

雑貨コーナー

 

カフェの奥には、雑貨、インテリア、服を売っているショップも併設しています。ついでに併設しているレベルではなく、カフェスペースよりも広く、見応えのあるショップです。ベトナムのアイテムを中心としながらも、世界中からセンスのいいアイテムがセレクトされています。ちょっとショップを探検してみましょう。

 

COCHINE SAIGONのキャンドルキャンドルは1個1,240,000ドン(約6000円)

 

今回は、フレグランスやキャンドルを大々的に展開していました。こちらはMade in Vietnamのブランド「COCHINE SAIGON」。(SAIGON(サイゴン)は、ホーチミンの昔の都市名です。)どのキャンドルもとてもいい香りを放っています。

 

雑貨コーナー

 

カトラリーセットナイフ、フォーク、スプーンセットが798,000ドン(約4000円)

 

こちらはレディースエリア。服と一緒にカトラリーも取り揃えています。

 

「L'Usine(ルージーン)」のトートバッグ


「L'Usine(ルージーン)」のトートバッグもあります。こちらは小さいトードバッグだと420,000ドン(約2000円)からです。ベトナム在住者だと、ルージーン=おしゃれなので、このトートバッグを持っていると「いいな〜」と羨ましがられるアイテムです。

 

メンズエリア

 

メンズエリア

 

こちらはメンズエリア。什器も昔のミシンや床屋のイスなどを使っていて、おもしろいですよね。家でのインテリアの参考になります。

 

モノポリー

 

1880年のフランス統治時代のサイゴン(現ホーチミン)のマップを再現したモノポリー(800,000ドン / 約4000円)も売っていました。今でも残っている通りもたくさんあるので、1880年の通りと現在の通りがどのように変わったのかをチェックするのも面白いです。

 

フードエリア

 

こちらはフードエリア、厳選したお茶やドライフルーツなどが売っています。

 

ドライフルーツとジャム

 

こちらはパッションフルーツ、マンゴー、パイナップルのドライフルーツとジャムです。

 

ベトナムの各都市(ダナン、ダラット、ニャチャン、ハノイ)のお茶

 

こちらは、ベトナムの各都市(ダナン、ダラット、ニャチャン、ハノイ)のお茶。パッケージもスタイリッシュなので、味で選ぶか、パッケージで選ぶか悩めるところです。

 

MAROU(マルゥ)

 

こちらは、Made in Vietnamのチョコレート「MAROU(マルゥ)」。ベトナム産のカカオに魅せられたフランス人2名がベトナムで立ち上げたブランドです。カカオの味をしっかり堪能してほしいということで全ての商品がカカオ70%以上です。パッケージもおしゃれで、お土産に買っていくと喜ばれる一品です。(ベトナムのお土産にはあまりセンスの良いものがないのが実情ですが、マルゥはとてもハイセンスです。)

 


私も家ではキャンドルを集めるのが趣味なので、個人用に「COCHINE SAIGON」のキャンドル、VOLUSPAのキャンドル、ルージーンのトートバッグを購入しました。キャンドルはとてもいい匂いなのと、トートバッグは普段使いに重宝しそうです。

 

 

いかがでしたか?今回は、ベトナム・ホーチミンのおしゃれなカフェ&ショップ「L'Usine(ルージーン)」をご紹介しました。ホーチミンを訪れることがあったらぜひ行ってほしい場所ですし、写真からでも内装やインテリアの参考になることがあったのではないでしょうか?「L'Usine(ルージーン)」は、このドンコイ通り以外にも、レロイ通り、レタントン通りにもあり、どの店舗もハイセンスなので、全部回ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

L'Usine(ルージーン)
151/5 Đồng Khởi, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh
Tel:+84 28 6674 9565
営業時間 7:30 am 〜 10:30 pm
http://lusinespace.com/