MENU SEARCH

大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート

ライフスタイル

名古屋市・大須
2018.03.01

大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

先日、オリジナルプロダクトの製造 ・ 販売を行う家具ブランド「HARVA LEHTO(ハルバレヒト)の大須のショールームにて味噌作りのワークショップが開催されました。

講師は愛知県を中心に活動する店舗を持たない「おにぎりやさん」の店主であり、雑誌や広告などで編集執筆業を行う、杉江さおりさん。ワークショップを通して日本人のソウルフード「おにぎり」と「みそ汁」の魅力を伝えています。ライフデザインズも味噌作りに初挑戦してきました。

▼HARVA LEHTOの紹介記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/harva-lehto/

味噌ワークショップおしゃれな店内でのワークショップは心が躍ります。手前の甕が今回使用する甕です。
甕色はホワイト、ブルー、ブラウンの3色で、優しい色合いです。

今回の味噌作りでは、この甕を使用しました。この甕は常滑市の工房「山源陶苑」の「TOKONAME」というプロジェクトで、常滑焼の伝統を時代の変化に合わせて継承していくこのプロジェクトのプロダクトは、現代の生活や住まいにもマッチするシンプルでモダンなデザインです。

味噌作りもタッパーやプラスチック容器でやるよりもセンスのいい容器でやったほうが俄然テンションが上がってきますよね。

味噌ワークショップ

それでは、味噌作りワークショップのスタート!杉江さんからの今回のワークショップについて説明してもらいました。「手前味噌」の語源のように昔は各家庭で手間と時間をかけて作られていました。

私の家でも祖母が梅干しや漬物、味噌、ぶどう酒(!)まで自家製で作っていました。いつの間にかスーパーで味噌や梅干しを買うようになり、食べ物が簡単に手に入るようになって、食べ物へのありがたみが薄れていっているように思います。

本来おいしい食べ物を作るのは手間ひまがかかる、自家製ができることによって食べ物への感謝と愛着が湧くことをこのワークショップで学べそうです。

味噌ワークショップ 材料

材料はこちら。大豆、糀(こうじ)、塩になります。このすり鉢も常滑のすり鉢一筋の工房「すり鉢屋(ヤマセ製陶所)」のもの。こちらもシンプルで無骨ながらも温かさがあるデザインです。大豆は、事前に杉江さんが4時間ほど煮てきてもらったのを使用しました。

大豆

ツヤツヤで綺麗な大豆です。硬さは親指と小指でつぶれるくらいの硬さです。

NEXT
丁寧に暮らすことは一工夫、一手間かけること。「HARVA LEHTO(ハルバレヒト)」が生みだすプロダクトデザイン。
丁寧に暮らすことは一工夫、一手間かけること。「HARVA LEHTO(ハルバレヒト)」が生みだすプロダクトデザイン。

インテリア

名古屋市・大須
PREVIOUS
ここがリサイクルショップ?小牧にあるリサイクルショップ『RE SQUARE BANUL(リ・スクエア・バナル)』はリサイクル業界のニュージェネレーション
ここがリサイクルショップ?小牧にあるリサイクルショップ『RE SQUARE BANUL(リ・スクエア・バナル)』はリサイクル業界のニュージェネレーション

インテリア

愛知県・小牧市

【HARVA LEHTO(ハルバレヒト)】
住所   :愛知県名古屋市中区 大須1丁目2-14 1F 
電話番号 :052-212-7242
営業時間 :12:00~19:00
定休日  :日曜、月曜
web :http://harva-lehto.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/harva_lehto/
facebook :https://www.facebook.com/HARVALEHTO/?fref=ts

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

ホームページ制作 アライブ株式会社