これがミツカンの博物館?!楽しみながらお酢を学べる「ミツカンミュージアム(MIM)」

おでかけ
愛知
2019.01.29

日本の食文化に触れる
「水のシアター」

水のシアター

水のシアター

「水のシアター」は、映画館のような空間でした。ミツカングループのグループビジョン・スローガン「やがて、いのちに変わるもの。」を表現した映像が映し出されます。

楽しくお酢造りを学べる
「光の庭」

光の庭

最後は「光の庭」ゾーンへ。さまざまな体験を通して、食の魅力を楽しく学ぶことができます。おそらくお子さんはこのゾーンが一番テンションがあがるのではないでしょうか。

お酢ドリンクバー

まずは「お酢ドリンクバー」。お酢ドリンクのはちみつりんごと、ブルーベリーをいただいました。(なんとおかわり自由!)

すし大陸

すし大陸

そしてまず目に飛び込んできたのは、大量の握りずし!

「すし大陸」と名付けらたテーブルには、20種類以上の握りずしが1,000貫以上並びます。テーブル側面の引き出しの中は、すしの豆知識が紹介されていました。フォトスポットとしても大人気。

味ぽんスタジオ

続いては、「マイポン酢」がつくれる「味ぽんスタジオ」へ。味ぽん(¥200)を購入しスタートです。

4種類のラベルデザインから好みのものを選びます。「はい、ポーズ!」。

マイポン酢

マイポン酢

購入した「味ぽん」にラベルシールを貼り、「マイポン酢」の完成です。おしゃれな箱も付いているので、お土産にもよさそうですよ。

なりきりすし屋さん

なりきりすし屋さん

こちらは「なりきりすし屋さん」ブース。紙粘土をしゃりに見立てて、すしを握ります。「へい、お待ち〜〜〜!」という掛け声とともに、すし下駄へ。すしの握り方を楽しみながら学べると、お子さんたちに大人気でした。

なべエクササイズ

他にも、ダンスのように身体を動かすゲーム「なべエクササイズ」や、

フォトすポット

自分の身体を使って「す」の文字を完成させる「フォトすポット」なんかもあります。こちらはSNSでもお馴染みですよね。

ここでしか買えないアイテムも!
ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

最後は、ミュージアムショップへ立ち寄りましょう。ミツカン創業のお酢「三ツ判山吹」や、ここでしか買えない数量限定醸造のお酢「千夜」といったプレミアムなお酢もありますよ。エントランスとつながっているので、ツアー参加者ではなくても立ち寄ることも可能です。

ミツカン創業のお酢「三ツ判山吹」ミツカン創業のお酢「三ツ判山吹」

「ミツカンミュージアム」オリジナルグッズ

「ミツカンミュージアム」オリジナルグッズ
「ミツカンミュージアム」オリジナルグッズも。

ミツカンミュージアム

想像以上にボリューム満点の見学ツアーでした。ガイドツアーと聞くと、少し小難しい印象がありましたが、終始楽しく過ごすことができました。これだけの内容で、入場料300円はお得すぎます!

大人だけでなく、子どもも、家族みんなで学べる博物館です。楽しくミツカンの歴史や、酢造りの奥深さを学んでみませんか。ミツカンは「半田赤レンガ建物」や、半田の食文化とも深いつながりがあります。半田へおでかけの際には、ぜひ最初に立ち寄っていただきたいスポットです。

スポット詳細

【ミツカンミュージアム(MIM)】※見学は事前予約制となっています。
住所   :愛知県半田市中村町2-6
電話番号 :0569-24-5111
営業時間 :9:30〜17:00
定休日  :木曜日(木曜日が祝日の場合は開館、翌金曜日が休館)、年末年始
駐車場  :第一 約40台 、第二 約100台(バス8台有)

http://www.mizkan.co.jp/mim/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット