MENU SEARCH

中華&洋食のランチが楽しめる。覚王山のビストロカフェ「REMPRIRE(ランプリール)」

カフェ

名古屋市・覚王山
2018.11.12

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

月替わりのランチメニュー

ランチメニュー(¥1,600)は月替り。11月は「シーフードミックスフライ」「選べる五目あんかけランチ」「名古屋コーチンの卵のとろとろオムライス」の3種類でした。ジャンルの異なる料理から選べるのもうれしいですよね。ランチにはすべてスープ・本日のデリ2種・デザート・ドリンクがつきます。

「お子様セット」「お子様うどん」など、キッズメニューが豊富なのもポイント。

かぼちゃのポタージュ

この日のスープは「温かいかぼちゃのポタージュ」でした。やさしくほっこりする味わいです。

ランチメニュー

2種類のデリは日替わり。この日は数種類のきのこが入ったソテーと、茄子の中華風揚げびたし。野菜を美味しくたっぷり取れるのはうれしいですよね。

シーフードミックスフライ

メインの1つ目は「シーフードミックスフライ」をいただきました。

自家製のカニクリームコロッケ、エビフライ、広島産カキフライのセット。オリジナルの、タルタルソースとトマトソースをたっぷりとつけて。フライはどれも衣がサックサクで、ぺろっと食べられちゃいました。特にカニクリームコロッケは蟹がたっぷりと入っていて食べ応え抜群。なかなかこの味は家庭ではつくれません。

苦手なフライがある場合は、別のものに変えていただくことも可能だそうです。

五目焼きそば

メインの2つ目は「五目あんかけ揚げそば」をいただきました。

ごはん・焼きそば・揚げそばから選べます。今回は1番人気だという「揚げそば」をチョイスしました。太めの麺に、具だくさんのあんが絡んで、これはおいしい。10年間、中華料理の修行されたシェフだからこその味わいです。カフェでこんなにも本格的な中華が味わえるとはうれしい驚きでした。

昔ながらのカスタードプリン バニラ添え

デザートは「昔ながらのカスタードプリン バニラ添え」を。名古屋コーチンの卵を使用した、味わい濃厚なカスタードプリンは、懐かしくほっこりしました。

黒ごまプリン

こちらは「黒ごまプリン」。底に黒ごまのペーストが敷いてあるので、ごまのつぶつぶ感を楽しめるプリンです。

ランチに「+300」で、デザート盛り合わせに変更することも可能。その他にも、「ベイクドチーズケーキ」「鉄板フレンチトースト」などにアップグレードもできますよ。甘い好きの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

引用元:https://www.instagram.com/remprire/?hl=ja

お店入ってすぐのレジ付近は、作家さんの作品を販売するコーナーになっていました。ランプリールの雰囲気に合った、ほっこりしたラインアップでしたよ。

REMPRIRE(ランプリール)

駅から5分ほどの場所ですが、店内は落ち着いた雰囲気でとても居心地よく過ごせました。少人数やおひとり様でのランチやティータイムによさそうです。

今回はランチをご紹介しましたが、ディナータイムには、中華と洋食のエッセンスが組み合わさったアラカルト料理に加え、奥出雲ワイナリーのワインやシャンパンなどのお酒も提供しています。予約制のシェフのおすすめコースもあるので、大人な時間を過ごす場所としてもおすすめですよ。

NEXT
片付けで生活が豊かになる!「HAND」岡本さんに聞いた、整理収納5つのコツ(後編)
片付けで生活が豊かになる!「HAND」岡本さんに聞いた、整理収納5つのコツ(後編)

住まい

PREVIOUS
【文化のみちを歩こう】日本初の女優・川上貞奴が暮らした大正ロマンの館「二葉館」
【文化のみちを歩こう】日本初の女優・川上貞奴が暮らした大正ロマンの館「二葉館」

おでかけ

名古屋市・東区
1 2

【remprire(ランプリール)】
住所   :愛知県名古屋市千種区山添町1-11-1
営業時間 :ランチ 11時〜16時|カフェ 11時〜17時|ディナー 17時〜22時(L.O20時半)
定休日  :日曜日

https://www.instagram.com/remprire/?hl=ja
https://ameblo.jp/remprire

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

チャリチャリ