MENU SEARCH

【さかな屋のお嫁さん家 10月の食卓】旬のお魚で味わう秋ごはん

グルメ

愛知県・蒲郡市
2018.10.22
神田ひかり

神田ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

【さかな屋のお嫁さん家 10月の食卓】旬のお魚で味わう秋ごはん

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県三河湾、東幡豆漁港のさかな屋に嫁いで10年目。たくさんのさかなと出会い、毎日様々な料理にチャレンジしています。そんなさかな屋の嫁の食卓をちょっと覗いてみませんか?その時期の旬のさかなを料理する中で出会った人や文化、愛用している道具や調味料など。皆さんのキッチンや食卓が少しでも明るくなるような情報をご紹介します!この食卓を見て「おさかな食べたいなぁ」って思ってもらえると嬉しいです。

カワハギの煮つけとモガニのすずみそ汁

カワハギの煮つけとモガニのすずみそ汁

・愛知県産カワハギの煮付け
・愛知県産モガニのみそ汁(すずみそ)
・煮付け汁で作ったれんこんきんぴら
・国産まつたけのホイル焼き
・蒸し野菜(自家製3種タレーぽん酢、ゴマだれ、ジェノバソースー)

涼しくなってきてカワハギが出てきましたよ。我が家でカワハギはやっぱり煮つけですね!カワハギの肝がまた格別なんです。カワハギのお刺身を、肝を醤油に溶かした「肝醤油」で食べることもあります。本当に新鮮なものでないとできない食べ方です。

一般的に夏が旬だと言われていますが、この格別に美味しい肝が大きくなってくるのが秋から冬にかけてと言われます。固くてザラザラとした皮を剥いでから料理することから「皮剥(カワハギ)」と言われるようになったそうです。一部に切れ目を入れたら、一気に皮を剥げます。要領をつかめば意外と簡単です。

カワハギ皮を剥いだカワハギ

ちょっと寒そうですね。ツルッと皮が剥がれる様が、博打に負けて身ぐるみ剥がされて丸裸にされる様子を連想させる事から「博打魚(バクチウオ)」と呼ぶ地域もあるようです。また、カワハギは脂質が非常に少ないので、ヘルシーにタンパク質を摂取できる魚です。これからの季節はスーパーでも見かける事が多くなると思いますよ。秋冬の風物詩として是非覚えてあげてくださいね!

カワハギの煮物

我が家では少し多めの煮汁で煮付けて、魚の旨味が出た煮汁を使って煮物を作ります。ですからだいたい煮魚の鍋の横に煮物の鍋があって同時に炊いてる事が多いですね。

野菜の煮物に魚の旨みが足される事で、普通に煮物をつくるよりもはるかに奥深い味わいになります。しかも魚の煮汁だけでほぼ味つけは完了しますので簡単です。煮魚も煮物も(醤油、酒、砂糖)がベースですもんね!レンコンのきんぴらを魚の煮汁だけでつくりました。煮物は出来たてよりも一度冷めてからの方が味が染みて美味しいです。

きんぴら

きんぴら

愛知県三河湾ではモガニ(イシガニ)がよく揚がります。ワタリガニより小型で石積みの漁港などでも獲れるようで、我が家の目の前の漁港付近も釣り「通」な方の人気スポットだそうです。ワタリガニより小さいですが、味はワタリガニに負けないほど美味しい。剥く手間を惜しまなければ、ワタリガニよりも安価に手に入るので実はめちゃくちゃオススメ!

小ぶりすぎるものは、2つに割ってそのまま殻ごと味噌汁にします!私の味噌汁レパートリーの中で、モガニの味噌汁は「究極の味噌汁」と位置づけしています。なぜかと言うと、旨いだけじゃない、簡単だから!

モガニ

モガニ

作り方は、半分に割ったモガニを①水から茹でて②アクを取って③味噌を入れるだけ!

出汁もいらない!出汁はカニから出てきます。それだけでめちゃくちゃ美味しい味噌汁になるんです!こだわりのお味噌さえあれば、最高級な味噌汁をご家庭で、しかも簡単に味わえちゃうんです。今回は冬瓜と一緒にモガニを水から茹でて、冬瓜に火が入るまでアクを取って、すずみそで完成です!

すずみそ

すずみそは幡豆の名産。創業60年、今も昔ながらの製法にこだわって無添加で安心安全なお味噌です。海街で栄えた味噌蔵だけあって、海産物との相性がバッチリなんです。先日息子と歩いて散歩をしながらすずみそさんにお味噌を買いに行きました。今も変わらぬ製法でつくられているので、息子に大きな木桶を見せてあげる事ができました。

「これで美味しいお味噌ができるんだよ」と蔵人の鈴木茂さんが優しく息子に話してくれました。昔ながらの製法で……と聞いて今までは「へぇー」と思うだけでしたが、調味料を勉強するようになってからは「昔ながらの製法」がどれだけ凄いことかを改めて知りました。あの大きな木桶の大切さや維持の大変さ、蔵人の人材育成、後継者、大手メーカーとの価格競争。様々な問題に直面しながらも、維持して「すずみそ」をつくり続けてくださる事に感謝の気持ちしかないですね。消費者としてはこの美味しくて安心安全な「すずみそ」が食べれなくなってしまうのはとても悲しいですから、これからも我が家はすずみそを応援します!

カニを2つに割る理由は、旨みを出しやすくする事と、割れ目に口をつけて直接カニミソをすすっちゃう為です!モガニのミソも格別に美味しいですよ!

松茸

松茸

お得意先のお客さまから頂いた国産の松茸は、シンプルにホイル焼きに。

蒸し野菜は離乳食にも取分けできるので便利です!自家製のぽん酢、ゴマだれ、ジェノバソース。夏にたくさん頂いたバジルをジェノバソースにして冷凍保管しています。蒸し野菜やパスタなどの時にさっと解凍できて使えるので、大変ですが夏の間はジェノバソースつくりにコツコツはげんでいました。

ジェノバソース

ジェノバソース

NEXT
3日間で身体も気持ちもデトックス!「ジュースクレンズプログラム」に挑戦してみました。(LaF the organics)
3日間で身体も気持ちもデトックス!「ジュースクレンズプログラム」に挑戦してみました。(LaF the organics)

ビューティー・健康

岐阜県・多治見市
PREVIOUS
「エコロジー」「オーガニック」「スローライフ」 現代が求める”心地よい暮らし”を提案する、名古屋市西区の雑貨店 connetta(コネッタ)
「エコロジー」「オーガニック」「スローライフ」 現代が求める”心地よい暮らし”を提案する、名古屋市西区の雑貨店 connetta(コネッタ)

インテリア

名古屋市・西区
神田ひかり

神田ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

愛知県西尾市在住 2児の母。19歳で調理師免許取得所得後、8年間名古屋国際ホテル他レストランキッチンにて修業後、さかな屋の旦那と出会い結婚。長男が離乳食を食べてくれず悩んだ事をきっかけに、離乳食インストラクター資格を取得し離乳食講座を定期的に開催中(累積受講者数700名以上)。

おさかな離乳食セット「ととBaby」開発や離乳食インストラクター協会やクックパッド、自身のブログでおさかな離乳食記事執筆やレシピ提供、魚のさばき方、包丁の研ぎ方講座を定期的に開催するなど、魚食普及、魚離れに歯止めをかけるべく活動中!

http://www.kanekakanda.com/

instagram https://www.instagram.com/sakananohikari/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
リビングデザインビューロ

特集一覧へ

ととbaby