【さかな屋のお嫁さん家2月の食卓】さかな屋の恵方巻き

2019.2.1
恵方巻き

愛知県三河湾、東幡豆漁港のさかな屋に嫁いで10年目。たくさんのさかなと出会い、毎日様々な料理にチャレンジしています。そんなさかな屋の嫁の食卓をちょっと覗いてみませんか?その時期の旬のさかなを料理する中で出会った人や文化、愛用している道具や調味料など。皆さんのキッチンや食卓が少しでも明るくなるような情報をご紹介します!この食卓を見て「おさかな食べたいなぁ」って思ってもらえると嬉しいです。

 

 

さかな屋の嫁の節分・海鮮恵方巻き

 

2月3日は節分。新しい季節が始まる前に悪いことを追い払おうと、豆まきをするだけでなく、トゲトゲのヒイラギの枝に臭いのきついイワシの頭を刺して玄関に飾る風習もあるそうです(柊鰯)。古い時代には柊の痛いトゲと、鰯の生臭い臭いが、鬼の苦手なものとされていたようです。

 

節分

 

また、節分に炒り大豆をまいたり歳の数だけ炒り大豆を食べるのには、邪気を払い福を願う意味があり、生の豆を使うと拾い忘れた時に芽が出ることも考えられ、それは縁起の悪いこととされているので「炒り」大豆を使うのだそうです。


炒り大豆だけではなく落花生を使う地域も少なくないので、最近では節分時「炒り大豆」も「落花生」も両方販売されていますよね。ちなみに我が家は「落花生派」です。特別なこだわりではありません、落花生の方が好きだからです。小さな子がいますので、落花生を2,3個ラップで包んだ物で豆まきをします。数も何個作ったか把握して、豆まきが終わったら拾い忘れることの無いようにしています。1歳の娘は今何でも口に入れてしまう時期なので、拾い忘れたら大変です!最近では炒り大豆もバラバラではなく、個包装になって売られていますよね。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭で室内で豆まきを行う際は、豆の拾い忘れ、誤嚥に気を付けてあげてくださいね!

 

豆まき

 

節分の時に食べる「恵方巻き」は恵方を向いて食べるといいと言われています。恵方とは、その年の福徳を司る神様がいる方向の事で、今年2019年は東北東だそうですよ。また恵方巻を食べる際のルールもユニークですよね!

 

①太巻きを一人につき一本用意する
巻き寿司を鬼の金棒に見たてて、それを退治するとか。福を巻き込むための巻き寿司とか。福が切れたりしないよう、切らずにそのまま丸かじりするとか。


②恵方を向く
その年の福神のいる方向を向きながら食べる。


③願い事をしながら最後まで黙々と食べる
しゃべったら運が逃げると言われているので食べ終わるまでしゃべらない。

 

私はそのルールに乗っかって食べてはいませんが、一口目だけは丸かじりし、その後は太巻きを切っちゃっています。やっぱり家族でワイワイおしゃべりしながら美味しく食べたい!というのが本音ですよね。


そしてやっぱりその恵方巻、とにかく「美味しいもの」を!どこを切っても金太郎飴みたいに、お花が出てくるような飾り巻きもやってみたいですが、酢飯ばかりでお腹いっぱいになっちゃうのも勿体無い。やっぱりさかな屋の恵方巻きは「とにかく美味い海鮮巻き!」

 

まずは材料準備。

 

①かんぴょうと干し椎茸は一緒に煮ちゃいます。
②出汁巻き玉子は、フライパン横向きで焼きます。いつも通り縦向きで焼くと海苔の長さまで足り無いので、できるだけ長く焼きたい。
③酢飯はもちろん!自慢の自家製すし酢で。
④キュウリは塩もみをしてラップして1時間ほど寝かす。大葉はアクセントに。
⑤海鮮は(生キハダマグロ)(モンコイカ)(天然車海老)(とびこ)

 

かんぴょう

 

卵焼き

 

酢飯

 

恵方巻きの具材

 

恵方巻きの具材


並べる順番は、食べる時を想像しながら。玉子とかんぴょうのマリアージュ。モンコイカ、大葉、トビコはセットで食べたい!とか。そんな想像を膨らませてみながら置いてみる。巻く前の楽しみがココにあります!

 

恵方巻き

 

あとは巻くだけ!一気に威勢良く!

 

恵方巻き

 

恵方巻き

 

恵方巻き

 

酢飯はだいたい巻き寿司1本200gぐらい。少し少なめにしておくと女性でも1本食べられるかな。

 

恵方巻き

 

あさりですずみそ汁


初物のあさりですずみそ汁。うーん、あさり、まだ少し早いかな。

 

綺麗な断面もみてみたい!やっぱり生マグロ!冷凍マグロでは感じられない弾力と奥深い旨み。モンコイカ、たくさんの隠し包丁を入れて柔らかくて濃厚。天然車海老の上品さととびこの食感。もうッ!最高!さかな屋の恵方巻はやっぱり「海鮮巻き」ですよね!

 

海鮮巻き


豆まきもテンションMAX!2世帯同居の醍醐味、「赤鬼も青鬼も両方同時に退治できる!」1歳の娘はさすがに鬼に泣かされた!

 

 

 

 

美味しくて楽しいがイチバン!

 

 

 

天然の生わかめプレート

 

天然の生わかめプレート

 

ワカメのほとんどが養殖で、秋に種をつけたロープ『種糸』を海に吊るし冬から春にかけて伸びてきたものを収穫します。海苔と並び、日本人にとって馴染みの深い海藻といえます。


愛知県でもワカメ養殖は盛んですが、この時期は生わかめも揚がるようになります。生ワカメはさっと湯通しすると綺麗な緑色にかわり、シャキシャキとした食感と香りを味わえます。またヘルシーなしゃぶしゃぶで楽しめるのも生ワカメの醍醐味です!


今回は生ワカメづくしです。ワカメごはんおにぎり、ワカメと地ダコの酢の物、ワカメのお味噌汁をワンプレートに。

 

生わかめはさっと水洗いして、小石や汚れなどを落とします。沸騰したお湯にさっとくぐらせて色が綺麗な緑色に変わったら氷水につけます。細く刻んで炊き込みご飯の最後に混ぜたり、食感を楽しめるほどのサイズに切って酢の物や味噌汁に使います。

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

生わかめ

 

愛知県産の天然の白身魚をシンプルにバターソテーし、レモンをかければ簡単だけどおいしい立派なおかずに!ワンプレートってなんだかワクワクしませんか?お子様ランチを連想するのですが、おいしいもの、大好きなものが一つに凝縮されてワクワク感が食欲を誘う。そう思うのは私だけでしょうか?普段は御膳(お盆)での配膳ですが、たまにワンプレートでそんな気分を味わったりします。

 

バターソテー

 


生ワカメのワンプレートで旬とワクワク感を感じる事ができました。

 

 

 

手がかかる子ほど可愛い⁈なまこ酢

 

なまこ酢

 

なまこはウニやヒトデの仲間の棘皮(きょくひ)動物で、体の中心から5方向に放射状にのびたつくりになっているのが特徴です。また骨どうしが硬さを変えられる特殊な結合組織でつながっているため、ガチッと固まったり、ゆるんで柔らかくなったり、自由自在に体を曲げられるのです。

 

体の色で赤なまこ、青なまこ、黒なまこと種類がありますが、棲む場所やエサの違いで色が変化すると言われています。その価値も地域によって違います。愛知県では赤なまこが最もおいしく価値があるとされていますが、静岡では青なまこ、中国の方には大きいサイズの黒なまこが人気です。

 

私たち日本人はなまこと言えば「なまこ酢」を連想し生で食することが多いのですが、中国の方はなまこを乾燥させた「干しなまこ」をお粥や餃子、または、形のいいものはメインディッシュとしてオイスターソース煮として食されるようです。中国で干しなまこは昔から健康効果が高いと評価し「1日1人1個7gの干しなまこを食べるといい」と言われているようです。これは干しなまこを作っている中国の方から直接きいたお話です。高級品として位置付けられており、その需要はどんどん広がっているようですよ。

 

義母がなまこ酢が大好物で、よく食べます。採っていい時期が決められているので、通年いつでも食べられるものではないので、季節を感じる事ができる食材の一つです。

 

ただし、なまこの下処理には少し気を使います。気をかけてあげないと、ガチガチに硬くなっておいしくなくなってしまいます。子どもは手がかかるほど可愛いとよく言いますが、なまこは私にとってそんな感じ。下処理に気をかけてあげればあげるほど、食べるまでの楽しみも増し、それが美味しくできた時の喜びもひとしおです。

 

 

なまこの下処理

 

①なまこは両はし(口と肛門)を切って中をそうじします。
 小さい物なら→割り箸を端から(筒抜き)で押し入れ内臓を取ります
 大きい物なら→腹を上にして縦に包丁を入れ切り開きし内臓を取ります
②それらを一度ざるに入れてコロコロ転がすと硬くなります
③薄めにだした番茶を60℃くらいに温め、そこに2を入れる
 やわらかくなったら取り出して(10秒ほど)、水で冷まします
④水に1%ほどの酢を入れた薄酢に3を入れて保管(密閉ビンなどで3日ほど冷蔵保存可能)
⑤食べるときに4から出して薄切りして、三杯酢やポン酢で食べる
 薄酢はあくまで保存用で食べる時には使わない。
 大根おろしなどを添えてから3杯酢やポン酢をかけるとなお美味しい!

 

なまこ

 

 

なまこ

 

なまこ

 

なまこ

 

なまこ

 

なまこ

 

なまこ酢

 

コリコリとした食感がたまらない。疲れてるときや、元気を出したい時になぜがなまこ酢が食べたくなるんです。

 

 

 

煮あなごのちらし寿司

 

煮あなごのちらし寿司

 

あなごは夏が旬と言われていますが、愛知県では通年で水揚げされます。ですから、この寒い時期でもよく食べます。


あなごの中でも最も美味しいとされているのが「まあなご」で、目の白眼部分が大きいので「めじろ」と呼ばれています。めじろの干物はこの地域では大人気です!うなぎの仲間で、脂肪も多くスタミナがつくとされています。寿司ネタや天ぷらにもなり、うなぎより身近に食べられる食材ではないでしょうか。

 

我が家のちらし寿司では必ず「煮あなご」を入れます。煮あなごは、煮魚のようにそのまま食べても美味しいですよ!さかな屋に嫁いできて初めて知ったことです。「煮あなごって寿司だけでなくそのまま食べても美味しいんだ!」「煮あなごを入れると「普通のちらし寿司」が「極上のちらし寿司」になるんだ!」

 

「煮あなご」をつくれるようになるとちょっと料理デキる女子じゃないですか!?旦那さんからも褒めらること間違いなし!

 

穴子

 

穴子の煮付け

 

・材料
 穴子     8〜12本ほど(開いてもらう)

・煮汁
 酒     250cc
みりん   200cc
醤油    100cc

 

・作り方

①包丁の背で穴子の皮面のぬめりを4,5回こそげ取る
(白いぬめりが包丁の背につくが全部は取りきれないのでだいたいでいい)
②沸騰した湯に1を入れて湯引きし、ザルに上げておく
③煮汁材料を全て鍋に入れて沸騰したら2を入れて煮る
(15分〜20分ほど煮て全体的に味がしみたような照りが出てきたら完成)



※一度湯どうしをするのがポイント!あなごの臭みが取れる。
※穴子を開くのはプロの方(購入先のさかな屋さんなど)にやってもらいましょう。
※旨味が出るので頭ごと煮て、ちらし寿司にちらす時に頭をおとし細かく切ります。

 

穴子

 

穴子

 

穴子

 

穴子

 

穴子


その他の海鮮はこんな感じ。生マグロ、サーモン、シャコ、ヒラメ、トビコ。モガニのすずみそ汁、シャコとワカメの酢の物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さかな屋の嫁さん家の食卓1月」はいかがでしたか?


恵方巻き、ちらし寿司と酢飯がよく登場しました。実は3月はまた桃の節句で手まり寿司をやろうかと思っています。海鮮と酢飯は、日本の伝統食・行事食には欠かせないものです。


我が家は秘伝の自家製すし酢を必ず冷蔵庫にストックしているので、いつでもすぐに酢飯が作れます。すし酢は特別な材料は使いません。酢・砂糖・塩のみ、水などを使わず腐らないので多めに作ってストックしておけます。ぜひ、みなさんも各ご家庭の「マイすし酢」を見つけてほしいなぁと思います。

 

神田 ひかり
さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ―

愛知県西尾市在住 2児の母。19歳で調理師免許取得所得後、8年間名古屋国際ホテル他レストランキッチンにて修業後、さかな屋の旦那と出会い結婚。長男が離乳食を食べてくれず悩んだ事をきっかけに、離乳食インストラクター資格を取得し離乳食講座を定期的に開催中(累積受講者数500名以上)。おさかな離乳食セット「ととBaby」開発や離乳食インストラクター協会やクックパッド、自身のブログでおさかな離乳食記事執筆やレシピ提供、魚のさばき方、包丁の研ぎ方講座を定期的に開催するなど、魚食普及、魚離れに歯止めをかけるべく活動中!

http://www.kanekakanda.com/
instagram https://www.instagram.com/sakananohikari/