MENU SEARCH

【さかな屋のお嫁さん家 8月の食卓】沖縄料理と栄養たっぷり夏ごはん

グルメ

愛知県・西尾市
2018.08.29
神田 ひかり

神田 ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

【さかな屋のお嫁さん家 8月の食卓】沖縄料理と栄養たっぷり夏ごはん

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県三河湾、東幡豆漁港のさかな屋に嫁いで10年目。たくさんのさかなと出会い、毎日様々な料理にチャレンジしています。そんなさかな屋の嫁の食卓をちょっと覗いてみませんか?その時期の旬のさかなを料理する中で出会った人や物、文化など皆さんのキッチンや食卓が明るく色鮮やかになるような情報をご紹介します!この食卓を見て「おさかな食べたいなぁ」って思ってもらえると嬉しいです。

煮魚,しじみ汁と沖縄料理①

・愛知県三河産赤魚の煮魚
・愛知県産しじみのすず味噌汁
・沖縄県産もずく酢ー自家製三杯酢ー
・ゴーヤーチャンプル
・ゴーヤーとシークワーサーのジュース

今年の夏の思い出は初めての沖縄旅行。離乳食インストラクター協会の研修も兼ねての旅行でしたので、沖縄の家庭料理を琉球料理家の嘉陽かずみ先生のお料理教室「よんなーフード」で学びました。旅行先で現地の郷土料理を学べるなんて滅多にできない事なので、とてもいい経験でした。帰宅してさっそく習った沖縄家庭料理を、家族に食べさせたくてつくりました。三河湾の赤魚の煮付けと共に。

愛知県三河産赤魚の煮魚
愛知県三河産赤魚の煮魚

さかな屋の食卓では煮魚がよく出ます。煮るだけなのでとっても簡単だし、和食の基本。おさかなの種類を変えれば毎日でも飽きない。旦那さんから褒められレシピNo.1は、煮魚だと私は思ってます。

しじみの味噌汁は幡豆名産の豆味噌すず味噌で。海街で春夏秋冬、木樽の中でゆっくり季節を越してつくられたすず味噌は海鮮と相性が抜群です。幡豆の名産「あさりのすず味噌汁」のみならず、「カニの味噌汁」や「秋刀魚の味噌鍋」などにもすず味噌を愛用しています。

もずくの酢の物は息子の大好物。沖縄の太陽とサンゴ礁の栄養で育った沖縄もずくは、全国生産量90%を誇ります。愛知県で住んでいても、もずくは沖縄産の細もずくを買っていました。もずく酢は汗で失われたカルシウムやマグネシウムなどのミネラルがたっぷり含まれているので、夏バテ対策にぴったりな料理です。自家製の三杯酢は多めに作って常備してあるので、いつでもすぐに酢の物が作れます。沖縄のソウルフード「もずくの天ぷら」も沖縄で初めて食べて本当に美味しかったです。

ゴーヤーチャンプルゴーヤーチャンプル

ゴーヤーチャンプルは沖縄料理の代表ですが、愛知県でももちろん夏にはスーパーでよくゴーヤーを見かけますよね。息子の保育園では、毎年夏になるとゴーヤーを育て収穫して持って帰ってきます。ただし、ゴーヤー。やっぱりあまり馴染みがない。苦い食材っていうだけでなんとなく食べて来なかったので、料理の仕方も分からないで大人になりました。

今回、本場である沖縄で本物のゴーヤーチャンプルを学べて、一気にゴーヤーが大好きになりました。選び方やゴーヤーの苦味の下処理を教わり、おいしいゴーヤーチャンプルがつくれるようになりました。ゴーヤーの苦味がどこまで料理の上で正解なのかが分からなかったのですが、美味しい苦味を知る事ができました。

ゴーヤーの苦味こそ「美味しさ」であり「栄養」。苦味成分「モモルデシン」という成分には、「食欲増進」「胃腸の粘膜保護」「血糖値、血圧低下」「頭痛、夏バテ改善」などの効果があるそう。夏は暑くて食欲も落ちがち。そんな時こそゴーヤー料理を!旬の食材って、その時期に人が欲しいている栄養が採れるから「おいしい!」って思えるんですよね。これから、我が家の夏にはゴーヤー料理が大活躍してくれそうです。

ゴーヤーとシークワーサーのジュースゴーヤーとシークワーサーのジュース

沖縄名産の柑橘「シークワーサー」も市場で買って帰ってきました。ゴーヤーはシークワーサーと相性がぴったり!よんなーフードで習ったゴーヤージュースを沖縄ガラスで。残ったシークワーサーは自家製のポン酢にしようと思います!

夏にぴったり!沖縄の思い出たっぷり!の夕飯になりました。

NEXT
【インテリアショップおすすめ5選】名古屋周辺のオーダー家具のお店 
【インテリアショップおすすめ5選】名古屋周辺のオーダー家具のお店 

インテリア

愛知県・名古屋市
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】Svensk Folkdans ~スウェーデンの伝統的なダンスと笑顔で迎える春~
【スウェーデンの暮らし】Svensk Folkdans ~スウェーデンの伝統的なダンスと笑顔で迎える春~

海外

スウェーデン
神田 ひかり

神田 ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

愛知県西尾市在住 2児の母。19歳で調理師免許取得所得後、8年間名古屋国際ホテル他レストランキッチンにて修業後、さかな屋の旦那と出会い結婚。長男が離乳食を食べてくれず悩んだ事をきっかけに、離乳食インストラクター資格を取得し離乳食講座を定期的に開催中(累積受講者数700名以上)。

おさかな離乳食セット「ととBaby」開発や離乳食インストラクター協会やクックパッド、自身のブログでおさかな離乳食記事執筆やレシピ提供、魚のさばき方、包丁の研ぎ方講座を定期的に開催するなど、魚食普及、魚離れに歯止めをかけるべく活動中!

http://www.kanekakanda.com/

instagram:https://www.instagram.com/sakananohikari/

ととBabyお試しセット:http://toto-baby.net/otameshi-set/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

城山館