MENU SEARCH

980万円で憧れの覚王山のリノベーションマンションに住もう!

住まい

名古屋市・覚王山
2018.03.14

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「住みたい街」一位を獲得した、
覚王山の魅力とは

日泰寺

「四観音住宅」が位置する覚王山は、名古屋の「住みたい街ランキング」でも常連で、一位に選ばれることも多い人気のエリア。文化と新しさが共存し、融合する点が支持されています。名古屋市地下鉄で名古屋駅まで15分、栄駅まで10分という、アクセスの良さも魅力です。

今回は、実際に地下鉄東山線「覚王山」駅から、物件までを歩いてみました。Life Designsおすすめのお店やスポットと合わせながら、ご紹介していきます。

地下鉄東山線「覚王山」駅地下鉄東山線「覚王山駅」1番出口
地下鉄東山線「覚王山」駅エレベーターもあるので、ベビーカーの方や小さいお子さんがいる方も安心。向かい側には、スーパー「フランテ」があります。

最寄駅は、地下鉄東山線「覚王山」駅です。国道60号線から、日泰寺へ続く400mほどの参道を進んで行きます。

スターバックスコーヒー 覚王山店スターバックスコーヒー 覚王山店(営業時間 7:00〜22:00)
物件までの道順道沿いには、「セブンイレブン」があります。駅までの道のりにコンビニがあるのは、嬉しいですよね。近くには、100円ローソンも。

「スターバックスコーヒー 覚王山店」がある交差点を右折します。ここからが「日泰寺参道」です。歴史ある参道ですが、スイーツショップやカフェなど個性的なお店も並び活気のある商店街です。

マミーズ・アンクール
アップルパイの「マミーズ・アンクール」

さっそく気になるお店を見つけました。アップルパイのお店「マミーズ・アンクール」。小さい子でも安心して食べらるよう無添加で安全、安心な素材にこだわったアップルパイ。毎日一つずつ手作りで焼き上げています。イートインスペースもありますよ。

【マミーズ・アンクール】
住所  :名古屋市千種区山門町2-44-5
営業時間:10:00~17:30
定休日 :不定休
https://www.mammies-un-coeur.com/

さくま松花園
花屋「さくま松花園」

「マミーズ・アンクール」の隣は、日泰寺参道で50年以上続く花屋「さくま松花園」です。季節の切花、枝物、葉物をはじめ、その季節の茶花も専門の生産者から仕入れしています。ウェディングのブーケなども手がけています。

【さくま松花園】
住所  :名古屋市千種区 山門町2-44
定休日 :毎週火曜日(行事営業あり)1/1~¼
営業時間:9:00~19:00(日・祝日/~17:00)
http://www.s-flower.jp/index.html

Diner’s Café Funny Style
ダイナーズカフェ「Diner’s Café Funny Style」
Diner’s Café Funny Styleお昼ご飯に嬉しい「ランチBOX」などもあります。

「さくま松花園」の隣は、2017年6月にオープンしたダイナーズカフェ「Diner’s Café Funny Style」です。看板のメニューの「デリ」は常時16種類あり、100g〜量り売りもしているので、今晩のおかずの一品としても。全てのメニューがテイクアウト可能です。

【Diner’s Café Funny Style】
住所  :名古屋市千種区山門町2丁目44-3
営業時間: 10:30〜22:00
http://funnystyle.jp/

キッチン&カフェひらき
洋食が美味しい喫茶店「キッチン&カフェひらき」
キッチン&カフェひらきのオムライスオムライス¥650 昔ながらのオムライスは、たまごがホワホワとろとろで絶品でした。+¥200で名物のカニクリームコロッケや唐揚げなどもつけられます。

少し歩いたところにあるのが、「キッチン&カフェひらき」です。喫茶店ですが、名物の「カニクリームコロッケ」など洋食も評判で、お昼前には行列ができるほど。日替わりメニューは¥750〜とうれしいお値段で、地域の方に愛されているお店です。

【キッチン&カフェひらき】
住所  :愛知県名古屋市千種区山門町2丁目22
営業時間:6:30~21:30
定休日 :日曜日

sono

「キッチン&カフェひらき」の目の前にあるのは、白い食器だけの食器店「sono」。瀬戸の「マルミツポテリ」の直営店。自社ブランド・ソボカイを中心に、白い食器を揃えるシンプルで上質・使い勝手の良い器の専門店です。

【sono】
住所  :名古屋市千種区山門町2-39
営業時間:10:00〜19:00
定休日 :火曜日
http://www.marumitsu.jp/sono/

NAGOYA BRANCH シェ・シバタ 名古屋
「シェ・シバタ 名古屋」。パリを思わせるお洒落な外観が特徴です。

「sono」の向かい側には、名古屋の有名パティスリー「シェ・シバタ 名古屋」。イートインスペースもあり、12:00〜15:30には数量限定でアフタヌーンティセットも楽しめます。20時まで営業しているので、お仕事帰りに自分へのご褒美にいかがですか?

【NAGOYA BRANCH シェ・シバタ 名古屋】
住所  :名古屋市千種区山門町2丁目54
営業時間:10:00〜20:00
定休日 :火曜日
http://chez-shibata.com/

物件までの道順

ここまでで駅から徒歩3分ほど。参道ということもあり、歩道がしっかりと整備されていて歩きやすいです。住宅地ということもあり、ベビーカーを押すママさんが多かったです。

ZARAME NAGOYA参道に馴染むレトロな外観の「ZARAME NAGOYA」

少し進んだところにあるのが、岡崎発祥のカフェ「ZARAME NAGOYA」。看板商品はなんといってもドーナツ。種類も豊かにそろって、価格は1個200円~300円程度で購入できます。朝9時〜11時はモーニングが実施されています。お休みの日の朝ごはんにおすすめですよ。

【ZARAME NAGOYA】
住所  :名古屋市千種区山門町2-36
営業時間:9:00~19:30
http://www.zarame.co.jp/index2.html

えいこく屋紅茶店
「えいこく屋紅茶店」
えいこく屋紅茶店の紅茶お得な日常茶 3個で¥1,000

「ZARAME NAGOYA」の向かい側にあるのが、「えいこく屋紅茶店」。「えいこく屋」は、昭和54年に紅茶とインド料理の専門店として創業。紅茶・ハーブ・スパイスなどを、インド・スリランカ・ヨーロッパ各地から直輸入しています。同所では、本格的なインド料理が楽しめるインド料理店も営業しています。

【えいこく屋紅茶店】
住所:名古屋市千種区山門町2-58
営業時間:10:00〜19:00
定休日 :火曜日
http://www.eikokuya-tea.co.jp/

物件までの道順

「えいこく屋紅茶店」を過ぎた辺りからは、静かな住宅街が広がります。東側には「松坂屋」の創業者・伊藤次郎左衛門祐民の別荘だった「揚輝荘(ようきそう)」があります。名古屋市の公共財として一般公開されている散策スポット。このように覚王山には、歴史ある建物と、地域の人に愛される個性豊かなお店が入り混じっています。

▼揚輝荘
http://www.yokiso.jp/

日泰寺

覚王山の象徴とも言える「日泰寺」につきました。ここまでで徒歩約7分です。「日泰寺」は、日本で唯一、タイから寄贈された仏舎利が安置され、その名のとおり日本とタイを結ぶ寺として知られています。桜やツツジのお花見や観月の名所としても親しまれていますよ。

物件までの道順

日泰寺の横の道を北上します。この道からは、五重塔が眺められ京都のような雰囲気を楽しむことができます。毎日の通勤路に、こうしたゆったりとした気持ちになれる場所があるのも良いのではないでしょうか。

覚王山は坂道が多いエリアですが、この道順だとゆるやかな坂道なので、傾斜はほとんど気にならなかったです。

物件までの道順

突き当たりの信号を左折します。

物件までの道順

信号から20mほど進み、「医王堂鉈薬師堂(いおうどうたなやくしどう)」の竹やぶを右折します。

物件までの道順

少し傾斜になっていますが、ベビーカーや自転車でも、登れるくらいの坂道です。

四観音住宅の外観

「四観音住宅」に到着しました。ここまで大人の足で、12分ほど。「住みたい街ランキング」常連というだけあり、街や参道の雰囲気もとても良く、静かで心地よいエリアでした。今回ご紹介したお店は本当に一部です。他にも、クリエイターのショップやアトリエが集まる「覚王山アパート」など魅力的なお店がたくさんあります。

NEXT
古材、古道具をレスキューし、再び命を吹き込むリサイクルショップ「リビルディングセンター」
古材、古道具をレスキューし、再び命を吹き込むリサイクルショップ「リビルディングセンター」

インテリア

長野県
PREVIOUS
音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。
音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。

泊まる

東京都

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

チャリチャリ