MENU SEARCH

【前編】在宅ワーク&外出自粛でよく眠れない方必見!眠りの専門家に聞いた、ぐっすり眠れる6つのポイント

ビューティー・健康

2020.05.11

【前編】在宅ワーク&外出自粛でよく眠れない方必見!眠りの専門家に聞いた、ぐっすり眠れる6つのポイント

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

新型コロナウイルスによるリモートワーク実施や外出自粛の影響で、不安やストレスが強くなり生活リズムが乱れてしまっている人も増えているのではないでしょうか。

そこで今回は、北名古屋市にある枕専門メーカー「まくらのキタムラ」さんに、ぐっすり眠れる睡眠のポイントを教えていただきました。キタムラさんは、大正12年創業、約100年ものあいだ、睡眠と向き合ってきた「眠りのプロ」です!

前編では、リモートワークや外出自粛によって起こる不眠症の原因から、ぐっすり眠れる6つポイントまでたっぷりとご紹介していきます。

▼まくらのキタムラの詳細はこちら

よく眠れない原因とは??

– 在宅勤務や外出自粛が増え、よく眠れないという人が増えていますが、原因は何なのでしょうか?

主な原因としては、下記の4つです。

① 精神的なストレス(先行きの不安や自粛による鬱憤、生活環境の変化)
② 運動不足
③ 生活習慣の乱れ
④ 日光を浴びる時間の減少

原因① 精神的なストレス

これまで経験したことのない生活環境の変化は、私たちの心に大きな影響を与えていると思います。まず、生活習慣。日本では幼少期より朝から外へ出る習慣が根付いていますが、この生活スタイルが大きく変わりました。人によっては数十年続けてきた習慣が無くなるため、新しい生活に慣れるまでは身体的・精神的な負担を抱えることもあるでしょう。



もう1つは、変わってしまった日常への不安。意識しないというのも難しい状況ですが、雇用や生活について、感染について……何よりこの状況がいつまで続くのかわからない不安感の中、「生きる」という生存欲求を脅かされていることは大きなストレスだと思います。

原因② 運動不足

以前は、通勤・通学の際や、取引先への行き来、オフィス内での移動などで多少なりとも動いていましたが、在宅 ワークによって一日中座り続けていたり、外出を控えることで極度の運動不足になっていたりする方も多いと思います。普段から運動習慣がない人は、身体的な疲労がないことによって、うまく入眠できないことがあります。

原因③ 生活習慣の乱れ

体の中には「体内時計」といわれる身体のリズムを整える機能があり、睡眠のタイミングを決めるだけではなく、前もってホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、睡眠に備えてくれます。通勤時間がなくなったり、家族との過ごし方で、今までと違う一日のサイクルになっていたりする人も多いかと思います。そのように生活習慣が変化すると、それらのリズムが崩れ、起床・就寝時間が乱れて睡眠の質が低下している可能性があります。

原因④ 日光を浴びる時間の減少

日光には先ほどの「体内時計」の調節を働きかける作用があります。会社に出勤する際には日光を浴びることができるため、自然とリズムをつくることができていました。しかし、家に居る時間が長くなったことで、意識しなければ光を浴びることが少なくなり、リズムが崩れて睡眠に影響を及ぼしています。

原因①〜原因④まで心当たりがある方も少なくないのではないでしょうか。ただ、このような状況では誰だってしょうがないと思います。なので、まずは、最近の自分のライフスタイルを振り返り、不眠の原因を知ることからはじめましょう。

NEXT
愛知県でお花を買うならここ!名古屋周辺のおすすめフラワーショップ
愛知県でお花を買うならここ!名古屋周辺のおすすめフラワーショップ

インテリア

愛知県
PREVIOUS
【後編】在宅ワーク&外出自粛でよく眠れない方必見!眠りの専門家に聞いた、よく眠れる環境&まくら選びのポイント
【後編】在宅ワーク&外出自粛でよく眠れない方必見!眠りの専門家に聞いた、よく眠れる環境&まくら選びのポイント

ビューティー・健康

【まくらのキタムラ】
住所   :愛知県北名古屋市徳重小崎16-2
電話番号 :0568-23-0213
http://www.kabu-kitamura.com/

▼オンラインストアはこちら
https://ohayo-kitamura.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート金山

特集一覧へ