【まとめ】子どもたちが自宅で飽きずに過ごすためのアイディア

おうち時間
2020.05.26

プログラミングを学ぼう!

新型コロナウィルスによる自粛要請の影響で、学校が休校になり、お子さんの学力格差に不安をもつ保護者の方が増えたことで、オンライン学習に興味を持つ方が増えています。そんな中、「新しい時代」に向けて学びを止めないために、おすすめなのがプログラミング学習です。

おすすめのアプリを3つご紹介します。

遊びながら自然にプロミングが学べる「プログラミングゼミ」

小学校低学年から使えるプログラミングアプリの決定版です。公立小学校1〜3年生向けに行ったプログラミング授業を通して生まれた教材。

遊びながら自然にプログラミング的思考が身に付きますよ!

App Store
Google play

誰でも簡単にアプリづくりが体験できる「JointApps」

JointAppsはプログラムが組み込まれたブロックをつなげるだけで、誰でも簡単にアプリづりが体験できるアプリです。

プログラム言語の知識は必要なし、Webブラウザ上でさまざまな機能を持ったブロックをパズルのように組み合わせたり、画像などを変えるだけで、自由に・自分だけのオリジナルアプリをつくることができます。つくりたいアプリに必要な要素を考える、用件を定義する、論理的に設計するなど、プログラミングを学ぶ前に知っておきたい素養が身につきます。

App Store
Google play

ゲーム感覚でコーディングの基礎が学べる「Code Karts」

code

Code Kartsは4歳からゲーム感覚で、遊べるコーディングの基礎が学べるプログラミングアプリです。レース形式で提示される一連の論理的パズルを通して学習を進めることで、理論的思考学べ、コーディングに基づいた思考の主要要素を吸収することができます。

楽しく遊びながら学べるプログラミングアプリはとってもおすすめですので、ぜひトライしてみてくださいね!

App Store

Google play

オンラインレッスンに挑戦しよう!

学ぶ場が家しかない子どもにとって、家族以外の人と繋がる・新しい学び場のツールとして、オンラインレッスンや動画レッスンが広がっています。そこで、ライフデザインズのライターとしても活躍されている離乳食インストラクタ―の神田ひかりさんは、実際にオンラインレッスンを受講したレポートを書いてくださいました。

ぜひ、こちらの記事を参考にして、オンラインレッスンにもチャレンジしてくださいね!

YouTubeを見ながら体を動かそう!

子どもたちが楽しく体を動かせるYouTubeチャンネルも多く配信されています!

「すくいくYouTubeチャンネル」。ひろみちお兄さんこと佐藤弘道監修の体あそび動画や、保育のあそび作家によるミツル&りょうた、小沢かづと、ロケットくれよんなどのあそびやダンス披露など、保育者と園児の親ための動画コンテンツを多く提供しています。

▼動画の視聴はこちらから
https://www.youtube.com/playlist?list=PLTjdxlTVM4e4iDStxKlIN-UXiUPUEamzb

幼児や子供向けの教育ブランド『ピンキッツ』の公式YouTubeチャンネルでは、子供体操の詰め合わせを配信。

ハローキティとしまじろうがタッグを組んで、世界中の子どもたちを笑顔にするための「だいすきなみんなといっしょプロジェクト」をスタート。YouTubeでは、長い時間を家で過ごす親子の健康を応援する動画「みんなといっしょたいそう」が公開中!

ほかにもさまざまなチャンネルが動画を配信しているので、YouTubeを見ながら楽しく体を動かして運動不足を解消しましょう。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット