クリエイティブ集団が手がけるマルシェ「STLONGmarket」に行ってきました。

2018.9.21
STLONGmarket

愛知県名古屋市中区で開催されている「STLONGmarket」に行ってきました。手がけているのは、クリエイティブ集団「レンズアソシエイツ」。オフィスの渋ビルを会場に、28日が平日の月のみ開催しているマルシェです。イベント開催のきっかけから、実際のマーケットの様子までたっぷりとご紹介していきます。

 

株式会社レンズアソシエイツ 代表取締役・矢野まさつぐさん
株式会社レンズアソシエイツ 代表取締役・矢野まさつぐさん


2014年に3つのデザイン会社が統合した「株式会社レンズアソシエイツ」。「SEEKING THROUGH LENS(LENSを通して、みる)」をコンセプトに活動するクリエイティブ集団です。なぜマルシェをはじめることになったのでしょうか。


ー 「STLONGmarket」をはじめられたきっかけを教えてください。


矢野さん:「最初のきっかけは地域のお散歩マップの作成をお手伝いしたことです。この辺りの地域では、「東別院てづくり朝市」「西別院なごやか縁市」など、イベントが活発に開催されています。しかし、せっかく来てもらったのに朝市だけ見て帰ってもらうのはもったいない。もっと街を回遊してもらおうとお散歩マップの作成がはじまりました。

 

僕は少しマップのレイアウトやフォントの調整をしたくらいなのですが、これをきっかけに少しずつ会社が街に馴染んでいきました。」

 

 

矢野さん:「そして一番のきっかけとなったのは、親鸞聖人750回忌に合わせて、東別院・西別院・日置神社・門前町アーケード街で開催された「別院てづくり縁市」のブランディングを担当させていただいたことです。

 

毎月28日に開催されている朝市のスペシャル版として開催したのですが、通常のマルシェに加え、子どもたちでも楽しめるワークショップなどもあり、地域の住民やお寺のお坊さんたちと一体となって作り上げました。こうしたご縁もあって、この地域で会社をさせてもらっているのだから、何か街の役に立ちたいと次第に思うようになっていきましたね。」

 

「レンズアソシエイツ」のビル名城線・鶴舞線「上前津駅」7番出口より徒歩5分にある「レンズアソシエイツ」のビル。100軒以上の物件を巡り、ようやく気にいる物件を見つけたのだそう。

 

ー 「STLONGmarket」がはじまったのは、いつ頃ですか?


矢野さん:「今年の3月です。「in bloom」さんという花屋さんに月一回のお花屋さんとして出店していただいたのがはじまりです。

 

周辺では、「東別院てづくり朝市」「西別院なごやか縁市」「たちばな大木戸ひなた市」など、毎月28日はたくさんのマーケットが開催されています。いろいろなマーケットを巡りがてら、遊びに来ていただけるように、僕たちも28日に開催をしています。」

 

STLONGmarketの会場の様子
11:00のオープン直後の様子。オープン前から待っている方もいるほど、多くの方で賑わっていました。


ー イベントのコンセプトやこだわりを教えてください。

 

矢野さん:「僕たちの通常の業務ではゴールを設定して、ストイックにブランディングに取り組んでいます。それに対して、マルシェは人やモノとの偶然の出会いを大切にしていきたいと考え、あえてゴールをあまり設定しないようにしているんです。少しでも街を盛り上げるプラットフォームになれたらなと思います。」


そして今回も、偶然の出会いや人とのつながりから、「in bloom」「HARVA LEHTO」「LaF the organics」「HAND」「AND THROUGH DESIGN」「マチダタケル」の6組のゲストが集まりました。順番にご紹介していきます。

 

 

ロックな花屋「in bloom」

 

in bloom


建物の外で出展していたのは、レンズアソシエイツがブランディングを担当する西区のロックな花屋「in bloom(インブルーム)」。「花はかわいいなんて、誰が決めた」「 No plants, No life. Flowers!, rock'n roll !!」をコンセプトに掲げる、個性的でかっこ良い花屋さんです。イベント出店時には、売り切れてしまうほど人気のお店です。

 

in bloom

 

in bloom


イベント出店時には、こちらのフラワーバイクで。東京でしいたけをこのバイクで売っている人を見かけ「これだ!」と思い導入されたのだそう。

 

in bloomドライフラワーも多く取り扱っていますオリジナルでアレンジされたドライフラワーは、ギフトとしても。

 

in bloom
珍しい円形のリース。一つひとつ丁寧に編まれています。小さくても存在感があります。

 

店舗では、生花、プリザーブドフラワー、ソープカービングなどのワークショップレッスンも行なっています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

 

in bloom今回出展していた「AND THROUGH DESIGN」のハンドレタリングとのコラボ鉢。他にはなかなかない、ロックな雰囲気ですね。

 

【in bloom】
住所   :愛知県名古屋市西区あし原町40
電話番号 :052-325-5087
営業時間 :9:00〜18:00

http://www.in-bloom.jp/
https://www.instagram.com/inbloom69/?ref=badge
https://www.facebook.com/In-bloom-927613834002120/timeline/

 

 

インテリアショップ「HARVA LEHTO」

 

HARVA LEHTO

 

2017年2月に大須1丁目にオープンした、オリジナル家具を中心としたプロダクトの製造 ・ 販売を行うインテリアショップ「HARVA LEHTO(ハルバレヒト)」。HARVA LEHTOの商品はソファやダイニングセット等の大型家具から雑貨まで多岐に渡ります。

 

HARVA LEHTOLEHTO bird call/¥2,300+tax

 

HARVA LEHTO
一輪挿し ※FUNNEL budbase ショート¥4300+TAX ロング¥4600+TAX


店名はフィンランド語で「まばらな木立」を意味しています。

 

”適度な距離、余白を保ちながら、曖昧な輪郭と静謐な佇まいの中に、個々がしっかりと根を張り、枝葉を増やし、幹を太く高く穏やかに変化、成長していく、そんな木立のように、優しく静かに暮らしに寄り添っていけるような存在でありたい”

 

という想いを込めています。そんな想いから、HARVA LEHTOが手がける製品には随所に余白が残されています。

 

HARVA LEHTO
淡水魚をモチーフにしたクルーザーデッキ。AND THROUGH DESIGNとのハンドレタリングコラボ用のものもありました。

 

MIROKU COFFEE焙煎のHARVA LEHTOオリジナルブレンド

 

今回はブース出店なので小物が多いですが、ソファ、チェア、テーブルなど大型家具を得意としているそうなので、興味のある方は店舗やWebサイトをチェックしてみてくださいね。

 

【HARVA LEHTO(ハルバレヒト)】
住所: 〒460-0011 愛知県名古屋市中区 大須1丁目2-14 1F
営業時間: 12時00分~19時00分
定休日 : 日曜、月曜
電話: 052-212-7242
http://harva-lehto.jp/
https://www.instagram.com/harva_lehto/
https://www.facebook.com/HARVALEHTO/?fref=ts

▼HARVA LEHTOのインタビュー記事はこちら
http://house-designs.jp/magazine/harva-lehto/

 

 

ハンドメイドグラノーラ「HAND」

 

ハンドメイドグラノーラ「HAND」

 

ハンドメイドグラノーラ「HAND」こちらの什器は、HARVA LEHTOが製作したもの。

 

毎日が良い日になるように、丁寧にハンドメイドで作り上げたグラノーラを展開している「HAND」。グラノーラは厳選された材料と、砂糖を使わずメープルシロップの天然の甘み成分だけでつくり上げているので、とても優しい味がするグラノーラです。

 

ハンドメイドグラノーラ「HAND」
GRANOLA Banana Mサイズ¥500 Lサイズ¥950

 

ハンドメイドグラノーラ「HAND」
GRANOLA JAPAN ほうじ茶 Mサイズ¥650 Lサイズ¥1,200


HANDのグラノーラはそのまま食べても美味しいですが、アイスクリームのトッピングにしても美味しいですよ。また、トーストにクリームチーズを塗って、グラノーラをかけるとザクザクとした食感が楽しめる「グラノーラトースト」の完成です。

 

実店舗は持たず名古屋を中心としたイベント出店、オンラインショップにて購入出来ます。

 

【HAND】
http://www.hand-cc.com/
https://www.instagram.com/hand_haveaniceday_/

 

 

オーガニック専門店「LaF the organics」

 

LaF the organics

 

多治見市にお店を構える「LaF the organics(ラフジオーガニクス)」。昨年5月にオープンしたオーガニック専門店です。素材にこだわったコールドプレスジュースをはじめ、ヴィーガンスイーツ、オーガニック雑貨を取り扱っています。

 

LaF the organics

 

LaF the organics

 

LaF the organics


この日は、オーガニック素材で作ったソーダ、植物性材料のみで作られたヴィーガン焼き菓子(マフィン、ビスケットなど)、オーガニック豆のブレンドコーヒーが販売されていました。

 

【LaF the organics(ラフジオーガニクス)】
住所   :岐阜県多治見市太平町2-5-1
電話番号 :0572-88-0183
営業時間 :10:00~18:00
定休日  :日曜/祝日/月曜

http://laf-the-organics.jp/
https://www.instagram.com/laf_the_organics/?hl=ja
https://www.facebook.com/LaF.the.organics/


▼LaF the organicsの記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/laf-the-organics/

 

「STLONGmarket」では、フードやショップだけでなく、ワークショップもいくつか出店されています。実際に体験してきました。

 

 

シルクスクリーン体験ができるワークショップ

 

シルクスクリーン


まずは、レンズアソシエイツの「シルクスクリーン体験ができるワークショップ」に挑戦してみました。シルクスクリーンは孔版印刷と呼ばれるレトロな印刷方式です。場所や道具を必要とするためなかなかできる機会が少ないシルクスクリーンを、手軽に体験することができるというもの。シルクスクリーン初挑戦のLife Designsスタッフ。果たしてうまく印刷することができるでしょうか。

 


印刷できるトートバッグはこちらの5色。今回は一番の人気色だというグレーを選びました。

 

シルクスクリーン


目印に合わせて、トートバッグを機械にセットします。持参したTシャツに印刷している方もいらっしゃいましたよ。

 

シルクスクリーン

 

シルクスクリーン


版の上にインクを置いていきます。この作業が一番緊張しました。「L」のマークを印刷するので、こちらの二箇所にインクをつけていきます。

 

シルクスクリーン


グッと力を入れながら一気に、スクイージーでインクを伸ばしていきます。す〜っとインクがトートバッグにうつっていきます。

 

シルクスクリーン
インクを乗せすぎてしまって、少しロゴが潰れてしまったのが反省です(泣)。


あっという間に印刷が完了しました。所用時間は10分ほど。15〜20分ほど乾かして、トートバッグの完成です。とっても簡単にシルクスクリーンを体験することが出来ました。アナログな手法ならではのかすれや風合いがたまりません。

 

こうしたワークショップを通じてデザインに触れるきっかけになって欲しいという想いから、今後はお子さんにも楽しんでもらえる内容にしていきたいそうです。

 

【ワークショップの料金】
シルク体験+トートバッグ 1,500円
シルク体験のみ(印刷したいTシャツやバックを持参) 700円

 

 

独特なタッチのポートレート「マチダタケル」

 

マチダタケル


続いてはポートレート(似顔絵)に挑戦です。書いてくれたのは、デザイナー・イラストレーターのマチダタケルさん。独特なタッチで描かれるキャラクターは個性的かつ魅力的。マチダさんは、「レンズアソシエイツ」の前身であるOPENENDSの元デザイナーさんでもあるんです。

 

マチダタケル
デザイナー・イラストレーターのマチダタケルさん

マチダタケル

 

ポートレートスタートです。楽しく会話をしながら、どんどんとイラストが仕上がっていきます。

 

マチダタケル


マチダさんが独立されたのは、今年の6月。「名古屋のイラストレーターと言えば、マチダタケルと言われるようになりたいですね。」と抱負を語ってくださいました。

 

マチダタケル

 

 

お話を聞かせてもらっているうちに、あっという間に出来上がりました。名前を書いてもらって完成です。

 

マチダタケル

 

マチダタケル


Tシャツ、キーホルダー、ステッカーなどグッズ販売もありました。

 

【TAKERU MACHIDA】
http://www.thisisalterna.com/
https://www.instagram.com/takerumachida/

▼オンラインショップはこちら
https://suzuri.jp/takerumachida/

 

 

ハンドレタリング「AND THROUGH DESIGN」

 

AND THROUGH DESIGN


最後は、ハンドレタリングのワークショップです。ご紹介するのは、「in bloom」、「HARVA LEHTO」ともコラボーションしている「AND THROUGH DESIGN」の安藤徹平さん。地元名古屋を拠点に活動されているグラフィックデザイナーです。

 

今回行われていたのは、ハンドレタリング。in bloomの鉢、HARVA LEHTOのクルーザーデッキやウッドフレーム、端材やキータグに手描きのサイン、ペイントを書いてもらえるというもの。

 

AND THROUGH DESIGN

 

「少し変わった形の方が、かっこよくなりますよ」と安藤さんからアドバイスをいただき、こちらの端材をチョイス。Life Designsを運営している「A+LIVE」の文字をお願いしてみました。

 

AND THROUGH DESIGN

 

鉛筆でさささ〜と下書きをしていきます。

 

AND THROUGH DESIGN

 

シルバーのペンでペン入れ。

 

AND THROUGH DESIGN

 

黒で縁取っていきます。

 

AND THROUGH DESIGN

 

AND THROUGH DESIGN


完成しました。とても素敵な仕上がりです。インテリアとして置いておくだけでも、お部屋がグッとおしゃれになりそう。今回は、ハンドレタリングとして出店されていましたが、名刺・DM・パンフレット・ロゴ・看板・ウェルカムボードなど、グラフィックやイラストも依頼できますよ。

 

【AND THROUGH DESIGN】
http://andthrough.jp/
https://www.instagram.com/do_thee_boogie/

 

 

大規模なイベントではありませんが、一つひとつのブースのこだわりや色が濃く、とても見応えのあるマルシェでした。あえてコンセプトや目標を決めず、偶然や人との出会いを大切にしているからこその温かい空間。出店者さん同士がコラボレーションしたり、お互いに商品を買ったり、そんな繋がりも印象的でした。

 

今後も地域に開いたマルシェとして、続いていって欲しいなと思います。平日の28日はぜひ、「STLONGmarket」や周辺のマルシェへ遊びに行ってはいかがでしょうか。

 

【STLONGmarket】
開催日 :毎月28日開催(28日が土日祝の月を除く)
開催場所:株式会社レンズアソシエイツ 名古屋市中区橘1-6-8 LENS bldg.1F

https://www.instagram.com/lens_stlongmarket/?hl=ja