日本で4番目に小さい水族館。独特のユニークさで大人気な「竹島水族館」の魅力とは

おでかけ
愛知
2019.03.30

③ 貴重な深海生物にタッチできる!「さわりんプール」

さわりんぷーる

さわりんぷーる

タッチプール「さわりんぷーる」は、竹島水族館の入館数アップにきっかけとなった大人気コーナー。冬季期間は、タカアシガニ、オオグソクムシ、イガグリガニなどにタッチング(触る)ことができます。夏場は、身近な海の生物にタッチできますよ!(※深海生物がいる場合もあり)

オオグソクムシ
大人気の「オオグソクムシ」

最初はエイリアンのような見た目に「おぉ…」と少し抵抗がありましたが、触れ合っているうちにかわいく思えてくるから不思議です。

イガグリガニ水深200~600mの深海に棲んでいる「イガグリガニ」
ウチワエビ
「ウチワエビ」こう見えてもエビなんです。
ナヌカザメ「ナヌカザメ」お腹がプニプニしています。
タカアシガニ
大迫力の「タカアシガニ」

パクパクおさかなプール

パクパクおさかなプール

「パクパクおさかなプール」では、100円〜300円でエサやり体験ができますよ!ウミガメも一緒にいました。

④ ゆるさが魅力!カピバラショー&アシカショー

カピバラショー

竹島水族館では、大迫力なイルカショーはありませんが、ゆるさが魅力の2つのショーが開催されています。

カピバラショー

カピバラショー

ひとつ目は、日本でここだけ!?というくらい珍しい「カピバラショー」。のんびり癒し系のカピバラが、お手や輪くぐりなどを披露してくれます。ただ、かなり気分屋のカピバラさん、何もしないこともしばしば……。笑 そのゆるっとした感じが、なんとも笑えて癒されます。毎日11時15分と14時30分からの2回開催されています。

アシカショー

アシカショー

もうひとつの目玉は「アシカショー」。

披露してくれるのは、南米チリ出身・アシカ類の「オタリア」のラブちゃんです。ボールや輪投げのパフォーマンスを見せてくれます。トレーナーさんとの掛け合いが、コントショーのようで会場が笑いに包まれていました。近距離から見られるのも魅力!

アシカショー

「竹島水族館にはイルカがいないので、他の水族館ではイルカがやっていることも、ラブちゃんにやってもらいます〜」ということで、水中からのジャンプまで!アシカのジャンプなんてはじめて見ました。(ジャンプの後は、水がたっぷり飛んでくるので気をつけてくださいね)

1回のショー時間は、15〜20分ほど。10時30分、12時(土日祝のみ)、13時30分、15時に開催されています。16時頃からは、公開練習が行われており、ショーの種目や新技の練習などが見学できますよ。

2019年1月からは、新しく仲間入りしたミナミアメリカオットセイの公開トレーニングも開始されているので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

ユニークなお土産コーナー

お土産コーナー

最後はお土産コーナーへ!

オオグソクムシの粉末がせんべいにまぶしてある「超グソクムシ煎餅」。7本中の1本に15倍濃度で食用ウツボが入った「超ウツボサブレ」。チョコ菓子をお尻の部分から取り出す「カピバラの落し物」など、ユニークすぎるお土産がならびます。

どれでもインパクト大ですが、ちゃんとおいしいお菓子ですので、ご安心を!「超グソクムシ煎餅」は、累計売上数1万箱を突破したほどの人気ぶり。

蒲郡に行った時は、竹島水族館へ。
年パスも安い!

竹島水族館

「年パスが欲しいくらいおもしろい!」というのが納得できるほど、独特のユニークさが魅力の水族館でした。ちなみに、年間パスは1,250円と、これまたリーズナブル

一般的な水族館ですと大水槽の迫力や、数多くの生物たちのうつくしさに魅力され、解説をじっくり読むというのはあまり多くありません。ですが、竹島水族館の場合、ユニークなポップを楽しみながら読んでいるうちに、生物のこともしっかりと学べることに気がつきました。楽しんで、触れ合って、学べる「竹島水族館」。蒲郡を訪れた際には、ぜひ訪れていただいたいおすすめスポットです!

 

スポット詳細

【竹島水族館】
住所   :愛知県蒲郡市竹島町1-6
電話番号 :0533-68-2059
営業時間 :9:00~17:00
定休日  :火曜(祝日の場合は翌日)
      ※春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・冬休み期間等は火曜日も開館
駐車場  :無料 250台

http://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット