全国から99組の作り手が集合!『ててて見本市 2019』

その他
その他
2019.02.28

NEIGHBOR & CRAFTSMAN|岐阜・美濃

NEIGHBOR & CRAFTSMAN

少し変わったプロダクトを見つけました。

岐阜県美濃市の「NEIGHBOR & CRAFTSMAN」。実は、航空機部品などの金属加工を40年以上行なっている町工場から生まれたプロダクトブランドなんです。「図面通りのものづくりだけでは、ものづくり本来の目的を忘れてしまう」「人のためのものづくりを忘れないように」そんな想いから、プロダクトブランドを立ち上げたのだそう。

NEIGHBOR & CRAFTSMAN

上部のつまみに施された独自開発の開閉機構と、すーっと心地よく閉まるカバーが特徴の密閉キャニスター。お茶やコーヒー豆を乾燥から守ってくれます。

NEIGHBOR & CRAFTSMAN

精密な金属加工の技術でつくられたコマは、長いときだと18分も回り続けます。

NEIGHBOR & CRAFTSMAN

どのプロダクトも、驚くほど繊細につくられていて、職人さんのものづくりへの情熱を感じました。東海エリアだと、東急ハンズで取り扱いがありますよ。

【NEIGHBOR & CRAFTSMAN】
http://neighbor-craftsman.jp/
https://twitter.com/info_neighbor

RYOTA AOKI GALLERY|岐阜県・多治見

RYOTA AOKI GALLERY

印象的な陶器の数々に思わず足を止めてしまいました。

岐阜県・多治見にギャラリーを構える「RYOTA AOKI GALLERY」。金・銀・プラチナといった、陶芸では通常扱うことない素材と、陶芸の伝統手法を融合させた新しい陶芸作品を生みだしている作家さんです。

RYOTA AOKI GALLERY

一番の特徴は釉薬。年間約15,000種類もの釉薬を研究されているのだそう。

RYOTA AOKI GALLERY

特に驚いたのが、こちらの金を使わない金色の釉薬でつくられた器。金属をまったく使わずに、独特な表情を作り上げています。

RYOTA AOKI GALLERY

こちらの「神様のカップ&ソーサー」のように、まるで宝石のような作品も多数。台湾や中国でも展示会をするなど、世界的に活躍されています。ギャラリーは週末限定で訪れることができます。

【RYOTA AOKI GALLERY】
https://www.ryotaaokipottery.com/
https://www.instagram.com/ryotaaoki/

EIJI MIYAKI|岐阜県・多治見

EIJI MIYAKI

こちらも同じく岐阜県多治見市の陶芸家「EIJI MIYAKI」。

主に量産品で使われることの多い、型を使った鋳込みという技法で制作されています。この技法は通常、デザインから製品に至るまで分業で行われますが、すべての工程を自らの工房で行うことにより、新しい陶磁器の表現や可能性を追求しています。

EIJI MIYAKI

EIJI MIYAKI

見た目に美しいだけでなく、使いやすい形の器が特徴。見ても使っても楽しめる器です。

EIJI MIYAKI

東海エリアだと、名古屋・本山にあるライフツールストア「NODE」にて取り扱いがあります。(オンラインショップでも購入可)

【EIJI MIYAKI】
http://eijimiyaki.jp/

スポット詳細

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット