MENU SEARCH

2児のママが開発!子どもがぱくぱく食べる!健康&安全な おさかな離乳食セット「ととBaby」

PR

グルメ

2019.06.17
神田 ひかり

神田 ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

2児のママが開発!子どもがぱくぱく食べる!健康&安全な おさかな離乳食セット「ととBaby」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

こんにちは!さかな屋の嫁・離乳食専門家の神田ひかりです。今回は私がプロデュースしたおさかな離乳食セット「ととBaby」を紹介したいと思います。

ととBabyとは?

国産で天然の新鮮魚を、離乳食用に下処理し「刺身状態」で1食分づつ真空パック包装後、急速冷凍をした商品です。離乳食の専門知識を持って赤ちゃんに「安全」な魚種を選び、ママが「安心」して離乳食作りに活用できる、「便利」な離乳食用食材です!

このととBabyを開発するに至ったのは、自分が直面した離乳食作りの大変さからでした。

長男誕生時に直面した離乳食作りの大変さ…

ととBabyとは?

長男を出産したときに初めて「離乳食づくり」の大変さを知りました。

我が子に安全なものを食べさせてあげたい!できるだけ手作りで作ってあげたい!そんな親の想いとは裏腹に、現実はその「離乳食づくり」におかける苦労は計り知れないなぁと実感。

その「離乳食づくり」においてはの苦労とは「食材選び」から始まり、「離乳食特有の下処理(裏ごしや計量など)」や「離乳食特有の調理方法(必ず加熱することやとろみづけなど)」が必要となり、大人と同じ調理法や味付けができないため赤ちゃん用にわざわざ準備しなければいけないことが多くあります。

離乳食でおさかなを使うのは難しい…

そんな中で、周りのママ友やお客様が「離乳食でおさかなを使うのは特にハードルが高い」という声をたくさん耳にしました。ただでさえ大変な離乳食づくりで「さかなをさばくのはめんどくさい、キッチンを汚したくない」「離乳食で使えるおさかなの種類が分からない」「新鮮で安全なおさかなを購入できるところがない」etc……。

お悩みはとても多く、離乳食で「おさかな」って言うと「刺身パック」を買うか、「しらす干しorツナ水煮缶のローテーション」というようなのママの現状を多く聞きました。

「刺身パック」はちょっと高値…

「刺身パック」はもちろん、生で食べられるということが前提なので「新鮮」ということが分かりますし、刺身1切れがだいたい10gぐらいなので離乳食1食分として使いやすいですよね!

また、一度も冷凍されていないチルドの魚は美味しさも格別です。私もママに離乳食で使うおさかなを購入する際は、地元で獲れたてのおさかなの刺身パックを活用すると便利ですよ!とお伝えしています。

ただし、刺身パックは盛り合わせになっていることが多く、月齢によってはそのうちの一種類しか与えられない。。なんてことがあります。また、台風の時期や大型連休などのときは基本的に漁師さんが漁に出航されないので「天然の新鮮な魚」は入荷がない。もしくは高値となってきます。おさかなを離乳食に使いたい!ってときに使えないことがでてきます。

しらす干しやツナ水煮だけでは少しさみしい…

「しらす干しやツナ水煮缶」はその点で言うと、天気やカレンダーに左右されることなく「いつでも、安定的な値段で入手」できて「保存」もききます。常備品として、私もオススメしています。ただしそればかりでローテーションしていると、島国日本だからこそある「さまざまな魚種を体験することができる」チャンスを無くし「季節感」や「旬のおさかなの栄養素」なども経験・摂取できぬまま成長して行くことになってしまいます。それも、少し残念ですよね。

ととbabyの誕生

ととBaby キット

ととBabyは上記2つ(刺身パック=生鮮・旬の栄養素)(しらす干し・ツナ水煮缶=安定価格・常備品)のいい所を兼ね備え、さらに離乳食の専門資格を持つさかな屋の嫁が考えた「離乳食に使える安全な魚種と量とレシピ」をプラスして誕生しました。

離乳食はステップアップ(食べる食材や量を増やしたり、形状を変えたり)していくので、月齢によって食べられるおさかなの種類がちがいます。調理法も成長の過程に合わせていく必要があるので、離乳食の専門家がその点もしっかり考慮してレシピを開発し運営している点でも、安心してととBabyを使い続けて頂けるポイントです。

最後の一手間はママの手で!

ととBabyは生の状態で真空個別包装し冷凍したものですので、加熱して使用していただくことになります。”最後の一手間だけはママの手で!”

そのひと手間を残すことで「誰があげても同じ味」ではなく、赤ちゃんに「母の味」をプレゼントしてあげられるはず!という確信と願いを込めています。

そのまま食べられる便利なレトルト品もありますし、その開発も可能でしたが、ととBabyは「最後の一手間をママに託すことが大切!」との想いでこのような仕様となっています。

ととBaby キット

ととBaby キット

離乳食を手作りしたいママに代わって「鮮魚の厳選」「下処理」のお手伝いをさせて頂き少しでもママの負担を軽減し、妥協しない安全安心食材をお届けしたい!という想いでできたのがととBabyなのです。

NEXT
手仕事の美。若松由香さんが織りなす椅子敷の世界
手仕事の美。若松由香さんが織りなす椅子敷の世界

インテリア

名古屋市・名東区
PREVIOUS
海をながめながらのんびりと。酵素玄米ごはんと旬野菜のランチが楽しめる「ラボカフェ」
海をながめながらのんびりと。酵素玄米ごはんと旬野菜のランチが楽しめる「ラボカフェ」

カフェ

愛知県・西尾市

ととBabyお試しセットはこちらから
http://toto-baby.net/otameshi-set/

神田 ひかり

神田 ひかり

さかな屋の嫁 / 離乳食インストラクタ― / 西尾市在住

愛知県西尾市在住 2児の母。19歳で調理師免許取得所得後、8年間名古屋国際ホテル他レストランキッチンにて修業後、さかな屋の旦那と出会い結婚。長男が離乳食を食べてくれず悩んだ事をきっかけに、離乳食インストラクター資格を取得し離乳食講座を定期的に開催中(累積受講者数700名以上)。

おさかな離乳食セット「ととBaby」開発や離乳食インストラクター協会やクックパッド、自身のブログでおさかな離乳食記事執筆やレシピ提供、魚のさばき方、包丁の研ぎ方講座を定期的に開催するなど、魚食普及、魚離れに歯止めをかけるべく活動中!

http://www.kanekakanda.com/

instagram:https://www.instagram.com/sakananohikari/

ととBabyお試しセット:http://toto-baby.net/otameshi-set/

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

アルボ