個人作家でもない。大きなメーカーでもない。“第3の陶芸”のあり方。「3RD CERAMICS(サードセラミックス)」

多治見市
2018.07.27

3RD CERAMICSの商品

 

3RD CERAMICSの風鈴左から、「風鈴 シカク」「風鈴 サンカク」「風鈴 タテナガ」。真っ白な磁器(ボーンチャイナ)のカサに、真鍮(しんちゅう)でできたリングが涼やかな音を奏でます。

続いて商品づくりについてお話を伺いました。

長屋さん:「最初につくったアイテムは「風鈴」です。個人で作家をしていたときからお付き合いのある、名古屋のお店「AUTHOR(オーサー)」の店主さんからの依頼がきっかけでした。」

土井さん:「いろいろなご縁を通じて、商品は少しずつ増えていきました。例えば、フラワーベースは、もともと長屋が個人作家として活動していたときにつくっていたものを、サードセラミックスとして改めてつくって欲しいというご要望から誕生しました。他にも、「黒泥皿」というシリーズは、僕の地元でケータリングをやっている友達からの依頼で制作したものがベースとなっています。」

では、ここからは3RD CERAMICSの商品をご紹介していきます。

一つとして同じ形はない「フラワーベース」

3RD CERAMICS
フラワーベース

コンセプトは、最もスタンダードな花瓶。ろくろで制作され、ひとつとして同じ形はありません。浮かびあがるグラデーションのような模様が特徴的です。フラワーベースとしてはもちろん、そのままオブジェとして飾ってもすてきです。

釉薬の自然な色むらを楽しむ「黒泥皿」

黒泥皿

黒泥皿

白濁した釉薬(ゆうやく)を自然と垂らし、あえて色むらを出した黒泥のテーブルウェア。濃淡の出やすい釉薬を使い、お皿の一枚一枚の表情を楽しめるようになっています。ワンプレートで使いやすい9寸から、前菜などを盛り付ける小皿として使える3寸まで、サイズは5種類。

ゆるやかなウェーブが印象的「シェード」

3RD CERAMICSのシェード

ゆるやかなウェーブが優しい印象を与えてくれるランプシェード。ゆるやかなウェーブや、土のざらつきを感じる質感など、大量生産のプロダクトでは出せない味わいが魅力です。

スポット詳細

【3RD CERAMICS(サードセラミックス)】
住所    :岐阜県多治見市虎渓町2-16
定休日   :不定
お問い合わせ:[email protected]
http://3rd-ceramics.com
https://www.instagram.com/3rd_ceramics/?hl=ja

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ジャンル
エリア

おすすめスポット