MENU SEARCH

まるでグーグル美術館?!世界中のアート作品を鑑賞できる「Google Arts & Culture」

アート

2020.03.12

まるでグーグル美術館?!世界中のアート作品を鑑賞できる「Google Arts & Culture」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

新型コロナウイルスの感染が拡大し、収束の見込みが立たない状況が続いています。政府方針に従い全国の美術館も休館を余儀なくされています。

どこにもおでかけできず、暇を持て余している方も多いのではないでしょうか。しかし、せっかくなら自宅でも楽しく過ごしたいものですよね。そんなときのおすすめなのが、「Google Arts & Culture」です。ここ登録されているミュージアムなら、ウェブ上で館内、あるいはコレクションを閲覧できるんです!

「Google Arts & Culture」とは?

「Google Arts & Culture」は世界的に高く評価されている美術館とのユニークなコラボレーションで、芸術作品をオンラインで検索し、驚異的なディテールで鑑賞できるようにしたものです。伝統的な美術館から新しいタイプのアート ギャラリーまで、250を超える施設と協力し、6千人以上のアーティストによる数万点の芸術作品をオンライン上に掲載されています。

このため、有名な作品の超高解像度画像の撮影をはじめ、3万点以上の画像を1か所に整理。さらに、ストリートビューの「室内」技術を利用し、各ギャラリーの建物に入って360 度回転しながら見て回れるツアーもあるんです!

ワシントン DC のホワイトハウスやカタールのイスラム美術館の中をのぞいたら、ブラジル、サンパウロのストリートアートやパリのオルセー美術館のコレクションを見て回るなんてことも!

個人的にめちゃくちゃ革新的なサービスだと思っています。

魅力①アート作品を間近で見られる!

例えばこちらのクリムトの作品も、Google Arts & Cultureを使えば、人混みで作品が見づらい!なんてことはありません。

ズーム機能を使えばこのように、驚くほど近くで拡大してみることができるんです!これだけ、近いとどんな風に描きこまれているのかもよくわかりますし、想像以上に鮮明です。また、作品をこんなに間近でみることなんて美術館ではできませんよね。

▼クリムトの作品はこちらから
https://g.co/arts/oBV5qfVUtt2yLUYF9

作品によってはガイドツアーも体験できます。こちらは、モネの睡蓮の池を間近でみることのできるツアーです。

作品の解説とともに、作品をぐっと近くでみることができるので、とても面白いですよ!

▼実際にツアーに参加してみる
https://g.co/arts/JYqZH6b755f2CepE9

魅力②360度パノラマで美術館にいる気分を味わえる

Googleアート&カルチャーのストリートビュー・ギャラリーでは、メトロポリタン美術館や大英博物館などの有名美術館や歴史博物館や歴史的建造物などに展示されている作品を見ることもできるんです。

例えば、ヨハネス・フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」が展示されているオランダの「マウリッツハイス美術館」へ行ってみましょう。

 

このように、館内をストリートビューで巡回することができるんです。

 

ニューヨークのメトロポリタン美術館や。

イギリスの大英博物館。世界中行きたい場所、見たい美術館や博物館へ行くことができます。

NEXT
マスク不足の役に立ちたい!岐阜で創業65年、オーダーカーテン専門店「ディマンシェ」が国内産・布マスクを販売開始。
マスク不足の役に立ちたい!岐阜で創業65年、オーダーカーテン専門店「ディマンシェ」が国内産・布マスクを販売開始。

ライフスタイル

PREVIOUS
運動不足を解消!おうちで簡単にできるエクササイズ動画10選。
運動不足を解消!おうちで簡単にできるエクササイズ動画10選。

ビューティー・健康

【Google Arts & Culture】

https://artsandculture.google.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ

アレックスコンフォート