MENU SEARCH

名古屋・松坂屋美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行ってきました。

インテリア

名古屋市・栄
2019.02.06

名古屋・松坂屋美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行ってきました。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2019年1月2日(水)から名古屋で開催されている「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行ってきました。見応えたっぷりの展覧会でしたので、みどころをピックアップしてご紹介していきます!

本展は、ウィリアム・モリスの壁紙デザインを中心に、19世紀に興隆期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどります。英国有数の壁紙会社・サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙やモリスの版木など約130点が日本で初めて紹介されています。

松坂屋美術館

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

本展は、松坂屋名古屋店・南館7階にある「松坂屋美術館」で開催されています。国内外の絵画や博物、工芸、アニメーションなど幅広いジャンルの展覧会を数多く開催しています。ショッピングとともに気軽に立ち寄れる美術館です。

ウィリアム・モリスとは

《ピンパーネル(るりはこべ)》1876年(印刷)©Morris&Co.
《ピンパーネル(るりはこべ)》1876年(印刷)©Morris&Co.

ウィリアム・モリス(1834-96)は、19世紀イギリスを代表する思想家、詩人、そしてデザイナー、工芸家でもあった人物です。産業革命により大量生産品があふれた時期、彼は時間をかけたていねいな手仕事を愛し、自然の美しさを讃えた生き生きとしたデザインを生み出しました。

モリスの壁紙づくりのきっかけは、彼が結婚を機に新居となるレッド・ハウスを建設したときのことです。自身の目指す快適な生活空間には、家具や壁紙が欠かせないものだと気づき、木版によるうつくしい壁紙を生み出しました。壁一杯に広がる草花のデザインは、100年以上たった今でも人々を魅了し続けています。

第1章「ウィリアム・モリス以前」、第2章「ウィリアム・モリスとモリス商会」、第3章「アーツ・アンド・クラフツ運動」の3部構成で、英国壁紙デザインの変貌を辿っていきます。

NEXT
「つくり手」と「買い手」をつなぐインテリアショップ「Labo Furniture Works(ラボファニチャーワークス)」
「つくり手」と「買い手」をつなぐインテリアショップ「Labo Furniture Works(ラボファニチャーワークス)」

インテリア

名古屋市・鶴舞
PREVIOUS
【愛知・名古屋周辺】DIY好きにはたまらないショップ7選
【愛知・名古屋周辺】DIY好きにはたまらないショップ7選

インテリア

愛知県・名古屋市

【展覧会情報】

展覧会名:サンダーソンアーカイブ
     ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 〜美しい生活をもとめて-
会期  :2019年1月2日(水)〜 2月17日(日) 会期中無休
開館時間:10時〜19時30分
     ただし、最終日2月17日(日)は18時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)
入館料 :一般1,000円(800円)/高・大生800円(600円) 中学生以下無料
     ※( )内は前売り・団体割引料金
     ※団体は10名様以上
     ※障がい者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の方1名様まで無料
     ※前売券は、チケットぴあ・サークルKサンクス(Pコード 769-367)、ローソ      ン・ミニストップ(Lコード 42156)、セブン-イレブン、ファミリーマート、      イープラスなどでも、2019年1月1日(火・祝)までお求めいただけます。
     ※コンビニエンスストアにてお買い求めいただいた前売券、当日券は松坂屋の契      約駐車サービスはご利用いただけません。
主催  :松坂屋美術館、朝日新聞社、メ〜テレ
特別協力:ウォーカー・グリーンバンク社
後援  :ブリティッシュ・カウンシル
協賛  :西川株式会社、マナトレーディング株式会社
協力  :日本航空、株式会社川島織物セルコン、リリカラ株式会社、リンデン株式会社

https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/exhibition/2019_william_morris/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ホームページ制作 アライブ株式会社

特集一覧へ

アルボ