名古屋・松坂屋美術館で開催中の「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行ってきました。

その他
愛知
2019.02.06

第1章「ウィリアム・モリス以前」

《花とロココ調スクロール》1850年頃 ©Sanderson
《花とロココ調スクロール》1850年頃 ©Sanderson

第1章「ウィリアム・モリス以前」では、ウィリアム・モリスの壁紙が登場する以前の壁紙が紹介されています。19世紀前半、イギリスではフランス製の壁紙が人気でした。そのため写実主義的な花束模様が多くデザインされています。手描きの壁画のような作品が多くありました。

この章で気になったのは、日本風のモチーフを取り入れた壁紙です。1862年に開催されたロンドン万国博覧会において、日本美術工芸品への関心が高まったことにより広まったのだそう。特に日本の金唐革紙(きんからかわかみ)が注目され、英国の会社が横浜に工場を設立して、日本の職人を雇って壁紙を輸出していたそうです。英国壁紙の展覧会で日本の技術に出会えるとは、うれしい驚きでした。

スポット詳細

【展覧会情報】

展覧会名:サンダーソンアーカイブ
     ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 〜美しい生活をもとめて-
会期  :2019年1月2日(水)〜 2月17日(日) 会期中無休
開館時間:10時〜19時30分
     ただし、最終日2月17日(日)は18時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)
入館料 :一般1,000円(800円)/高・大生800円(600円) 中学生以下無料
     ※( )内は前売り・団体割引料金
     ※団体は10名様以上
     ※障がい者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添の方1名様まで無料
     ※前売券は、チケットぴあ・サークルKサンクス(Pコード 769-367)、ローソ      ン・ミニストップ(Lコード 42156)、セブン-イレブン、ファミリーマート、      イープラスなどでも、2019年1月1日(火・祝)までお求めいただけます。
     ※コンビニエンスストアにてお買い求めいただいた前売券、当日券は松坂屋の契      約駐車サービスはご利用いただけません。
主催  :松坂屋美術館、朝日新聞社、メ〜テレ
特別協力:ウォーカー・グリーンバンク社
後援  :ブリティッシュ・カウンシル
協賛  :西川株式会社、マナトレーディング株式会社
協力  :日本航空、株式会社川島織物セルコン、リリカラ株式会社、リンデン株式会社

https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/exhibition/2019_william_morris/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット