MENU SEARCH

自由な発想で「見立てる」空間づくりをするリノベーション会社「mokumosi」

インテリア

名古屋市・名東区
2018.10.01

自由な発想で「見立てる」空間づくりをするリノベーション会社「mokumosi」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県を中心に活動し、住宅、店舗のリノベーションやオーダ家具、店舗什器製作などを手がける「mokumosi(モクモシ)」。2018年6月には、「mokumosi store」として家具や生活道具を販売する実店舗兼オフィスをオープン。古くから形を変えず使われ続けているものから、現代の生活に合わせて手を加えた物まで、カテゴリーに捉われず、提案してくれるお店です。

今回は代表の神田さんにmokumosiが提案する空間づくりの特徴やmokumosi storeについてなど、さまざまなお話を伺ってきました。

神田代表
代表の神田大資さん

職人を経て、デザイナーに転職された神田さん。まずは経歴についてお伺いしました。

−まずはじめに神田さんの経歴を教えてください。

神田さん:「僕はもともと、建築のリフォーム会社で職人として4年ほど働いていたんです。大工仕事をする中で、次第にインテリアに興味を持つようになっていきました。そこで、インテリアやデザイン設計が学べる専門学校に通うことにしたんです。学校では、絵を描いたり、図面を引いたりして基礎的なことを学びました。

専門学校2年のときのことです。友達が「m304」という会社を立ち上げるから一緒にやらないか?と誘ってくれたんです。その会社はIT会社なんですが、僕は建築部門として関わることになりました。」

m304
神田さんが一番最初に手がけた物件「m304のオフィス」

神田さん:「最初に設計した仕事が、「m304」のオフィスでもあるんです。リノベーションをする前は、なんの変わり映えもしない事務所でした。そこで、まずは壁や床を剥がしすべてを解体しました。床は雰囲気がよかったので、そのまま剥がした状態を生かしています。壁は白く塗装をして、机は工房にあった作業台を塗装することで、雰囲気をだしました。シンプルなデザインですが、当時はこのくらいのデザインでもかなり苦労をしたので思い出に残っていますね。」

移転前のオフィス©︎朴の木写真室/移転前のオフィス兼自宅

−独立したのはいつ頃ですか?またどんなきっかけだったのでしょうか。

神田さん:「独立をしたのが、3年前です。最初は自宅兼オフィスとして、部屋を真ん中で区切って使っていました。店舗にしている今の場所は、工房として借りていたところで、什器や家具をつくっていたんです。次第に事務所が手狭になってきたこともあり、2018年6月にmokumosi store兼事務所として、自宅から現在の場所に移転をしました。事務所の移転を機に、スタッフも一人増やして、現場は僕が担当して店舗の運営はスタッフの子に任せています。」

mokumosistore©︎朴の木写真室

−mokumosiの由来について教えてください。

神田さん:「mokumosiという屋号の由来には実は深い意味はないんです。意味をつけると、その意味にデザインが引っ張られていく気がしたので、意味のない言葉を選びました。

お客様と接するときは常にフラットな気持ち、こういうデザインがいいですよっていうよりは、お客様のライフスタイルや要望を聞いて形にしていく。そこを大事にしています。」

mokumosi store©︎朴の木写真室/現在の店舗兼オフィス

−仕事をする上で意識していることがありますか?

神田さん:「リノベーションをする上で意識しているのは、残せる素材感は生かすようにしていることです。うちはリノベーションを中心にやっているので、使える素材はそのままデザインに落とし込むように意識しています。

例えば、ここの店舗の外壁は、もともとあったものを生かしています。タイルがかなり汚れていたので、きれいに磨いたら、濃淡が浮かび上がってきました。昔のタイルって焼き方がおもしろくて色がムラになっているものが多いんですが、そういうのも面白いポイントだなって思ってますね。

なので、このタイルを生かすことを前提に考えて、扉を合わせてつくっていきました。残された扉のデザインにはできるだけガラス部分を設け、足や物があたりやすい低い部分には装飾を施しています。​」

mokumosistore店内©︎朴の木写真室/mokumosi storeの店内

神田さん:「他の特徴としては、梁の部分をむき出しにしているんですが、このモルタルはもともとの状態です。そこから梁を隔てて、半分は白で塗装をしています。店舗内を2つの色に分けることで、ニュートラルな白と、モルタルの灰色をバックに商品が見られるようになっています。」

ここからは、実際の施工事例をまじえながらご紹介をしていきます。

NEXT
コーヒーの消費量日本一?!古都京都でたのしむおいしいコーヒー巡り4選
コーヒーの消費量日本一?!古都京都でたのしむおいしいコーヒー巡り4選

カフェ

京都府
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】Uppsala郊外のインテリアショップ
【スウェーデンの暮らし】Uppsala郊外のインテリアショップ

海外

スウェーデン

【mokumosi store】
住所  :愛知県名古屋市名東区香南1丁目503
定休日 :水、木
営業時間:11:00~18:00

http://mokumosi-store.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

ととbaby