MENU SEARCH

おとぎの国のようなワクワク感。ドライフラワーと暮らしのお店 「その灯ぐらし 猫洞店」

インテリア

名古屋市・千種区
2018.11.26

おとぎの国のようなワクワク感。ドライフラワーと暮らしのお店 「その灯ぐらし 猫洞店」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、ドライフラワーと暮らしのお店 「その灯ぐらし 猫洞店」をご紹介します。店内に足を踏み入れると、空間を埋め尽くすドライフラワーに包まれます。まるでおとぎの国に迷い込んだようなワクワク感。多彩なワークショップも開催され、ドライフラワーの魅力を存分に楽しめるお店です。

その灯ぐらし 猫洞店場所は地下鉄「本山」駅から徒歩10分ほど。

「その灯ぐらし 猫洞店」は、東海エリアでは珍しいドライフラワーの専門店として2016年にオープンしました。ショップ兼工房になっており、販売されているドライフラワーの約9割が店内でつくられています。ドライフラワーは1本から購入することができ、ブーケや髪飾りなどのアレンジをお願いすることも可能。ドライフラワーとは思えないほどの鮮やかさにうっとりしてしまいます。

ドライフラワーの魅力は
アレンジの豊富さ

オーナー
オーナーの鈴岡賢志さん。ドライフラワーやキャンドルを使った装飾なども手がけられています。

今回は、オーナーの鈴岡さんにお話を伺いました。

ー まずお店の経歴を教えてください。

鈴岡さん:「5年半ほど前に、新栄にキャンドルショップ「その灯ぐらし」をオープンしたところからはじまります。キャンドルはサラリーマンの頃から趣味でつくっていたんです。「その灯ぐらし」という屋号もその頃からですね。当時の仲間たちとアイディアを出し合って、響きの良さが気に入ってつけました。」

左)ドライフラワーのブーケ。オーダーも可能。
右)リースにすることで、ドライフラワーを長く楽しむことができます。
電球と組み合わせたドライフラワー電球と組み合わせられるのは、ドライフラワーならでは。
花器ドライフラワーと合わせやすい花器も販売しています。

鈴岡さん:「そしてキャンドルの材料として使用するうちに、ドライフラワーの魅力に惹かれていきました。ドライフラワーは生花と違い、枯れる心配がないので長く飾ることができます。また水が必要ないので、花器に差したり、スワッグにしたり、リースにしたり、さまざまなアレンジを楽しめるのが魅力ですね。」

NEXT
【さかな屋のお嫁さん家11月の食卓】簡単レシピでつくるお魚の中華と洋食
【さかな屋のお嫁さん家11月の食卓】簡単レシピでつくるお魚の中華と洋食

グルメ

愛知県・西尾市
PREVIOUS
岐阜の子連れママにおすすめ!「暮らしの陽だまり市」に行ってきました。
岐阜の子連れママにおすすめ!「暮らしの陽だまり市」に行ってきました。

おでかけ

岐阜県・岐阜市

【ドライフラワーと暮らしのお店 その灯ぐらし 猫洞店】
住所   :愛知県名古屋市千種区猫洞通3-8 猫洞センタービル1F
電話番号 :052-898-1099
営業時間 :11:00 – 19:00
定休日  :年中無休(年末年始を除く)

web :http://sonohigurashicandle.wixsite.com/dryflower
Instagram:https://www.instagram.com/sonohigurashi.candle.dryflower/?hl=ja
facebook :https://www.facebook.com/sonohigurashidryflower/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

アルボ